ウッドベルツアーズ

レイテタクロバンの慰霊碑めぐり   

2018年04月13日

昨日朝10時にナバルを出発し、このレイテタクロバンに午後1時に着いた。
やはり3時間はかかる。
海辺のくねくね曲がった一般道は、走るのにはやはり時間が掛かる。
タクロバンに着き最初はホテル探し、予定していたホテルは満室だったので!
すぐさまホテルを探し始めた。
ビジネスホテルの様だが1軒泊まることが出来るホテルを見つけることが出来た。
だがこのホテル、まだ新しいせいか、なかなか作りも近代的で設備も良いので助かった。

ここで一息入れて早速ここを起点にリサーチをスタートする。
ここ、エアーポートの有るタクロバンはノース(北)レイテ・タクロバンと言われるところで。
日本軍の多く玉砕した所は、サウス(南)レイテ・タクロバンの山手だと言う。
良くアンへで貴方の田舎はと聞くと(サマール)と言う子が多いが!
意味はレイテ・タクロバンのサウス南の地方出身者だと言う意味である事が解った。
それならば、ナバルもサマールと言う事になる。
海岸線を突破された日本軍は、レイテ島の山手に逃げ込みそこに防衛線を張るしかなかったのだろう?(多勢に無勢この激戦地を私は今目にしている)
今回の旅は、慰霊が目的ではない為に、あまり準備をしてこなかつた。
故に事前調査不足で日本人玉砕の山地が、どこにあるか?
地元の旅行会社に問い合わせをして教えてもらったのだが、その結果は。
案外近くにあると考えた私の期待を裏切って、激戦の有った3か所廻るだけで。
(HILONGOS BELL TOWER、BUGA,BUGA HILLS、JAPAN PEACE MEMORIAL)
1か所見るのに行くだけで4時間2か所目も同じ、全部で12時間かかるなんて返事!
そんな事 想像もしていなかったので、車をレンタルして廻る事を今回はあきらめた。
次回 来るときはもっと精査してから来ようと思う!
なぜなら 明日はもうマニラに向かって飛び立つフライトの予定日だからです。
今日もう時間は午後3時半を回っている。
もし、その慰霊地を廻るなら、もう1泊せねばならない。(う~~~ん残念)
そこで、近い所にある(北タクロバン)戦争慰霊碑だけを廻る事にした。
最初は、戦勝国アメリカの記念碑に行つた。

しかし逆に無念の気持ちがわくのはやはり日本人だからであろうか?
戦争はあってはならないと想うが、最近の資料によると!
日本は無理矢理に戦争に引きずり込まれていく様子が資料として出ているし、決して日本が正しいとか、国策は誤りでは無く良いなどと、言うつもりは無い。
が!何も知らず、国に残した父母兄弟又は恋人を想いながらこの地で死んだ幾万の将兵に対しては胸が詰まる。(犠牲者を忘れず感謝をすることが大切です)
先の大戦で300万人もの犠牲を強いられたこの戦争。
意味のない死に、あらためて平和こそ一番大切な事であろうと改めて感じます。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
フィリピン情報にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP