ウッドベルツアーズ

過去のブログ すずめの涙 マスターの独り言

日本で放映されたフィリピンのテロ

起こるべきして起こったテロ集団との結びつき「ISIS」との結びつき。
元々ミンダナオ島西部はアブサヤフと言うテロリスト集団を中心に誘拐が日常的に起こっている地域ではありました。
4月のボホール島でのアブサヤフ外国人拉致計画、4月9日に、アメリカ大使館がセブ島やボホール島などの!
中部ビサヤ地方でテロリストが拉致を計画していると注意喚起したが!
その情報を 比国政府側は否定した、フィリピン国軍(AFP)がテロの脅威はないと断言しました。
テロの脅威にさらされていると言うのに、寝言の様な発表ですね!
それで、4月11日にテロリストのアブサヤフのメンバーがボホール島に上陸し(イスラム教過激派組織)
「IS(イスラム国)」に忠誠を誓う武装勢力だと言われている「マウテ」が5月下旬からフィリピン南部のミンダナオ マラウイで。
市民20人を含む170人が死亡すると言う大規模な戦闘を始めました。(マウテの反乱と言われています)
そして5月後半にミンダナオ島のマラウィでテロリストとの戦闘が始まり。
戒厳令が布告されたフィリピンは、世界的に計り知れないダメージを負うことになる。
ただでさえ麻薬戦争と言われ物騒なフィリピン、考えようによっては戦闘状態と同じで!
今や麻薬関連で殺された数は、約8000人以上にも及ぶ。
フィリピン大統領側には、4月からミンダナオ マラウイで!
フィリピンのテロ組織や反政府武装勢力がテロや大規模な戦闘準備をしている等の情報が入っているにも関わらず!
何の対策もしなかったことが、明らかにされている。
大統領の指導力の無さがこのマラウィの戦闘で5カ月を経過してもなお収まらない事で露呈している。
マラウイ市は、人口約20万人 そのうちの約18万人は避難をしたそうですが!
まだ戦闘の続くマラウイ市内の一角に数百人が人質として取り残されている様で、まだフィリピン国軍と川を挟み!
爆撃や銃撃戦が行われ、いつこの戦闘が終わるかなんて見通しがたっていないと国軍兵士がテレビのインタビューで語っていた。
そんな情報の一つで私が非常に興味をひかれたのがマラウイ兄弟の存在。
彼らは普段麻薬の密輸や、取引で生計を立てていたチンピラの若者組織、それがISISとの結びつきを強め!
ドゥテルテ大統領が率いる、政府軍と戦っている。
また、先の大統領のノイノイと日本政府が組み、ミンダナオの平和に貢献した、モロ解放戦線との歴史的な和解!
せっかく仲介したこの和解を、ドゥテルテ大統領が中止してモロ解放戦線を敵に回してしまったと池上彰が解説していた。
こんな体たらくな政府では、もう中国の餌になるしかない様です!(中国人には混乱の続く比国の投資は嫌がられている)
それでも日本は、中国の進出を阻止しようと!甘い政策で引き留めようとしています!
ほんとにどうなる事やら!フィリピン 金がモラルの内は道理が通らぬ国であると改めてそう思います。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

日本に帰り気付いたこと、中国の反撃 赤い進出ラッシュ?

今までよく言われた中国人の爆買いから、日本本土への爆進出へと状況は進化している。
ラーメン店もマーズルーが中国のオリジナル麵と味で、日本に乗り込み好評を博している。
すべて麺は手造り、パクチーとラー油で味付けされた牛肉麺を作り880円で販売されているという。
日本人に評判も良く、おいしいと話題になっているという。(中国の老舗)
そして北海道で展開され始めた シュアー自転車 オッフォオー 札幌に誕生というニュースを見た。
どこででも乗り捨て自由な自転車の出現で、また新たな顧客を発掘し中国人観光客から札幌の住民へと浸透させるという企業展開の様だ。
スマホと連動していてまた、GPSと連動しソーラー電池で 鍵開けから料金決済まで自動で行うという優れもの!
この決済システムは、中国のアリバイと言う企業の物で、そんな中国企業も同時に進出してきたようだ!
それに不動産関連でも、日本に投資は増えている。(北海道の星野リゾートなど)
しかし主に中国不動産投資は、アジアにその勢力を伸ばし 最近有名な場所がマレーシアのジョホールバルの埋め立て地!
東京ドームの426ケ分に相当する埋め立て地に 巨大な都市を丸ごと作るという建設をしている。(オールチャイナの企業)
シンガポールに近く、中国人の夢のグリーン都市を作っているという。
道路はすべて地下に作り 地上にはクリーンな電車しか走らない緑豊かな都市だという。
目と鼻の先にはあのシンガポールの街が見え、ボートで渡る事が出来る、70万人都市 フォレストシティーを作っている。
しかし残念ながらこの町も投資目的で作られ、中国国内と同じように夜は幽霊都市(ゴーストタウン)鬼城である。
でも高層ビルが立ち並び派手さはドバイの様だとも言われている。
投資目的の為 住人がいない街を海外に輸出しているという不安がマレーシア人に広がっているのも事実。
フィリピンのボートボニファシオでも同じだが、夜はめっきり人がいない(住人が少ない町である)
なぜ中国人は、そんな場所に進出するのであろうか?アメリカやヨーロッパでは中国人は軽くみられているし!
フィリピンはただいま混乱の最中、インドネシアはもともと華僑嫌いが多いし、そうなればとマレーシアと狙いを定めたのだろう?
しかしその不動産投資も中国共産党の締め付けで海外投資の規制が強化され始めたそうだ!
海外不動産投資も陰りが見え始め!2007年から2016年までの右肩上がりから2017年の上半期ですでに半減させられている。
中国は、資産が海外に出ていくのを止めさせないと国内がダメになり、やがて中国元が安くなると危機感を持っている様だ!
今後、日本で稼ぐ中国企業の動向に目が離せない!と私は思う。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

今日はフィリピンから出国する時に気づいたこと

久しぶりのセブパシフィックエアーライン(ターミナル3)を使った。
相変わらずセブパシの職員は不親切、名古屋に向かう飛行機に乗りたい!
はいそこよ!と手招きしてくれた先には2つ以上の並ぶ場所がある。
でも、そこには何も書いてはない!仕方なく並んでは見たが どうも列が長すぎる!
もう一度職員に聞いてみた、名古屋行きのラインで 預ける荷物を持たないパッセンジャーは?
どこえ行けばよい?今並んでいる場所はここ、手荷物を置いたままにしているが心配だから聞いている。
そこまで言うと、ナンバー27に並べと言う、そこは少し離れた場所でラインに並ぶ人も少ない。
最初からそう言えばよいのにと、不親切さに少しいらついたが ここはフィリピン相手のことを思いやる職員はいない。
チェツクインカウンターで手荷物用のパゲージだけかと念を押されたが、計量することもなく搭乗券が発行され!
そのまま出国ゲート、やはりここで待ち受ける重量検査のガードマン。(一人一人のカバンをチエックしている)
7キロを少しでもオーバーすると何かと因縁をつけられ、少しだけと文句を言っても 超過料金を支払わさせられる。
なるほどそういう仕掛けか?
チエックインカウンターで重量も計らないはず、2重手間でもう一度チェクインカウンターのキャッシャーに戻される。
私はPCを持っていたので10キロ少しオーバーだったが、PCが3キロ以上で2つの手荷物を1つにまとめただけと言い!
無事7キロ制限をクリアーした。
次に向かうのは、出国用のキャッシャー私のビザはSEC13(投資ビザ)なので通常2017年中に1回以上の出国の場合。
今までは、2170ペソだったが今回から2350ペソに代わっており180ペソも値上がりしていた。
まあふいの値上げは仕方ないにしても、説明ぐらいしても良いのでは?
まあ!それもフィリピンだからと思い直し、ただ今日のタイフーンの遅れについては何もアナウンスメントがない!
遅れもキャンセルもないのであろうと安心し、出発ゲートの107ゲートに着き1時間ぐらい待ち、無事飛行機にボーディングとなった。
が!飛行機が滑走路に出てから、テイクオフが込み合っているため遅れるとの機内アナウンスが流れた。
それから約1時間と少し遅れて飛行機は日本へ飛び立ち日本についたのは約9時過ぎ、私の予定からは2時間20分遅れている。
急いで電車地下鉄を乗り継ぎミーティング場所まで行くつもりが、急きょ車で迎えに来させて、目的地に着いた。
いやはや予定道理に進まぬのはどこも同じと!再確認の1日でした。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

2回目のうどん店に行ってきた

今日は金曜日のせいかお客さんがいっぱい。
今回1回目から2回目への訪問が速すぎましたが、行ってきました。

長い行列を並び、雨降りにもかかわらずいっぱいのお客さん。
日本びいきの私としてはとてもうれしく思いました。
日本のうどんがこれほどフィリピン人にうけているとは、信じられません。
でも論より証拠、この長い列を見てこの店は成功かな?なんて思っています。
でも店内の誘導、相席のすすめ方など、まだまだ改善点はありそうです。
席数ももう少しあればよいなんて思いますが、有限な空間ですそこは無理かもしれませんが!
あじも、辛すぎず良い感じでした。
しかし日本人のスタッㇷがいないので、味の管理が今一かな?なんて!不安を感じました。
席が満席でキッチンスタッフや店内案内係や、かたずけ係が遊んでいます!
日本人の配置が欠かせないと思うのですが、そこが少し不安に感ずるところです。
次回はもう少し間をあけていきたいと思います頑張ってください。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

8月26日急用で日本に帰ります

本日は移動日なので野暮用が多くあまりブログを書く時間がありません。
また明日から思いついたことを書いて行きます。
日本は天気予報で聞いたのですが、きっとフィリピンより暑いかもしれません。
今は、ほとんどマニラで暮らしている事もあり。
アンへの方が幾分涼しかったのではないかといと感じているこの頃です。
また、この暑さに負ける事無く、仕事や遊びに日々頑張っていられる。
健康を与えられた事を、我ながらうれしく思っています。
健康に生んでくれた両親に 深く感謝しながら、毎日を過ごしています。
きょうLCCで日本に帰ります。
遅まきながら、日本に帰った折には 両親の墓参りもして来ようと思っています。
また日本ではどんな新しい情報に出会えるかと少しワクワクしながら帰ります。
少し前になりますが 体に感じる地震を体感し、フィリピンでも地震が増えている様な気がしてならないのですが?
本当にマニラは大丈夫なのでしょうか?
バタンガス地方では、いつ来るか解らない地震に心配を募らせている人達もいる様で!
私自身、少し嫌な予感を感じています。
少しの間フィリピンを留守にしますが、ウッドベルトラベルの業務は滞りなく運営しておりますのでお気軽にメールをください。
宜しくお願い致します。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

ペソの続落が続くフィリピン

円が高くなったと喜んでいる人がいるが!
円高でなくドルに対してペソの値下がりが続いているだけなので!
喜べる状態に、ある訳ではありません。
ガソリンは大幅に値上がりし、食品も値上がりが続き 輸入品は全て値上がりしています。
フィリピン市民の上にも大きな負担がのしかかって来ています。(給料は上がっていない)
皆さんはフィリピンの消費税がどれだけかご存知ですか?
フィリピンではすでに消費税は12%セントです。
どんなものを買っても必ずついてきます、本当は内税にもかかわらず!
レストランやコンビニでも12%の消費税は別と支払わされますが?
それが財源として丸々政府には入らないと言う 複雑な仕組みもあり!
政府の財政はあまり豊かではありません。(故に賄賂やコミッションが幅を利かす)
その上北朝鮮のミサイル開発問題で米国や日本との緊張が増し。
それにつられて アジア各国の市場は警戒感を強め、その結果ジワリとドルが上昇し。
ドルと日本円以外の通貨は、値下がりをしている状態です。
総じて、ドルに対してアジアの通貨は値下がりをすると言う事態に追い込まれています。
その上 この国のBIRは、優秀な人材がいないせいか!(会計会社お任せの申告納税制)
消費者が払った税金がそのまま政府に入るとは限りませんし!
毎年多くの税金がどこかに消えていくと言うとんでもない行政が行われています。
それがフィリピンと言えば、それでしょうがないと言う事になりますが!
金がモラルのうちは、道理が育たない国なのでしょう。
それに、輸出する大きな産業もないので!フィリピンペソを防衛する手立てがない。
逆に海外送金に頼るこの国では!
ドルが高いと喜ぶ、無知な国民が多くいるためほとんど危機感が無い。
送られて来たドルを使う事だけに慣れた国民は、ペソが安いことなど気にも留めてはいない様子!
国民の生活には、ジワリと効いて来るドル高ペソ安なのだが。
この国の人々は、世界では見向きもされないフィリピンペソをどう思っているのだろう?
海外にペソを持って出ると解るのだが、ペソの両替は他国ではむちゃくちゃ安い。
日本でペソを両替すれば約3分の2になる、この現実を国民に知らせたら?
そんな事をしてもやはり無駄かな?

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピン出店のリスク

最近フィリピンへ出店される店舗が多くなったが!
フィリピンの不動産契約には大変な穴がある。(貸す側が有利な特権を持つ)
店を作り保証金を納めても店舗権利者の保証制度などは皆無なのです。
最近の事件としては、不動産開発会社のサンバーが所有するサンバープラザに出ていた。
日本食店やカラオケ店などの多くの店舗が3日以内に立ち退きを要求されて!
大変だったと聞いています。
また賃借したばかりで工事中だった焼肉店も、そのまま退去しなければならなかったと言う痛ましい事も起きたと聞きました。
理不尽な扱いに店主なら誰でも怒りだしそうな事態だが、フィリピンでは、何を言っても無駄と言う場合が多い。
正規に賃料や補償金を支払っていても大家の賃貸人には何も文句を言えず、借主への保証などは何もない。(店舗造作費用など店側の負担で作った物なども)保証されない。
それがフィリピンの契約なのです。
新聞で見ましたが 貸主サイドで、政府の土地の賃借料が未払いで立ち退きを政府から言い渡されたと言う事でしたが!
大屋側の土地代金未払いなどはテナントの知る由もない所なのに!
そんな事で出店した店舗が3日で立ち退かなければならなくなる!そんなバカな!と日本ならいえる所ですが!
日本とは契約事も大違い、大家(金持ち)と賃借人の立場では、文句を言う事も保証もないと言うのが大前提なのです。
ここに賃貸人のリスクが有ります。
長年続けば家賃を倍にして利益を取ろうとしたり、なまじ繫盛しようものならば!
はい今年で契約は終わりと通告されて!
最近、増改築して新装したばかりの店を取られた人もいた。
大家が店子を追い出して自分たちの商売にしてしまったりとトラブルが絶えません。
貸家での商売にはリスクが大きいのがフィリピンなのです。
それにモールや繁華街の良い立地に出店しようとすれば、毎年9%の賃料の値上が付帯され、約10年で倍の賃料となります。
こんな条件が簡単につい来たりします。(とんでもない事ですがこれがフィリピンの不動産会社の実情なのです)
こんな条件では、お店も継続してゆくことが難しくなります。
モールでの新陳代謝が多い理由の一つにあげられます。
個人で有れば、弁護士を使いよほどの交渉をしないと簡単に食われてしまいます。
前もっての知識が大切な事を よくよく理解してからの出店にしてほしいものです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンでドネイションしたいと言う人から連絡があった

ドネイション=支援をしたいと同義語ですが?
どんな事をしたらよいかという問い合わせでした。
今度会って話したいと言う事でしたので、自分の意見を前もってブログに書いておきます。
いまフィリピンと言う国は、何が支援なのか?と言う事を考えさせられる国です。
貧しいからと言われるが!本当に貧しいのでしょうか?
確かにスラムはあり、金の無い子供たちは道端で物乞いをしている姿をよく見ます。
それを奨励する大人たちが居て、貧しさをアピールすることを仕事にしている様です。
支援の在り方を、少し考えた方が良いのではないでしょうか?
確かに金銭的には貧しい人も、地方もあります、今人道的支援を必要とする人もいますが?
でも支援をしたい事とのギャップがあまりにも開きがあり過ぎます。
今一番の問題は、フィリピンでは支援を、され慣れした人が 多すぎる事です。
日本から支援と言えばすぐに 何をくれる いくらくれる ともらう事ばかり!
そんな事ばかりが、支援の答えとして言われるフィリピンは、まるで乞食の集団です。
それが支援だとでも言いたそうに。(少し言い方が悪かったかもしれません)
私は想います、そんな人を何とかするより その周りの環境を何とかする方が先だと。
目の前の人助けというより、どうしてそうなったか?を分析する事の方が!
私としては先だと想うのです。
必要とする 物や 事を 考えるのだけれど!
実は本当に必要なものはそんなものではないし、支援とはそんな事ではないのでは?
と!この頃、想うようになったのです。(私が想う支援とは)
1)まず本人たちが本気で自立しなければと言う事を考える事。
2)心と健康、心身を元気にすることだと思います。(仕事をさせる事ではない)
3)孤立を防ぎ、絆を作り、自分たちの障害に立ち向かえる仲間作りを進める。
人々の自立への道づくりだと想うのです。(金や物では無いと想う) 
心と気構えが強く成れば、自分達で自立をする元気が出て来るし。
自分たちで考え、行動し始める事を促すのが良い支援だと想うのです。
支援をする対象の人々が参加しないではいられないようなプログラムを作り。
仕事を見つけ出すと言う、自分で行動を起こす力を支援する事で!
相手の懐に飛び込み、相手の事情、考え方などに!
深く寄り添い自立をして行こうと言う気にさせる事だと想うのです。(形だけではだめです)
もう支えが必要でない所まで、よりそう心が支援には大切だと思います。 
物 金に頼る支援など、今やお金を無駄にするだけ!
働く心、貧しくても努力する心。
誠実さが自立の条件だと想う心を育てる事、それが此処の国民には一番大切だと思います。
この国の人に、物、金、を与えるのはもうやめにしましょう。
これだけ豊かな国にあって賃金が安いからと働かないことが恥だと言う事を!
人々に寄り添い 教える事をドネイションとして考えましょう。
自分から努力をして信頼や、勤勉を大切にする心を育てる事が!
今一番のやらねばならないドネイションだと思います。(そこを考えてほしいと思います)

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

新しく出来た丸亀製麺のグローバル店に行って来た

雨降りの天気に少しおっくうだったが、新しいうどん店が出来たならと!
期待して出かけてみた。(うどん好きな私)
初めてのフィリピン進出と言うのでどんな店が出来たか興味津々。
うまく出店できたのかな~とか?そんな事を確かめに行った。

雨降りにも かかわらづ、店内はお客さんでいっぱい。
7月16日にオープンしたばかりだと言う。
値段も手ごろで、いや少しトッピングが高いかなとは思うものの?
釜揚げうどんの並が100ペソ以下という感じで、グローバルエリヤでは!
安いかなと言う感じで うれしかった、このエリヤは日本のチエーン店がたくさんでているである?
蕎麦屋さんやラーメン店が入る一角にある。
たぶん日本人も多くいるのではないかと思われる場所です。
私が頼んだものは、肉玉うどんと 釜揚げうどん。
トッピングに魚のフライにイモ天ぷら、揚げ物は程よい感じでしたが!
うどんの汁が辛い(日本で経験している味と比較して)でもオープンしたてだから!
と想っていたが!釜揚げのつけ汁まで辛い。
日本人スタッフはいるのだろうかと見渡したが!キッチンの中にはいない。
フィリピン出店の肝は、やはり味の管理は日本人と言う所を忘れているのではないか?
と思うので、これでは、ちとヤバいかなと感じた。
しかし帰りがけに、ありがとうございましたと日本語で声を掛ける人がいた。
きっとこの人は日本人の責任者だと想い!
すかさづ、味が辛いのでチエックした方が良いとアドバイスをした。
早速彼は味を確認し、そうですね少し辛いと思いますのでと直しましたと言われた。

フィリピン人向けに少し味を甘辛くしているとの事。
まだ1回目 初めての訪問で味の良しあしを批評するのは、まだ早い。
早くフィリピンと言う国に慣れ、長く続くように頑張ってほしい願っています。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

いまフィリピンでは恐怖の警察

今 毎日30人ものフィリピン人が殺されている。
今一番 気を付けなければいけないのが 警察官。(警官に気お付けろなんてなんか変)
フィリピンのフェイスブックでは、ドラッグには無関係の人まで警官に撃ち殺されている!
と言う噂が広がっているので外国人も気を付けてと良く周りのフィリピン人から言われる。
フィリピンの市民は、警官に対しては 恐怖のまなざしと恐れを抱くようになりつつあります。
不正警察官の実証映像が、証言と共に続々出て来ています。

カラオカンでサリサリストアを営む17歳の(グレイド11)日本で言えば高校2年生の。
シャブアディクと、されるし青年が撃ち殺された。(キーヤン ロイド・デロサントス)
という若者であった。(写真映像参照)

ポリスレポートによると45口径のピストルを持ち、シャブの小袋を2つ持っていたと証言され、抵抗したのでうち殺したとあります。
しかしその後、CCTVに映った映像が見つかり、肩を抱えられて連行される姿が映っていました。
(その事による反響がフィリピンのフェイスブックで問題になっています)
現在テレビでも話題になり報道されています。(今日のテレビで放映されました)

警官のレポートの様に抵抗できるような状況では無く、ブルーのTシャツにショウトパンツといういでたちで!
拳銃を隠せる服装では無く、事の次第を見ていた人がテレビのインタビューで証言しています。
塀の近くで無抵抗のまま、そのまま撃たれたと証言しています。
本人は、勉強熱心な明るい良い子だと証言されています。
実際その子が麻薬に関わっていたかどうかは、実際の事解りません。
が、しかし 抵抗したので撃ち殺したと言う状態ではなかったようです。
警察官には、撃ち殺した場合報奨金が出ます。
また殺した数でポジションアップもあると言うのです、その為に毎日のように!
ある日は30人 ある日は45人と 大変な人数が現在毎日警察官に撃ち殺されています。
それはテレビニュースを見ていると解ります。(大変恐ろしい事です)

いまフィリピン全土で、麻薬戦争を辞める様にとの、声が沸き上がって来ています。
報奨金やポジションアップのため無実の罪でも、撃ち殺そうとする警官が沢山いるそうです。
これはとんでもない事です、先に殺された青年も おとなしく連行されれば。
取り調べの上、監獄に入れ その背後関係を調査していくのが正当です。
こんな横暴を許している現大統領は、即時に報奨金制度を辞めなければいけません。
悪徳警官には 厳罰で臨むべきです、今市民の間では警官を見れば避けて通る!
と言う人が多くなっています。
これでは本当に本末転倒と言うしかない状態ではないでしょうか?

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

盆休みの期間マニラで捕まった人の顛末

聞いた話なので細かい所までは解りません。
今回の休みで、マニラに来たベテランのお客さん。
LAカフエの前で知り合いの少し日本語が話せるオカマに声を掛けられたと言う。
関係は解らないが、以前からの知り合いの様だ!
この子、かわいそう、親とけんかして家を出て来たみたい。
もう何日も食べていないし、ねる所もないと言う!
貴方に紹介するから助けてあげてと言われたそうだ!
しかし、自分には予定がありこれから行かねばならぬ所がある。
執拗に言い寄るオカマに手お焼いて、じゃー1000ペソあげるから!
これでご飯を食べさせてあげなさい、そして何処かで寝る場所でも探してあげなさい。
なんて、一緒にいた少女に1000ペソを手渡した。
そして、行こうとした瞬間に6人の男達に(私服のポリス)に囲まれた。
少女を買った現行犯と言う事らしい。
一瞬これはセットアップだと気付いたが、男達に服をつかまれ身動きが出来ない。
一緒に来いと言う事で車のバンの後ろに作られた仮留置場の様な鉄格子のある車に連れ込まれた。
ヤバいと思いつつ、一生懸命状況を説明するも、取り合ってもらえない。
すでにオカマの姿も、少女の姿もないので気になっていたが!
拘束されてから30分ぐらいすると、ポリスの方から8万ペソ払えば解放してやると言う様な話が出た。
今8万ペソと言う大金は持っていない。
友人に連絡を取り貸してもらうので、携帯を使わせほしいと頼み。
ブログで知った、ウッド・ベルの日本人専用電話の番号で当方に連絡が来た。 
当社のSDさんが出て、すかさづ どんな言い訳をしても、当初から金目当ての逮捕でしょう。
ここは、お金に余裕があるなら金を払い!一刻も早くその場を逃れた方が良いです。
時間がたてば交渉が難しいだけなので、お金を払った方が良いです。
とアドバイスした模様です。
ご本人は、それからパトカーに乗せられホテルに戻り、円をペソに変え。
ついて来た2人の警官にお金を支払い無事解放されたと言う事でした。
一旦捕まればどんな因縁も、付けられますし。
彼の携帯に変な写真が入っていなかったのが良かったと思いました。
最近はすぐに携帯を抑えられ、内容を確認されますので!
おかしな写真が入っているとその場で罪が加算され因縁付の道具にされてしまいます。
少しの日本語をしゃべるフィリピン人ほど危ない人はおりません。(無視するに限ります)
よく気を付けてほしいと思います。
今回はこんなセットアップもあると言うお話でした。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

少なくなった置屋

ゴーゴーバーに次ぐもう一つの勢力も、今では取り締まりに会い。
1軒また1軒と潰されて行き。
かろうじて生き残ったお店が 点々バラバラに裏路地に残っています。
そこには、人数は少ないが、行き場の無い女達がたむろしています。
まあ、売れない女のたまり場(デブ、ブス、年増のオンパレード)みたいな所ですが?
ダデ食う虫も好き好き だとかで!冷やかし半分で飲んでいる白人や!
退役軍人や困窮手前の白人爺さん、変わり者日本人などもここを利用している様である。
しりあいのGさんもここが専門の御用達場所と聞いている。
ある店の前を歩いていると座り込んで,ドリンクを飲んでいるGさんを見つけた。
ここは如何と聞いてみた!オキニをまっているらしい?(あと1時間位だと言う)
飲み物は 60ペソ、フィールズアベニュー近くでは格安!
女もショートタイムなら1000ペソなので 俺には丁度良いなんて言う!
知り合って もう11年位の超ベテランの 私の師匠でもある。
まあ!ひどいのばかりだが、たまにはいい子も時々見つかる。
たまたま、田舎から出て来た ばかりだったり!
夜は店に出るが、こずかい稼ぎのアルバイトだったり。
店を辞めて次の所に移る間の一時期だったり、宿無しで知り合いの所に転がり込んで!
気楽な店と紹介され、たまたまここを仮住まいとするような子もいて!
理由は様々だが、いろんな女がやって来て結構面白いのが置屋。
たまには16歳なんて のもいるので気を付けなければいけないが!
店のママや、経営者、従業員なんかと、気安く成れば、常連さんとなり。
ある程度金を使えば、ガードもしてくれるようになり 悪さはされないと言う。
ここにはいろんな情報が集まる、またここ変に集まる人達はいろんな情報を持った
ベテラン級の人達が多い。
私も時々ここにきて情報を聞くことが多い。
前回捕まった人の 友達の友達もいたりしてその後の様子を聞けば!
彼の関係者はすべてこの盆休みのフィリピン訪問をキャンセルしたらしい?
今は、営業している店も明日はどうなるか解らないと言うそんな危うい話も聞いている。
そんな時本当かどうかの裏は取っていないが、時々脳裏に浮かぶ店もある。
日本人3人の共同経営で始まった店もあると聞いたお店があるからだ!
あまりぱっとしない(ダンサーが少なく見栄えのしない)お店だったので!
座って飲む気にはなれなかったが、一度手入れが入れば何ミリオンの罰金が科せられ!
自身が捕まれば、保釈に何百万円も取られる結果になるのは目に見えている。
素人は、バーの経営には近づかない方が良いと私はいつも警告している。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

お店が経営でもめたドラゴン

元々韓国人の作ったお店なのに日本人経営なんてデマが流れ!
それを信じて行ったお客さんも多かったお店だったが!
何故だか良く解らないが、お店内の対立で半分に割れたそうだ!
一旦は半分近く人が辞めたと言うが、枯れ木も山の賑わいで!
タレント数は、変わらない位に 現在は回復している様に見える?
日本語が話せると言う条件でダンサーを探すと、案外性悪な女しか見つからない。
店内では オールナトで大丈夫と言いながら、すぐに逃げ出す強者ばかり。
しかしこの店、相変わらず店内は 活気があり、そんな揉め事があった事すら感じさせない。
私は、前々から良く思う事がある、発展する国や国民人にはやはり。
真面目さとか勤勉さが付いてこなければならないが!
唯一この国の国民には、まじめさが無い。(個人的見解です)
良くドロボーをして捕まる人は、皆と言ってよいほどこんな言い訳をする。
ドロボーや強盗などしないで真面目に働いたら!
出来ないよ!だって給料が安いもん。(だから泥棒や強盗するのか?)
女だって同じ、安い給料で真面目に働くより、お店で踊っていた方が良い!
お客さんからチップをもらい、付き合えば 快適なホテルで食事つき!
どこに苦労して頑張る必要があるるの?なんて本音が返って来る。
そういうダンサーさえ、5分も踊るとお尻を客に向け座り込む。
自分が選ばれないと解ると途端に自己主張が出て来る(特にドンジュリコ方面のバー)
ほんに この人達の人間性は、変えられないな~といつも思う私がいる。
この子は真面目だと紹介する人がいる しかし、人間の本性なんて変えられない。
よく考えてみて、今あなたの側にいる人だって!
側にいた方が、メリットがあるから側にいるだけで、真面目に尽くすことを考えている?
なんて事は絶対にあり得ないと宣言できる。
いつも私はそんな人に言います、それはあなたの思い込みですよ!と。
まあどれだけ言っても無駄な様ですが!本人は気付かすに居る方が幸せかも?
この街は 花街、お互い得になる事しか考えていません。
どの店が、どうのこうの!あの子やこの子がどうのこうの!
と言っている間は!この街では、まだまだ素人です。
女なんてどのみち同じ、自分が気に入るか気に入らないかそれだけです。
後は、相手の性格を見極めること。
これが安全の道しるべだと!先輩たちから、教わっています。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

ウオーキングストリートのフィッシング娘

最近は バーで遊び、ピックアップする人もいれば、夜11時を過ぎると!
ディスコやナイトクラブで、それらしい女性をピックアップする人も多いと聞いた。
そんな 新しい流れが加速していると言う話を聞いたので!
事情通の人に聞いてみた、要は マニラのLAカフエと同じだが、まず素人はいない。
周りの店が、店だけに よほど注意をしないと未成年で はめられたりもする。
でも、個人営業なので安く1500ペソで付いてくる女性もいると言う事です。
お店なら3000ペソ、でもダンサーに入るお金は 約半分の1500ペソ。
それなら、個人で売っても収入は変わらないという値段設定と言う事みたいだが?
買う側からすればリスクは、2倍に跳ね上がる。
セットアップやまくら探し(財布やお金を)シャワーを浴びている間に持って逃げる女や!
病気持ちの女、態度や出生問題を抱えてお店では使えない女などが!
そんなディスコ クラブには、多く巣食っている。
そんな代表格はこのディスコ クラブ。

しかし それとは別に、お客の少ないお店で 売れなかった子が、早めに店を出て!
そんなお店に流れてくるなんて言うのも、多いらしいとも聞いた。
ウォーキング・ストリートを歩いていると、オニイサン女イルなんてよく声を掛けられる。
顔は綺麗に化粧をしているが、歩き方や服装に少し疲れが出ている様な気がするが!
個人営業をするくらいだからブスではない。
そんなフィシングガールが増えているのが今のウォーキング・ストリートです。
最近は歩く人も少なく、以前とは比べ物にならない位お客は少ない。
日本は盆休みだと言うのに、日本人も少ないし 韓国人は半減している。
フィールズのウォーキング・ストリートでは、朝10時から営業を始める店も出来て来た。
毎度おなじみのバイキングや比較的新しいこんな店も10時からやっていると言う。

最近は、ドンジュリコ・アベニューの方でも、連れ出し料を安くして!
若くて、素人っぽく?アルバイトダンサーを用意して?昼12時半にオープンして!
ダンサーがすぐ売り切れ、3時には閉まると言うお店も出来たそうで!
と言う噂を聞いたので、1時15分過ぎに行ってみたら、すでに店内には3人しか残っておらず!
もう少し早めの入店が必要だという、残念な結果になった。
しかし1時間足らずで20人近くが!すぐ売れる店なんて、これも初めての経験でした。
アンへの営業も変わり続け、夜遅くまで営業するリスクを避け 短時間で勝負すると言う!
賢いお店も段々出来てきたようで、アンへも新しい潮流が流れ始めて来たようです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

入れ替わりの激しいバーの営業

ウオーキングストリートを歩いていると又名前が変わったバーや!
営業停止の張り紙があるバーが必ず1軒はある。
苦肉の策で、トイレでタバコを吸えるバーや!
店内通路の奥まった場所を喫煙コーナーにする店も増えた。
今日紹介するバーは、2階席が全て喫煙席のクラブXSです。
今回お客さんがお泊りのワイルドオーキッドホテル(広いガーデンを持つホテル)も例外ではない。
ワイルド・オーキッドのプールサイドでも禁煙が始まり。(奥に着くつたテント小屋のみ可)
レストランでも 喫茶コーナーでも、全てタバコは吸えない。
部屋での喫煙は、窓を開けたりバルコニーで吸えば禁煙室でも!
これまでならタバコを吸う事は許されたが!
今では2階の喫煙部屋の指定場所以外ではすべて禁煙となった。(ホテルはどこも対処済み)
今回予約のお客さん達にも不評は続出、でも国で決まったことは個人では覆せない。
ウオーキングストリートでも喫煙は、徹底的に取り締まられるようになった?
取り締まりポリスが巡回見回りに出ている、捕まれば罰金が科せられる。
私が散策中も3人の韓国人がポリスに連れていかれた。
そんな中2階が全て喫煙席のバーがあると聞いて行ってみた。
私は吸わないがたばこ好きのお客さんを案内してのバー周りだ。

XSはフィールズの中でもショータイムが結構充実したお店であります。
そんな事で人気のあるお店、結構かわいいダンサーも見掛けました。
ショータイムもなかなかのもので、お客さんも結構入っている。
しかしこの店ウエイトレスとダンサーが組んでぼったくり営業をするらしい?と小耳にはさんだ。
今の相場は、3000ペソという所らしいが、あまり慣れていないお客さんには。
4500ペソなんて言い差額は自分達のポケットの中に入ると言う寸法らしい?
それでもダンサーが気に入った人は支払うと言う(知人の話)そんな被害にあったお客さんもいたりして!
フィールズの夜は、化かし化かされて今夜も深けて行く。
そんな時、ココモス・レストランの暗がりの横の道では、沢山の人が煙草をくわえて立っている、此処では吸えるのですか?と聞いてみた。
うん、フィールズのウォーキングストリートから外れれば良いと警官から聞いてここで吸っているなんて返事が返って来て!
これまたいい加減な個別の行政のスタイルが表に出て来はじめている。
言う割には不徹底な決まり事なのか?と言う感じがしている。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

8月の盆休み知り合いや友人達がやって来た

何かと 物騒なフィリピン、毎日のように撃ち殺された人達がテレビの画面に出てきたり。
毎日 警官による不祥事も、公共の場所に勤める役人の不正も報道されている。
しかし、時を同じくして財閥により整備されたエリヤは拡大し着実に発展は続けるフィリピン。
(ぜひマカテイグリーンヒルズ界隈・ボートボニファシオ界隈に足を運んでください)
しかし大統領令で始まった禁煙行政はタバコを吸う人にはかなり大変な政策で!
隠れて吸うスモウカーをたくさん作っている。(陰で吸うだけで実質何も変わっていない)
タバコ吸いの人達は喫煙場所を探して右往左往している。
道路や公共の場所(公園)屋上やテラスなども吸う場所は限定されている。
アンへに遊びに来た人達は、バーの中でも禁煙になり!
吸う場所を求めてバーの中でも移動を繰り返す。
その光景がまたおかしくて笑える。
いやに!このバーは人が多いと想えば、タバコを吸えるスペースを確保したバーに。
人が集まると言う、こまた不思議な現象も引き起こしている。
でもこのお盆はアンへのウォーキング・ストリートで見かける日本人は少ない様に想われる。
あるバーのマネジャーに、8月 日本には長いホリデーがあるはずだよね!
いつですか?と尋ねられ、もうそろそろ終わりですよ!なんて答えた(笑)
さもありなん、私も歩きながら日本人は数えるほどしか出会わなかったので!
今年は、日本からのお客さんは、少ないなーなんて!想っていたからです。
まあ今年は、ISISの問題、麻薬戦争と禁煙令、警官の不祥事と沢山続いている。
危険が高まったと感じる日本人も多いのだろう。
それとは逆に、ファミリーでのフィリピン訪問が多かった様だとも聞いている。
飛行機に乗る構成もずいぶん変わって来たようだとの知り合いの見解も聞いた。
明日からは、アンへで起きたいろいろな変化(チエンジ)を
少しづつレポートしてみようと想う。
パソコンが少しダメージを起こしたせいで、更新がままならないが!
この8月の面白話を(見た話、体験した話 聞いた話を)披露しようと想っている。
では明日からこの期間に起きた面白回想録を始めます。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

こんなご意見

「頭の悪い学生」が進学できないのは、日本を始め全世界共通だと思いますよ。
マスターのこの書き方では、何が言いたいのか良く分からないです。(笑)
それに、今も昔も有名な大学にはお金持ちの子女しか入れませんし
それが本当に無償化されれば「貧乏だが頭の良い学生」が救済されます。
すると溢れるのは「金持ちだが 頭の悪い学生」になり、それらはお金を払えば入れる
バカ私立大学だけとなり、私立大学の増加と学費の上昇を招くと思いますが
金持ちのバカ息子やバカ娘の親には多く金を払ってもらえば良いでしょう。
もっと言えば私立から税金を搾り取って国立の学費にあてれば国民は喜ぶ事でしょう。
金持ちの反対で出来ないと思いますが?

*私が想った1番の事は、前に書いたように!
比国では大学卒でないとジョリビーでも働く事もできないほど格差が広がっています。
つまり大卒の肩書が無いと仕事(会社)には、入れないと言う現実があります。
ですから何とか金を払い、学校を卒業したと言う証明書がないと仕事がありません。
頭の良い学生に越したことがありませんが、こんな現実がはびこり。
その肩書がもらえないと給料は、三分の二まで落ちます、これでは暮らして行けないレベルです。
バカ大学が消えると、貧しい学生や、頭が悪くても這い上がる努力をする学生には、より不利になる可能性が浮上します*

と言うのが私の考えです。
また、今現実の裕福な大学生より、ストリートチルドレンや、勉学できない子供たちを広く救い上げ!
底上げを考えた方がよほどフィリピンの為にはなると思います。
底辺への教育こそが国を反映させる一番の方法です。
どんな子供にも教育の場が与えられる事を心から望んでいます。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンの国立大学の無償化について

国立大学の無償化は、意味があり本当に必要なのでしょうか?
フィリピンの国立大学、州立大学、国立訓練校の112校を対象に大学の学費を無料化へ。
フィリピンの大学の学費を無料にする法案にドゥテルテ氏がサインしました。
8月5日までに大統領がサインしなかった場合、無効になる予定でしたので!
ギリギリのタイミングで承認された格好です。
2017年8月3日にサインされ、これが実施されるのは2018年からです。
ただ費用としては1,000憶ペソくらい必要になるので、実際に予算が取れるのかが疑問です?
政府としては教育というものに先行投資をしようとしている事は理解できますが!
せっかく育った優秀な人材が常に海外に出稼ぎに行ってしまうという現実もあるし。
フィリピン国内で起業し活躍できる場を作る事も必要だと想います。
しかしこの問題は根が深くフィリピン的には大きな問題で課題山積です。
目的としては、貧しくて大学に行けない若者に対し、授業料を無料化にして学校に行きやすくすることが狙いのはずだが!
しかし、国立大学などにいる現在の学生のほとんどは、小さい時から良い教育を受けてきた裕福なフィリピン人学生が多く。
中国系 韓国系の、裕福なフィリピン人の学費が無料になるだけでは、ないかとも想われます。
方や貧乏のどん底で 良い教育を受けて来られなかった学生は大学に入ることも出来ず!
さらに格差の中で苦しむことになるでしょう。
フィリピンの大学って授業料はいったい、いくら位なのかと言えば、1か月にかかる学費は約4000ペソ~からで年間では10万から~20万円位だと言われています。
日本人の感覚からすればありえない安さですが、平均月収 約1万ペソ~2万ペソのフィリピン人にとっては厳しい値段なのです、そしてデメリットもあります。
それはあまり優秀でない大学は潰れていくだろうという事と、私立大学の学費が上がること。
そして家庭が貧しくて、頭の悪い学生は もっと大学に行けなくなってしまうと言う現実です。
大学の無料化はもちろん私立大学生には対象になりません。
国立大学などの学費が無料になるという事は、国が投資する大学、人材校を絞り込むという事です。
頭の良い学生は無料で良い教育が受けることができるという事(それは各国共通ですが!)
そうなってくると フィリピンの貧しい家庭の頭の悪い子供はもっと大学に行けなくなる。
学費を払う事が出来ればアホでも入れる私立大学の学費はもっと上がるだろうし。
フィリピンではお金がある家庭の学生が、頭が良いというのは鉄則中の鉄則なので!
この新しい法案が更に貧しい家庭を困らせる事になりかねません。
比国では大学卒でないとジョリビーでも働く事もできないほど格差が広がっています。
今回の新しい大学無料化の法案で、フィリピンのバカ大学は消えて行き!
貧しい頭が悪い学生にはより不利になる可能性が浮上します。
 一人でも多く、本当に大学に行きたい!学びたいと言う若者が、勉強できる仕組みを作ることが大切だと想うのですが!
ドゥテルテ大統領がどんな目論見やプランで大学を無料化にしていくのかは見守りたいが!
大幅な増税や、やみくもな資金調達に乗り出さなければ良いと思っています。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンヘレスホテルおすすめホテルは中級価格帯のこんなホテルです

アンヘレス・フィールズアベニユー近くのおすすめシティホテル
セントラル パークタワーリゾート
Central Park Tower Resot
Tel0367436580

最近人気のあるセントラル・パークタワーホテルは、ウォーキング・ストリートから一本裏道に高層ビルが建っており、良くわかるホテルです。
最上階のレストランとスイミングプールが併設されており、展望が良く、アンヘレス~クラーク方面が見渡せて気分がとても良いホテルです。
プールは少し小さめですが、寝そべる椅子や、屋根付きの休む場所があり良いムードです。
レストランにいつもお客がいつもいるので、それが恥ずかしいと想う水着のフィリピーナもいますが、体形に自信がない人は、恥ずかしいかもです。
ウッド・ベルでは予約料金300ペソで、ホテル割引料金で泊まれます。

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンヘレスホテルおすすめホテルは中級価格帯のこんなホテルです

アンヘレス・フィールズアベニユー近くのおすすめシティホテル
大体フィールズ・アベニュー近くに密集しています。
ナイトライフを楽しむウォーキング・ストリートのバー街の近くにとその裏側。
ちょっと離れてサンタマリア1エリアにも安いホテルが新築でオープンしています。
アンヘレスで利用するホテルは、安全性、プール付き、清潔、部屋の広さ、シャワーの水圧などを条件にしています。
価格帯は中級クラスを選び、ホテルから外出時にも交通の移動が便利なところをアンヘレスおすすめホテルとしてまとめました。
今日は、パシフィックブリーズホテル
正式名称は、パシフィックブリーズホテルアンドリゾート。
Pacific Breeze Hotel and Resort
tel 0367436580

ウォーキング・ストリートの裏側に位置して、ゴーゴーバーが密集する中間位の位置にあるココモス・レストランの横道から徒歩2分程度の距離。
アンヘレスのナイトライフには近くて便利なのですが、朝方まで外の音がうるさいかも!
神経質な方には、もうすこし繁華街から離れたロケーションがおすすめ。
移動が全部徒歩がお好きな方は、料金的にも財布にやさしいのでコスパの良いホテルです。プールでは時々、イベントが開催されており、
ゴーゴーバーの水着コンテストなどのイベントもあり、運が良ければ見ることができます。
ウッド・ベルでは予約料金300ペソで、ホテル割引料金で泊まれます。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンはHIV感染大国?

フィリピンの現状に於いていろいろ意見が別れます。
フィリピンは発表に於いては(HIV)に感染するケースとしては、世界的に見て最も高いというわけではありません。
しかし、、国際連合エイズ合同計画(UNAIDS)によると、「フィリピンはHIV感染の拡大がアジア太平洋地域で最も高い」と結論付けました。
今年8月に公表された報告書によると、2010年は4300人だったHIV感染者は、
2016年は140%上昇し10,500人に上るそうです。
アジア太平洋地域における新たなエイズ感染の90%以上を占める8カ国の1つになったと言う。
解説では、現在感染者人口比率は低いけれど、この状態を放置していくと危ないと!
フィリピンの社会活動家である下院議員のRisa Hontiverosが、「国家緊急事態」を宣言するよう政府に要求しました。
フィリピンにおけるHIVの感染経路は、ご存知のように(売春婦)と呼ばれる女性が主な感性経路と言われていました。
しかし現在、感染経路は男性同士とも言われています(昔日本でも同性愛者のエイズ感染が話題となった事もありました)
しかしフィリピンに置けるこれらの感染者は全体の三分の2が15歳から24歳の若者です。
この現状を鑑みると、他のアジア太平洋地域の国とは異なり、際立って対照的に急激なHIV感染率の上昇をフィリピンは、経験していると想われます。
こういった多くの懸念表明のさなかでも、フィリピン政府は対応を遅らせ続けています。
フィリピン政府の対応が遅いことこそが、HIV感染率の拡大の原因ではないでしょうか?
政府はまず、国民にコンドームの使用を促し、コンドームの正しい使用方法の教育をすぐに始めるべきですと言う意見がある一方。
蔓延する売春に麻薬、ホモセクシャル(バクラ)の多さと(不衛生な環境)
フィリピンの全てがエイズ蔓延国の条件を満たしているのに、国連統計によれば他国!
例えば、タイの感染者が人口の1.1%、ミャンマー0.8%、ベトナム0.5%、インドネシア0.5%、マレーシア0.4%に対して!
フィリピンは人口に対して0.1%以下なのですが・・?発表としては、にわかに信じられませんでしたが!
これらを分析するといくつかの事実が解ってきました。
フィリピンのエイズ人口がASEAN随一の低さに留まる理由は、麻薬の接種方法の違いからと言う人もいます。
SHABUは他の国では、注射器で摂取する人が多いが、フィリピンでは純度が悪く相対的に安いからか大部分の人間が炙り。
あるいはコカインみたいに鼻から吸い込む方法が主流であり、注射器回し遣いはごくごく少数派だったから だと言うのです。
つまり諸条件は十分備えていながらも、たまたま麻薬の接種方法の違いでフィリピンはエイズ人口を抑制してこれたと言う物です。
これもまた面白い話ですね。
しかしいずれにしても、HIV感染拡大の深刻さが日に日に悪化しているのは。
フィリピンでは、疑いようのない事実です、早く政府は対策を講じるべきだと思います。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

飛び込んで来た、ガセネタ

でもすぐには動けない私、ようやく30日に時間が空き!
アンへに帰り着いた。午後3時過ぎから、いろいろ手を尽くして探しまわった。
そうしたら夜10時過ぎに、まだこの仮留置場の奥に居ると言う情報が来たので!
確認の為ステイション4に警察と親しい友人に行ってもらった!(確認が取れた)
どうして そんな情報を私に流したかと友人を問い詰めてみた!
いやこの前、留置場に行った時、彼の姿が見えないのでどこに行ったか?
その場にいたポリスに聞いてみたら、いや知らない、どこに行ったか解らないと言う返事だった!
その後も、わからない知らないの1点張りで、やり手の弁護士でガラを持ち出したかとも思ったが?
そう うまくはいかなかったようだ!
良くセットアップの場合 起訴及び調書をされない前に移動されることがしばしばおこる。
つまり示し合わせてお金を取る場合、早めにその場から体を移動させる場合があるので!
金で解決したか、示談が成立したか、なんか特別な事をして救出されたかの?
どれか!だろう!と思ったが、やはり今回ばかりは立ち上がりが遅かった為に無理みたい。
救出と言う場合は、お金目的の逮捕という場合がしばしばあり、その条件を満たして。
早めに留置場から出なければいけない。
支払いは即現金が要求されるが、知り合いや責任をとれる代替人が居れば何とかなる。
やはりコネはこの国では大事なポイントになる。
そんな時、捕まった人の、別の関係筋から救援の要請が来る。
いや!もうそんな段階ではない、今後どう裁判で戦うかの作戦と!
弁護士の能力に重心が移って行く段階だ!(もう新聞にも出てしまっている)
捕まった彼の証言で写真に写り込んでいる、他の2人についても裁判の過程で
指名手配が掛かる場合もあるので、当分フィリピンには近づかない方が良いと想われる。
関係者の友人にも会ったことがあるし、顔見知りでもあった(名前も知っているが、公表するつもりは無い)
7月28日には、彼の親御さんもフィリピン入りを果たして!
29日にはステイション4で彼との接見も果たしている事をポリスから聞いた。
もう私達の関与は何の意味も持たない、以前から続けている人道支援のみを継続する
つもりである。
自分に非がある場合、日本大使館も弁護士もたいして助けにはならない!
特にこの国はチャイルドアビュースで捕まると、相当な厳罰を受ける事になる。
このブログの読者の皆さまは、その事を肝に銘じて危険に近づかない事を希望しています。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

彼のやったことは許される事ではありません!が!

それでも幼少女レイプと言われるのは、少し気の毒かな?とも思われるのです。
罪は減罪されて少女淫行ぐらいで争われなければ、終身刑にされるでしょう
DSWDに言われる様に、救出されたなんて言葉は似合わず、いつもフィールズあたりをふらふらしてお客を探す子供売春組織(親と姉妹により)斡旋されている子供みたいです。
そして警察は、初動捜査で、斡旋されていた子供を探し出し、有無を言わせず被害届を出させている様子。
つまり罪を大きくして多くのお金を支払わせようとしていた様子もうかがえます。
しかし、知り合いが頼んだ弁護士も多く仕事を抱えている為に、すぐには駆けつけてもらえず翌日私が面会した後に来たようですが!
仕事が遅いし、お金を積めば出せると言った弁護士に交代した模様ですが!(あまり信じられない)
私が感じた限りでは、もう金で解決できる様な状況には ないと想える。
ステイション4に入れられた直後、早ければ早い方が良いが、3日以内が取引に使える時間。
それを超えて、DSWDに調書を取られ報告書に書かれ事件として立件されてしまったあとでは、もう動くに動けない。
まあ!現在外国人の関わる事件で少女淫行となれば、1人500,000ペソと言われています。
1人、約110万円位、今回新たに5人の被害者が探し出された。
そうであれば概略、警察に支払う目こぼし料に親との示談金。
弁護士の費用に関係者への手数料、警察への謝礼と言う事になれば!
日本円で600万円にはなるでしょう!これはあくまで仮定で(これで済まない場合も出て来る)
でも真にフィリピンの刑務所で暮らすよりは、支払った方が良かったかもしれない。
決して私は、この罪を犯した人をかばおうと言うのではない。
現在44歳と言った彼には、聞いたところによれば 奥さんや子供がいると言う。
犯した罪は言語道断で許されない事ではあるが、ただ状況を鑑みれば情状酌量もありかも知れない。
彼は今後、20年以上たぶん恩赦で出れるのは、70過ぎかも?
劣悪な環境の中、命の保証もない塀の中で暮らすには、気の毒過ぎるかもしれないと想うからだ!(だから15歳以下の子供に手を出すなと再三言い続けている)
罪は罪としてフィリピンなら、お金で代替えを払うことも出来るかもしれない?(ひと口に6百万と言えど返すのは並大抵ではないペナルティ)
フィリピンの刑務所は 本人の更生や、罪を再犯させない事を目的にしたものではない。
ただ隔離をして、取れる人からお金を取りシステム維持をする事が施設維持として確立されている。
日本とは比べ物にならない環境だからです。
もし裁判となるなら、その道に精通した弁護士を雇わないと、ただただ長い裁判を引きずる事になるし!
戦い方が解らない3流弁護士ばかりで、お金も時間も無駄にすることが必至です。
裁判費用も罰金刑や実刑短縮を求める裁判でも、5年で約500万円の実費が掛かります。
これからが大変なのです!そんな事を考えていた3日後、私に彼の事でもうステイション4には居ないと言う!
そんな話が飛び込んで来た!エー解放されたの? セットアップだったの? つづく

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

新聞に報道された 邦人逮捕

パンパンガ州アンヘレス市で日本人の男が、未成年買春容疑で逮捕された。
もう新聞に出てしまったので、私が関わった経緯を紹介しよう。
あまり誇られた事ではないので、公になるまで自分のブログには書かないでいました。
今でも書くことを少しためらってもいます、何故なら自分が見聞きしたことは報道とは少し違うからです。
実は私に第一報が入ったのは先月7月21日の夜でした。
翌日直ぐに、捕らわれの身になった彼とは 接見している。

捕まった直後に知り合いから電話で聞かされた。
彼の友人達が、警察の仮留置場に行くも面会を拒絶され!!
其の為に私の友人が呼ばれ警官と交渉し面会することが出来たと言う。
その彼からの情報でアバウトな事が私もたらされた。
翌日直ぐに私もウオーキングストリートにあるステイション4の警官詰め所に行った。
細身で眼鏡をかけた気弱そうな男性が鉄格子の向こうから面会側に寄って来た。

しかし完全に初動の遅れが目立っていた。(助け出すにはと言う意味で、大意はありません)
たぶん彼は起訴されて残りの人生をフィリピンの刑務所で暮らすことになるだろう。
メディアには7月27日付でこんな記事が載りました。
未成年の姉妹が交通課職員に助けを求め日本人の男が逮捕されました。
7月21日の午後4時ごろ、アンヘレス市のフィールズアベニューで、
交通整理をしていた職員の所に、16歳と13歳の姉妹がやって来て、
1st Avenue Hotelに宿泊する日本の男に、ワイセツな行為をされたと助けを求めました。
職員は日本人を追跡して拘束し警察に突き出しました。
逮捕されたのは43歳の「Suzumura」で、警察が携帯電話を調べたところ、
少女の斡旋者とのメッセージのやりとりを発見しました。
警察は携帯を使って日本人になりすましおとり捜査を行い、
7月25日に少女たちを斡旋していた、18歳から21歳の女3人を逮捕。
さらに4人の未成年者を救出しました。(報道より)
捕まった本人のほかに2名の容疑者がありました(彼の携帯電話に少女と映り込んでいる他の男性がいた)
それに少女達は日常的に売春を行っていた事が解る事実があります。
それは親にお金を渡す目的で彼に斡旋されており、少女への報酬1500ペソを!
今回捕まった彼が1300ペソに値切り200ペソのお金を出し惜しんだために捕まったと言う事が、警察の話として現場で聞きました。
アホだね!たった200ペソ出し惜しみして捕まるなんて!
現在まだステイション4に拘留されている。明日に続く

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

危険と隣り合わせのインフラストラクチュア―

フィリピンのインフラときたらこんな危険なものは無いと言うくらい!
お粗末で危ないものはない。
フィリピンに来た人なら見たことがあるだろう!
ぐちゃぐちゃにからまった電線、今に来崩れそうなサビ固まった広告塔。
私の家の近くでも,雨風の強い時に 円柱形の広告塔ポールが倒れ!
乗用車1台とトライクが下敷きになりけが人が出た模様。
その残骸の写真と近くに立っている電灯広告塔

そして風のあおりのせいか電線が絡まり変電気と一緒に道路の中央まで垂れ下がり通行車両の妨げになっている。

考えてみれば恐ろしい事だが!
フィリピン人やこの国に住む私までが、よくある事なんて!慣れっこになっている。
危険で要注意な事までもが日常の風景の中に溶け込んでしまっている危うさ!
誰も行政に対して怒りを表さない。
自然現象だから仕方ないと、予防的措置を考えない。
バカにしているわけではない、国民の60%が小学校卒業程度の頭もしくは小学校中退で
残り15%が中学卒 残り15%カレッジ及び大学卒と残り1割がエリートの比率で構成されている。
75%に達する大衆が政府や金持ちに対して声をあげない沈黙の大衆。
考える力が極端に不足している。
これでは、自助努力で社会が良くなる訳が無い、使命をもって改革に当たる。
役人もいないし、国民の生活を向上させようと言う政治家もいない。
この国で生活する上では、自己責任が全てだと言う事になります。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

これで3度目、味は変わらずおいしかったトンカツ店

フィリピンのお店ではよくある現象。
初回は美味しかったが2回目行くと味が変わっていたり!
接客が雑だったり、メニューの内容が変わっていたりで、お客の方が驚く事ばかり!
だから私は、最低3回の訪問を終え、食べてみた後でないと味の評価をしない。
しかしこのお店、他の姉妹店は、行った事が無いので知らないが!
この店はお勧めできると想っています。
店名は、マイセン 他のモールにも入っているそうだが、私は知人からの紹介で
この店を知った。

場所はBGCの ホテルシャングリラの入り口とは反対側の真裏に当たる場所に位置する。
最初待ち合わせた時には場所が解らず、友人達とは共に飯が食えなかった。
携帯の電波が入りにくいので要注意。
店内は落ち着いた黒の縦じま模様の間仕切風の内装で。
テーブルも椅子も黒で統一されている。(こじんまりとした良い空間である)
全体的には落ち着いた雰囲気である。(他店は知らないので同じ内装かも知れない)

私が頼んだのはヒレのとんかつカレーセット380ペソだったと想う。
一緒に行った人はヒレのとんかっセット頼み、私は豆腐サラダを追加注文した。
豆腐サラダは、ボリューム満点で写真の通り。

カレーもヒレカツも上手に仕上がっていて、うまく 味も良かったし最近食べたトンカツの味では一番かもしれないと想っている。

豆腐サラダの量に驚き、また食べがいもあり、満足満腹で帰ることが出来た。
車さえ運転していなければ、ここでちょいと一杯と行きたかったが!
帰りに事故を起こさぬようにと自重した、外は雨台風と重なっていたからです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンの食中毒は死と隣り合わせ

フィリピン人の食べ物に関する知識は、いい加減と言うより!
無いに等しいと言う感じです、食べ物に関する限り自己防衛という観念が必要。
どんなに古い物でも平気で店内に放置する。(路上の店舗)
賞味期限なんて買う側の責任、売れないものはそのまま放置するスタイルです。
フィリピンの事を良く知らない人は、コンビニに入っても賞味期限をよく見て購入する事です。
(腐ったものでも長く店内に放置していることがあるので気を付ける)
後で気が付きクレームを入れても、店員は交換に応じません。
そんな時でも 確認して買わなかった自分が悪いと言う事になります。
あまりのいい加減さに、恐怖と怒りがこみ上げる事もたびたびありました!
旅行者で海外旅行保険に入っていない人は海外での入院は高くつきます。
フィリピンでは一般のフィリピン人でも健康保険等は、ありません。
特に無保険の日本人には医療費は高くつきます。
そんな時に助けてくれる人は、貴方の友人達のみです。
私がアンへで食堂を経営していた時に、お腹が痛いと3日間ホテルで苦しみ!
どうしょうもなくて病院に行き1週間後に亡くなった方もいました。(旧ブログマスターの独り言にその経緯は書いてあります)
衛生に関しては日本からすると、フィリピンはとんでもない国、まさに衛生観念が無いに等しい国と言えます。
安全に慣れた(無菌状態に慣れ過ぎた体)日本人には、大変過酷な国と言えるでしょう。
衛生感覚が命と言われる飲食店ですら、私の経験上日本人が現地スタッフを使って!
日本クオリティーを出そうとすると、とてつもなく大変な事なのです。
1)要保冷の食材を何度言っても冷蔵庫に戻さない。
2)包丁や調理器具(まな板)を洗わず布巾で拭くだけ。(私が別けたまな板 魚用、肉用、野菜用、全てごちゃまぜにする)
3)味見で口をつけたレ―ドルやスプーンでそのまま盛り付けをする。
4)冷蔵庫内の掃除、点検もせず、腐った食材が奥の方で発見される。
5)食材の在庫を確認せず、オーダーが入ってから初めて気が付く人間ばかり。
6)手が空いても掃除や次の段取りをしないでおしゃべりして遊んでいる。
7)教えてもレシピ通りに作業せず勝手なオリジナル料理が大好き。
フィリピン人がダメというより、まともな学識を持たず、知識や道理が解っていない。
求められる基準や価値観がフィリピンでは全く違う人達だと言う事を!
雇う側は想わなければいけないと言う事を学んだ。
見ていて注意しなければ、床かに落ちた食材もそのまま使い!
客からのクレームなどで、作り直したものなどに、唾や鼻くそを混ぜるなんて事もやってのける大ばか者もいた。(見つけてその場で首にした)
日本人からすると料理人の風上にも置けない所業だが、少し頭に来るとそんな事も平気でやってのける。
食べ物を買う側としては、自分の口に入れる物には、常に猜疑心を持って取り組み!
自分の身は身分で守るという姿勢を持ち続けている事が!
食中毒にならない生き方だと思います。
フィリピン国で生きる!フィリピンに住む!という事は、食べ物に関する限りすべては自己責任だと言う事をよくよく理解してください。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

郊外に出来た小さなお店

最近マニラの郊外では小さなお店が沢山出来上がっている。
この店もそうだが、でも案外人の利用度が高い。
家の冷蔵庫は空っぽだし、どこかに食べに出ようと想っていたが!
そうだ!最近家に帰る道すがらに新しくオープンしたお店があつたと想い出し。

一度行ってみようと想っていた。
今回 入ったお店は、タイニーポットと言うお店
間口が 4メートル奥行きが 6メートルくらいののお店で。
小さなテイブル7つが据えられたくらいの客席を持つ、小さなお店です。
だが同じくらいのキッチンを持つお店で、焼き立てのパンも作っている。
コスパが良いせいか、お客さんが多い。

パスタとピザ2品をオーダーして200ペソぐらい。
味は、はっきり言って100点満点で40点ぐらい。

でもこの程度がフィリピン人にとって適正価格かも知れない!
と 想わされるくらい? 沢山のお客さんが入っていた。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンのLTOの矛盾

またまたバイクのナンバープレートの問題で揺れている!
いつも付け焼刃的対処法が検討される。(薄脳ミソの官僚)
いつもスナイパー(ライダーインタンデン)バイクでターゲットを狙う!
2人乗のスナイパー、一人は運転1人は拳銃でターゲットを狙う!
警察はそんなバイクをいつも取り逃がす。(CCTVに映るから?)
だからLTOは、ナンバープレートを大きくすればそれを防げると言う理屈だ。

しかし一方市民からはこんな声が多く聞かれる。
バカな事を言うな!又ナンバープレートを交換させて金を取る気か?
本当にいい加減にしろ!
今現実に、ナンバー無しで走っているバイクや車が何台あると想う!
バイクを買ってから、もう3カ月もたつのにLTO発効のナンバーがまだ来ない!
そんな状態でナンバープレート大きくしたからと言ってなんになる!
ナンバープレートも満足に発行できない状態で、何をいまさら!
そんなスナイパーたちが大きなナンバーのバイクを使うか?考えてみろよ!
それが良い考えなんて、少しも想わない!
フェイクドライバー免許、フェイクナンバー等、もっとそちらを優先して考えたら!
車が多いからとカラーコーディングの週2日制(1週間に2日走れない日を作る)とか?
そんな事を考える前に、交差点の信号を整備するとか、隙間があれば頭を突っ込むドライバーを取り締まるとか!
縦横無尽に空きがあれば車線変更を繰り返すドライバー(特にバス)を規制するとか!
もう少し、道路事情を改善する手立てを考えるとか?
道路の穴ぼこを整備するとか(まともに走れない道路が多い)もう少し考える事があるだろうに?
車やバイクの持ち主からお金をもらう事ばかり考える行政をどうにかしてほしいと!
そんな声がいっぱい聞こえてくる。
いい加減な行政に吐き気がする!!

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ