ウッドベルツアーズ

テレビドキュメンタリーを作りたいと言う人のインタビューに答えて   

8月の第一週頃 話の日にち的には 前後になりますが ふと思い出したのでブログを書き始めた。
昼を過ぎた2時ごろだった!昼食を食べ終わった2人のお客さんから声が掛かった。
歳の頃なら40歳前後の方と私と同年代位の方との2人組の男性の方達が私の側に寄ってこられて声が掛かった。
ブログを書いている方ですか?と言われ はいそうですが!と答えたところ。
お話があるのですが?前に座っても良いですかと聞かれ!
はい、どうぞお座りくださいと答えた、ところで何か御用でしょうか?と質問すると!
少しインタビューに答えてもらえないかとの事で、私は0000ですもう一方は案内人の方でフィリピン在住何十年のベテランさんだそうです。
私はテレビドキュメンタリーを作りたいと想っている者です、差支えなければ話せる範囲で結構ですので、お話を伺えませんか?と言う事だったので!私で答えられる事ならと 返事をした。
*もう此処は長いのですか? どの位フィリピンにはお住まいですか? お店は開店から何年に成りますか? フィリピンの良い処は何ですか? どうしてフィリピンに来られたのですか?
私)はい お店はこの9月で9年目に成ります ですから私はフィリピンに住んで約9年と言う事になりますね フィリピンには以前から仕事があり、行ったり来たりが約10年ほど続き その延長という処でしょうか! フィリピンの良い処は 一番は気候ですかね!
*年金で将来フィリピンに移住をしたいと言う希望者が多くおられると思いますが、どう思われますか? 又ここの暮らしはどうですか? ご自分はなぜフィリピンを選ばれたのですか?
私)此処フィリピンは物価が安い国ではありません、食材費は日本の方が安く、安全面も社会的セイフティネットも日本が優れています。
ここに移住するメリットは気候ぐらいしかありません 日本と比較して安いのは家賃(電気水道は割高)後安いと言えば 酒と 女と タバコぐらいです。
しかし なめてかかったり、嵌ったりして 女性を私物化しようと想えば 大変高いものになります、最近(雨季で)気候も良く暑すぎる日本から避暑に来られる方もいます。
私自身は、日本ではできない趣味などを楽しんでいます『射撃とかセスナの操縦等です』でもこれらも 最近制限がかなり厳しくなりました。(安全な海のスポーツスキューバーダイブがお勧めという処でしょうか?)
最初の質問ですが いろんなブログに書かれている様に 移住を簡単に考えると大変な目にあいます 海外は日本と違い日本人には、いろんな意味でハードルが高い、移住と言うのは今後をどう生きるかの選択ですので 慎重にされるのが良いと思います。
将来の考え方に円安が続くと言う事から年金頼りの安易な移住は、あまりお勧めは、出来ません。
一部には心無い、女遊びが楽しく、生活費の安い国と言う誤報を書き 楽園移住の勧めを書く人もいますが、フィリピンは楽園でもなく困窮生活者、国民の6割が下層階級でうごめく社会です 銃器や麻薬がはびこる犯罪社会でもあります。
処でどんなドキュメンタリーを作りたいのですか?と反対に質問をしてみた!
つづく
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP