ウッドベルツアーズ

今回行った企画旅の総括   

今回はセブ島にも近いタクロバンからレイテそして近くの町ナバルまでの企画。
お客さんの理由と目的は別にあつたが、それはプライベートの事なので書くことはできません。
今回、同行していろんなことを見聞き出来た事はとても参考になりました。
なぜこの地方から出稼ぎが多いか?(フィリピンの中でも一番貧しい地域)
こんな田舎までも韓国人の進出がある事。(韓国人のパワーを感じた)
こんな田舎にもアンへや日本、はたまたは、他の諸外国へ人を送り出すプロモーションがある事。
(とても問題があるシステムだと想うが!一歩間違えば人身売買?)
それも韓国人が経営し娘を型に借金も出来ると言う!相当な金持ちだそうだ!
あくまで聞いた話なだけなので裏は取っていない。
また近くの山中では。旧日本軍のゴールド探し(山下財宝)と言われるものだが!
いまだに日本人や外国人が探していると言う(マウント・サヤウ)という山をいまだに掘っている。
こんなところで、もう73年経った今でも山下ゴールドを探している人もいる。
まあこれも聞いた話で、どこまで信憑性があるかは解らない。
山の谷川を訪れて、本当に70度くらいのお湯が出ている事を発見し。
今も真剣に値段が安いなら買いたいと思っている。

将来ウッドベル・温泉リゾートの完成かもしれない(笑)
そして小さな町のナバルまでジョリビーの進出、将来伸びるかもしれないこの街は。
海山のリゾート施設でいっぱい。
もうじき完成のジョリビー

それともう一つ書き加えたいのは、若い女性に美人が多い。(18歳前の女性)
この町では、女3人連れとすれ違うと、その中の1人は 美人さんであった。
年上の男女は結構、ブスやブサイクが多いのに 若い女性の顔とスタイルは?
美人さんが多いのはどうしてか?そこが不思議な所である。
今回谷川を案内してもらった山の住人にしても、子供が結構可愛らしい顔をしている。
最後に行ったタクロバンの街は第二次世界大戦の跡地と言うよりタイフーンヨランダの犠牲地としての方が有名になってしまった様だ!
日本の協力で出来た橋(サヌワンニコー)かなり長い橋で有った。

市内市街地といまだタイフーンヨランダの被害の爪あとも多く残り、規模の大きさに心が痛みます。
台風の犠牲になられた方々のご冥福も共に祈りたいと思います。
4月5日から13日まで9日間の旅ではあつたがいろいろ勉強になりました。
慰霊碑の寄贈の形も、もっと違ったものには出来ないのでしょうか?
犠牲者を忘れない、戦争の痛みも忘れない、亡くなられた先達者に感謝の心を忘れない。
そんな想いを強くしました。
では、また新しいお客さんとの出会いを楽しみに頑張て まいります。
旅を終えての感想でした。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
フィリピン情報にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
アルク 今日から英語が出来る6つのなるほどステップ  
BACK TO TOP