ウッドベルツアーズ

過去のブログ すずめの涙 マスターの独り言

フィリピン人を信用していないフィリピン人雇い主

フィリピンでは一般従業員に金を触らせない。
それが鉄則の様だ!(あくまで一般雇の従業員の場合)
金を触らせると必ずと言ってよいほどごまかす、あるいは金を持ち逃げされるからだ。
そこでキャッシャーと言う人が存在する。
身元が確かで金を盗んだり持ち逃げすれば、家族が支払うという誓約書を書かされ!
縛られている限られた人間(案外学歴のある金持ち家庭のお嬢さんが多い)にしか金を触らせたくないのだ。
必ずレシートを出し後で会わなければ給料から差し引かれるという立場にある。
だからごまかしようが無い!
レジが壊れた様な場合に遭遇したらいつまでたっても会計が出来ない
しまいにほかに行ってくれと言われる。(SMのレジさえもそんな場合が良くある)
一般の商店飲食店でも従業員から金を持ち逃げされる話はしょっちゅうだと聞く。
現に以前私の飲食店でも釣銭が合わない、ウエイトレスに売り上げをごまかされた!
個人のバッグから金を盗まれた・・・等々はよくありました。
責任転換の出来ない唯一の仕事の様です。
だからスーパーのレジ前はいつも混雑している、効率の悪さが大正や昭和初期の日本の様に思えます。
スーパーでは商品が消える、在庫が合わないなんて事はしょちゆうだと聞いている。
計算に弱い従業員と、それでも使わないと回らない雇い主側と、疑心暗鬼な人間関係が!
社会の問題として訳の解らないアナログ社会を生み出しているのが今のフィリピンです。
それともう一つ今度は支払う時のアカウンタントは金を払わないのが良いアカウンタント
と言われています。
通常 会社対会者の支払いは期日厳守ですが!
フィリピンの会社は何度請求しても簡単には払ってくれません。
一度請求したくらいで、黙っているといつまでたっても入金はありません。
必ず集金に行くか、そこに座り込まないと払わないのが現実です。
それも面白い現実ですね!
それでも社会は回っているのだから不思議です。
どこで帳尻を合わすのか?そこが不思議だといつも思っていましたが。
でも最近そんな帳尻の合わせ方を知りました。
それは2重3重の仕掛けがありました、上手な集金の仕方フィリピンならではの大作戦なのです。
また話をしたい機会が来た時にブログにも書きますし、お教えもします。
どうしても知りたい人はメールしてくださいそっとお教えしますよ!

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

卒寿麻里子80歳、人生の終わりに第2の人生を始める

80歳で家出、ネットカフェに泊り、恋も経験する卒寿まり子の話。
実はこれ新しく始まった漫画の話。
しかし我々の身にも起きそうな話なので気になった!
総務省の人口統計によると平成25年日本の総人口における高齢者の割合は25%となり、
過去最高を記録した。
国立社会保障人口問題研究所の推計では、平成47年には、全人口の33,4%つまり3人に一人が高齢者になるという。
そんな社会風潮をバックに80と言う高齢を経験した女性主人公が登場し奮闘する。
人間誰でも毎年歳を取っていく、家族を想い働き続けて毎年歳を重ねていっただけなのに!
60代半ばや70になり、働くことも何かを生み出すことも出来なくなり、自分が必要のない人間になっていく。
そして周りからはぞんざいに扱われる悲しみや怒り!
自分が死ぬまでそんな時間が過ぎてゆく。(こんなことは耐えられるはずがない)
これから高齢者の仲間入りをする我々の世代には、本当に厳しい時代になると思います。
そんな時代は自分の力で生きるしかないと思わされるのです。
でもつらい事ばかり考えていてはいけないと思うのです。
今の私の様に海外に避難するのも一手です。
若い力が余っていて、まだ今後20年位は手持ち資金で遊んで暮らせるかもしれません。
どん詰まりの突破口にも1石を投じる事が出来る(漫画)かもしれません。
私はそんな卒寿まり子さん(漫画の主人公)を応援しています。
私も60代半ば、老いを意識し年を取るという感覚が身近なものになりつつあります。
だがしかし平均寿命が延び、健康寿命が重視される時代になりました。
今の平均健康寿命は、まだ71歳!この年と言うのは気力をもって自分の人生を考えられる一番最後の時期だと思われます。
しかし80歳でこの新しい世界にためらいもなく飛び込める漫画の主人公卒寿まり子さん。
若い頃のあこがれの男性とともに住み始めるというストーリも驚きました。
高齢者の恋愛を書くと言うと、あまりにも毒々しくなってしまいます。
愛欲や打算、元家の家族、遺産やこれから先の介護、なんて生々しい問題が浮かび上がります。
しかし漫画の中だけでもピュア―でロマンテックな恋があっても良いのではないか(笑)
でも現実の私にだって、いまだ恋愛を引退したいなんてことはありません。
定年退職してからの余生が伸びて、周りと当事者の間に相当のずれが生じているようです。
人としての形としてこれから自分の居場所を新しい若い世代に譲って行かなければならない事は十分解っていますが!
それを幸せだと感じられないパワフルな高齢者もいます。
今後私たちにとって、なにが生きがいになって来るかはわかりません。
体は衰えていますし、社会の中の立場的には弱者になっていきますが!
そんな老いた体を乗りこなしていける自分になりたいと思います。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

選択肢として安楽死を探している人は多いのではないか?

病気や老齢で苦しむ人の生き方の一つに、安楽死があっても良いのではありませんか?
おそらく選択の内に、安楽死と言う死の制度があれば、とても良いと思いませんか?
かといって決して早死にしたいというわけではありません。
何故ならスイスにあるデグニタスという安楽死団体に登録した人でも!
実際この制度を利用して安楽死を遂げたという人は全体の3%にしか満たないという。
日本人の会員がいるとしても、それは彼らの心の保険ではないのでしょうか?
死を苦しまないで乗り切る、そんな事を考えるいとまも無い位に 死の直前まで忙しい人もいるし。
何とか、もう一度再起を図りたいと思いつつ行く人もいる。
大病の中で死を選びたくても、出来ずに苦悩を抱える人もいる。
最良の死などないのかもしれない?
しかし死の制度があれば、もしもの時は その恩恵があると毎日を頑張れる人も出て来る。
私は安楽死を不遜なものだとは思ってもいません、むしろ認めてほしいと思っている。
無駄な延命治療などしないで少なくとも違法でない死の選択と言う!死に対する人間の
法の整備をしてほしいと考えています。
最後の迎え方を 自分で決める事の出来る様にしてほしい!
一見矛盾している様だが、私でも体のどこかがおかしいと思えば、急いで病院に駆け込み!
少しどこかが痛ければ薬を飲み、普段は食べ物にも 栄養にも ビタミンにも気を使い!
健康増進のためにジムに通う生活をしています。
持病の薬を手放さないし、むしろサプリも進んで取ります。
死にたければ薬を飲まずに、病気治療などしなければ良い!
ほっとけば病気になり死んでしまいます
しかし、死についての選択権と健康でいられるなら健康に生きたいと思う事は、同義語なのです。
薬を止めたら病気になって死ぬかもしれない!
そんな恐怖には耐えられず、薬は飲み続けている自分。
死にたければ、薬なんぞ飲まなければ良いのにと言う人もいますが?
そのことと安楽死では条件が違います。(そんな言い分の主張とは違うのです)
これからますます高齢化が進み、やはり条件的にはこのような事柄も考えねばなりません。
まず多くの方がこんな議案に興味を持ち、まず議論のたたき台に乗せなければなりません。
そういう意味では今回の 橋田壽賀子の書いた著書 安楽死で死なせてください。
も大いに価値があるものだと思うのです。
まだ60代半ばの自分ではありますが、迫りくる死との対決を今から考えて置きたいと!想う気持ちでいっぱいです。
まだ現役の人たちとの間にはかなりの溝があるかもしれません。
しかし、すべての人間の前に立ちはだかる大きな問題であることは確かです。
これから誰もが行く道です、ここは真摯に受け止めて議論をする必要があるのではないでしょうか?

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

日本ではタブー92歳の安楽死宣言

脚本家 橋田壽賀子の書いた著書。
安楽死で死なせてください、今世間に一石を投じる本です。

しかし以前から私の持論でもあります。(安楽死の制度を整備してほしい)
病気で沢山の人の手を煩わせたくない、家族に面倒をかけたくない。
自分で自分の行く末を想えば、どこかの時点で結論を出さねばならない事柄です。
思いっきり周りに迷惑をかけて死ぬのも一興、しかしそんな事 誰も望んだりしている訳ではない。
私の知人にも自分が動けなくなったら、たらふく酒を飲んでVXガスを吸って死んでいきたいと話した70代の男性もいる。
やはり、自分の死で 誰にも迷惑をかけたくないという意志の強い人だ。
壽賀子さんの言う誰にも迷惑をかけて死にたくない。
その時が来たら、死に方と、死ぬ時を自分で選択したいという主張は、私には良く解ります。
彼女は、一人で生きたことを完結したいと論点は明確であります。
肺がんお患い死を目前にした夫には、病名は知らせず!
肺がんでも酒もタバコも止めなかったという生きる楽しみを支え続けた人であった。
最愛の夫お看取り、夫を亡くしてから天涯孤独、だという!
なんとか自分でもがきながら生きてきた!
現在92歳、彼女が青春を過ごしたのは世界大戦真っただ中、空襲で多大な死骸を経験して、死は決して遠い存在ではなかったが!
終戦後、疎開の田舎暮らしで見た黄金色に色づく稲穂を見て!
まだ日本は死んでいない、それならこれから精一杯生きてみようと言う切っ掛けでもう一度立ち上がった。
一人で進学し日本最初の女性脚本家として今まで生きてきた。
皆さんもご存じであろう、代表作としては有名な おしん を書いた人なのです。
彼女はテレビのインタビューで言う、空襲で死んだかもしれないのに今生かされている事は私の幸せです。
今を精いっぱい生きる あきらめないで生きる生き方が、後悔をしない生き方だと。
しかし自分は世の中からいらない人間になっていく(年を取ると自分で悟れるものなのだ)
生と死の在り方は、人それぞれで良いが、死も一つの選択で良いのではないか?
最後の迎え方を自問自答する。
彼女は続ける、ドラマで書く家族愛は理想です!自分ではできそうもない事を書く。
彼女もある意味では苦悩の人であったのでしょう!テレビの特番を見ていてそう思う。
今の日本では自殺ほう助は違法です、しかし世界に目を向ければ米国にもスイスにもある。
スイスにあるデグニタスという自殺ほう助(安楽死団体)昨年17人の日本人会員がいるという!
やはり日本人の中にも選択肢を探している人間もいる事が良く解る。
長くなったので明日に続く

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

飽食の時代と糖尿病そしてダイエット

時代は飽食の時代、美食の時代である。
しかし、いつも思う事がある。
おいしいものが沢山あってお金を出せば、おいしい物や栄養価の高い物がたくさん食べられる時代になり、
人間の長い歴史の中で、おいしいものと貴重な栄養を取るにはよい時代になった。
でも、今度は反対に太りすぎと糖尿病に気を付けなければいけない時代ともなった。
なぜか矛盾した事柄が起こって来る。
日本では、すでに糖尿病になった人が1千万人。
隠れ糖尿病予備軍が1000万人いるという数字が発表された。
予備軍とは、食後1時間半以内に高血糖に陥る人の事を指す。
その対処療法は、食べ物で調整するしかないと言われている。
せっかくお金をかけて太り、おいしいものが沢山あると言うのに!
またその反動で、お金をかけてダイエットや運動をしなければならない。
世の中苦労しないで食べ物が手に入る時代に、太りすぎによる健康障害など!
究極の贅沢の極みを経験するに至っている。
経済が発展し、世界の中の1部を除いては飽食状態を経験している先進国。
神はそんな贅沢に警鐘を鳴らしているのだろうか?
なぜもっと適性が測れないのだろうか?
目下ダイエット中で、ジムに通い、筋力トレーニングと日々食べたいものを我慢している私には!
究極の自問自答をせねばならない。
こんなに食べ物が余って、捨てるぐらいの国と!(アメリカや日本)
飢餓に苦しむ国や、世界にあふれ出した難民!栄養を取れず死んでいく赤ちゃん。
もっと世界でバランスを取り、有り余るデブの国から食料の足らない国へ!
適正に食料を分かち合い、渡す方法はないのであろうか?
そんなビジネスこそ世界を救うビジネスになると思うのだが?
だがビジネスとは皮肉なもので、金のある人や国民を 飲食ビジネスでさんざん太らせ!
デブになれば、それを痩せさせるダイエットビジネスを展開し!
無駄なお金を使う事により、世界をより疲弊させる事をビジネスとして展開するのが常。
つまり如何に無駄をさせるかと言うビジネスのキーワードが浮かび上がる。
いつまで人類はそんな事に踊らされるのであろう?(無駄をよしとする風潮や無駄づかい)
いつも自分が体重計に乗る時ふとそんな考えが頭をよぎる。
便利さとは、人間をより不自由にさせるものなのだろうか?

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

クルマのパーツならバナウェイ、バイクのパーツならマラボンシティー

私のバイク、パンクさせられ修理してから少しおかしい。
いつもタイヤがマランボット(柔らかくなり空気圧が減る)もうタイヤを変えるしかない!
と!タイヤを買いに、近くにあるヤマハ・バイクの大型販売店に行った。

たぶんここならメーカー違いでもタイヤパーツ位はあるだろうと考えた。
今度はチューブレスにしたいと思い 私のバイクに合うタイヤは無いかと聞きに行った。
残念ながら私のバイクはSUZUKIでYAMAHAではない。
そこのところを説明し、メカニックにタイヤを見てもらった。
だが、このタイプのチューブレスのタイヤの在庫は、今はないと言われ!
オーダー(取り寄せる)なら2週間かかると言われた!(う~ん困った)
早くチエンジしたい、何とかならないかと聞いたら、パーツショップへ行って買ったらと!
アドバイスをもらった。(タイヤのサイズとパーツショップがどこにあるかを聞く)
教えてくれたのが!マラボンシティーの10アベニューと言う住所。
私も行くのは初めてだが、タイヤの空気圧が、少なくなっていく現実を解消するため!
地図とにらめっこで場所を頭に叩き込みバイクで出かけた。(市内を走るにはバイクに限る)
約1時間バイクを走らせてついた場所は!(モニュメント近くの場所)
両サイドの道にバイクパーツばかりを販売する店がひしめく街だった。

その中の1軒に入り 90X80-16のチューブレスのタイヤはあるかと聞いた。
1000ペソのチューブレスタイヤでインドネシア製があるという!

他の店にも入って、ローカルでは無くてブランドが良いと伝えると!
1300ペソでミシュランのバイクタイヤがあるという?
さっそく品物を見せてもらうと、少し細いタイプしかしブランドはミシュラン。
フロントとリア、2本買うがバックサイドのタイヤは少し太いのが良いとリクエスト。
フィリピンではミシュランとは言わず、ミシュリンと発音する
出てきたタイヤは、私が思っていたタイヤより、よさそうである。(価格は1400)
タイヤの付け替え料金はと聞けば100ペソだという。
さっそく付け替えてもらい家に帰ろうとすると!嫌な予感が頭をよぎった!
あのメカニック空気入れ用の管の頭(キャップ)をちゃんと付け戻したのかな?
修理屋に持っていくといつもキャップをつけて戻さない。
バイクを降りて確認すれば、やっぱり付いていない。
すぐに引き返して戻り、キャップが付いていないよ!返してくれと文句を言う。
でも修理した場所のあたりを探したが見つからない!
そこでメカニックは、代わりのキャップを探してきて無理やりつけたが!
前と後ろが違い、あまりカッコ良くないが・・・・仕方がない!(我慢するしか無い)
修理メカニックの質がほんとによくない!(注意が散漫すぎる)
これではどんな修理でも安心して任せられない。

*ここでポイント(大事な点は)メカニックと言えど、任せきりにしないで良く作業を見ていることもバイクオーナーの務めなのです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンサバイバル、こんな所にも日本人

どんな町や村そしてどんな地域を訪ねてもそこには必ず日本人がいる。
どこにいても、たくましく生きぬく日本人の姿、そんな生き方を学びたい。
ジャパンサープラスで成功されている人で、ある日本人の方とお店でお会いした。
お店はチャイナタウンの近くLRTの下を通る(アベニーダ通り)の横にあるお店。
通りはこんな感じでどこまでも続く様だ!

もう10年近くもここで商売をされているという。
アハハハハ日本ではごみ!そのゴミを売っているがよく儲かっていますよと!
楽しく笑い、話をしてくださったオーナー日本人。
よその店を見てください同じジャパンサープラスでもお客の入りが違います。
ここで商売をするにはコツがあるのですよ!私も習得に時間がかかりました。
ここの商店街のどこと比較してもらっても良いですよ、またこの地域の世話役もしていますよ!
タガログを流ちょうに話し、お店の店員とも冗談話でコミニケーションを取るご主人。
今いろいろお話があって、協会のようなものを作ろうかなんて話にもなっています。
店には日の丸の旗、確かにここだけお客さんが入りお店に活気がある。

一緒にここに来た友人に 日本人のやっているお店があると紹介されてやって来た。
ほんと日本の方って!どこにでもいるのですね!
表の台で良さそうなバッグを見つけ、100ペソにせよと値切るKさん。
ジヤンケンで勝ったら100ペソにするとジヤンケン値引きをするオーナー!
やり方もユニークだ、この階段を上ると2階ここにもたくさんの商品がある。

この場所だからできる、こんな商売の仕方もある!
あまり知られていないが、幅広く活動されているみたいですね?
こんな面白い日本人もいる、これからも長く頑張ってほしいと思います。
しかし、それぞれ人の生き方って面白いですね。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

レクトーのドロボー市場

チャイナタウンの近くLRTで降りる時はカリエドの駅から降りて歩く。
その一つ手前はドロティオホセ そのあたりの中間地点に位置する場所だ。
あまり詳しい住所は解らないが、その近辺にある1本裏の路地にある露店商達の事を指す。
昼間のせいかそんなに危ない風情はない。(昼の時間帯しかそこには出ていない)
どこから持ってくるのかスマートホンでも500ペソ。
傷があったり、古ければ200ペソと価格も半端ない。
知り合いは言う!盗んできた物も多いので、そんなものかもしれない?
また、いろんなやばいものも売っている。
顔見知りでないと売り買いも難しい?らしい!とも言われた。
その場所で写真を撮ると怒られるので!2枚だけにする。

この間ピストルも売っていたが、下手をすると売っておいてポリスに通報し!
脅されることもしばしば起こるので要注意らしい。(Kさん談)
ここでは、余分に金をかすめ取る手法がまかり通るという。
前回ターシャ(メガネザルで天然記念物)が売られていると言うので!
買いに行ったこともあったが!本当に出して来て本物を見せてもらったが!
飼育の仕方が解らないので買えなかった、しかし飼うとフィリピンでは違法で罰則が待っている。
ここには確かに何でもある!
が!!できれば近づかない方がよさそうである。
夜はカラオケ昼間は喫茶店と言う薄暗いお店に入った。

缶ジュースとミネラルウオーターを飲み、しばし友人と歓談。
扇風機だけだが中は涼しい、目が慣れてくるといろんな人が休んでいる。
おねーちゃんはどうだと?奥からオカマちゃんが声をかけてきた!
いえ!昼間からその気はないし、もう年だからそんな元気はないとお断りした。
休憩を終え、続いて色々見て回ったが、買いたいものはあまり見つからなかった。
ほんと!こんな怪しげな所もあるのだと改めて思った。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

「マーシャルロウ」戒厳令記念日に大規模な反ドゥテルテ集会

まずインテリ層からの反発で、徐々にドテルテ氏の無能がわかり始めたのであろう。
フィリピン麻薬戦争の取り締まりで超法規的な処刑が毎日メディヤで報道されています。
かつての独裁者、フェルナンド・マルコス元大統領が戒厳令を布告してから45周年記念日に当たる今日。
ドゥテルルテ大統領反対派のデモには少なくとも8000人が参加した模様です。
武装した警官が警備に当たる中、参加者たちはドゥテルテ氏が故マルコス氏と同じく暴力的で独裁主義的であると!
抗議のシュプレヒコールを繰り替えしデモ行進をした。
今回は、まず教師団体がドゥテルルテ大統領に対し9月21日の戒厳令発令日に、マニラ市のリサール公園で大規模な抗議集会を開催した。
大統領のみえみえの意向を受けて警官と軍隊の給料を2倍にするという公約を果たすため!(他の公務員は据え置き)そんな反発もあるとは思いますが?
ドテルテ氏はそれを実行するために、2018年度の予算に約200億ペソの予算を計上していますが、実現が厳しいかもしれません。
何故なら財源の確保はまだできておらず、本当に実行されるかはまだ不透明です。
自分の大統領の基盤を確立するため圧力の源流である、軍隊の給料を2倍にすると約束していましたが、12月までには間に合わず!
2018年1月から実行すると言っていますが?あくまで予定です。
フィリピンには今現在 軍は約11万3500人で警察は17万人で合計約28万3500人です。
この人数に倍の給料とボーナスを与えるにはかなりのペソが必要になりそうです。
そんな中、中国からの支援があるのでしょうか?麻薬の密輸で財源確保?と息子に麻薬疑惑がかかりました。
20日、息子で政治家のパオロ・ドゥテルテ副市長をめぐっては、中国から大量の結晶メタンフェタミンの密輸を助けている三合会(香港を拠点とする犯罪組織の総称)の構成員だとの疑惑が浮上して!
パオロ氏は今月、上院の公聴会に出席し、野党議員らの追及に対し疑惑を否定しましたが。
20日の夜、首都マニラのマラカニアン宮殿で国家公務員を前に演説したドゥテルテ大統領は、この疑惑にはっきりとは言及しなかった。
しかし、もし麻薬に関与すれば実子であろうと最も厳しい処罰を受ける事に成ると述べるに留まった。
今現在いろんな憶測がフィリピンのSNSで拡散していますので!
一度読まれるとよいかもしれません。
今日乗ったトライクドライバーでさえ、ドゥテルテは嘘つきだなんて言っていました。
テレビ報道が少しづつ政治の真実を浮き彫りにしているようです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

こんな集合体の店をのぞいてみました

通り道の空き地に出来た集合体のお店、パヨナーマーケット。
気にはなっていたので、昼時に一度覗いてみたかった!
で!!今回思い切って車を止めて、行ってみる事にした。

中に入ってみるといろいろなお店が入っている。
日本食、ピザや、ステーキ屋、パスタ店、ワイン専門店や、各国の料理屋が入っている面白そうなお店です。

その中からピザとステーキを試しに選び食べてみた!
まあ残念ながらお勧めは出来ませんが、雰囲気はとても面白いと思いました。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

今日は自分の日常風景を少し書いてみます

週に3回ほど暇なときはジムに通っています。
朝起きて、ジム用の服に 着替え、帰りの着替えのTシャツ1枚に。
水筒やプロテインタオルをリュックに詰め込んで背負って歩いて行きます。

部屋を出てエレベーター乗り場フロント玄関に立ち階段を下りて
コンドミニアムを出て左手に進みます。

ジョリビーを右に折れて道なりに進み 次のかどで左に折れます。

野外のお菓子問屋を見ながら次のかどをまた左に折れて工事中の道を進みます。

道なりに進むと次のかどを右に折れてエドウサ通りの近くライトモールの横を進みます。
まだ10時前なのでオープンしておらず中を通り抜ける事が出来ません。

ライトモールの建物を左に折れて。

エド―サのロードを右に見ながらMRTの駅下まで行き。

エレベーターに乗りえどーさ通りをまたぎます。
階段を下りてやっとでジムにたどり着きます。

MRTの橋げたの間に見えるところが私の通っているジムです。
この間約15分準備運動だと思い歩いてゆきます。
外は暑くジムに着くまでにひと汗かいてしまいますが!

これが普段なんでもないジムに行く風景です。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

究極のフィリピン人との付き合いの仕方

優しい付き合い方ははダメだ!という事を、心に刻み込まないと生きられない社会です。
もつと身分制度をしっかり確立したやり方をしないと舐められるのが本当の所でしょう。
フィリピンは身分社会または階級社会が当たり前という前提が必要です。
日本では、そんな差別をしていけない!お互いを尊重しよう!なんて事が言われるが!
ところ変われば、品変わるの例えのごとく すべての人間を同等に考えてはいけない。
特にお金に関しては人格が変わる人達と覚えてほしい。
フィリピンと言う所は、下層の人達にとっては、見えないカースト社会なのです。
それをごちゃまぜにすると、絶対うまくゆかないと思います。
女に優しい日本人は、そこの所をはき違える人が 多いので一番馬鹿を見るという。
えてして日本のやり方は日本でしか通用しない事を知るべきでしょう。
なまじ頭の回るフィリピン人は、日本人のやさしさや甘さに付け込み、雇い主が知らぬ間に悪い事をして、
自分自身で自分の首を絞める人が多い。。
貧しきものの定め、と言う物の価値感を持っている。(悲しい事だが)
はっきり言って信頼した方が悪いという事になる。
フィリピンで起業をなし、遠隔操作でコントロールが出来るなんて言うのも、完全に自身の誤解である。
痛い目に合うのがおちだと思うが、先に言われても解らないだろうから!
痛い思いを経験するとよいでしょう。(それもフィリピンと言う国の洗礼なのでしょう)
使用人には特に厳しくしなければ統率が取れません。
まず使用人には選択権を与えないのがベストチョイスです。
自分が食事をしていても使用人には食べさせないで良い、一緒のテイブルで食事など!とんでもない事である。
やさしさと規律は別物です 日本人は優しいから、食事位は一緒にすればと思うらしいが。
それこそこの国の体質にはそぐわない出来事なのです。
出かけた先でも一緒に食事をするときなど、好きなものを注文させるなんてとんでもない事。
そんなスタイルなら思い上がるだけで、一番ダメなスタイルだとおもいます。
ただでさえスマホばかりをいじる体質のフィリピン人!なのに!
インターネットのパスワードをなどを簡単に教えようものなら仕事はそっちのけで!
スマホを勝手にやりだすだけ、パスワードなど絶体教えてはならないのも鉄則の1つです。
最初フィリピンに来た時は、金持層が、使用人を奴隷のように扱うフィリピンスタイルに
違和感を 感じましたが、現在 その気持ちが良く解る様になってきました。
日本の様に当方が優しく接すれば、相手も同様に尽くしてくれる!なんてのは、大間違いの感覚です。
結果的にはそれが仇となり、制御不能となり、失敗となる事の方が多いのです。
だから、史上最悪な結果へと結びつのです、ここ10年で良く物の道理が解った私です。
やはり日本固有のやり方では、舐められて終りと言う事になります、アドバイスまで。。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

9月3日に6回目の北朝鮮の核実験

一番興味のあるのは米の先制攻撃は、あるか?ないか?戦争は始まるか?なんて!
神経質になってはならないが、しかし日本にとっては非常に困った問題ですね。
攻撃なんてもう出来ないんじゃないの?もう北は核を持ってしまっているから?
いろんな憶測が流れる今日現在、政府の対応も制裁強硬派が主流だが?
しかし今日は、日本に大型の台風がやって来た、と言うので!
ニュースでは朝から特番を組んでここ比国でも、ニュースはそれしかやっていない。
危険で大型の台風、これも大きな脅威ではあるが 今の日本ではそんなに人は死なない、
しかし核弾頭が日本に到達すれば、今言うミサイルばかりとは限らない!
北朝鮮の特殊部隊がどこかの都市の、戸建ての住宅の中に
拉致の時の様に忍び込んできて!核爆発装置を個別に配置しているとすれば!
その地域の人達は、確実に20万人くらいは死ぬ。(とてつもなく恐ろしい脅威)である。
何故なら北朝鮮は水爆までの爆破装置(ニュークリアデバイス)は完成させて持っており!
まだミサイルに搭載して打ち込むまでには至っていないというのが主流の見解だからだ!
私もまた心配はしているが、米・朝の話し合いの道はあるのだろうか?
たぶん水面下では、米・朝の 接触及び交渉は、あるに違いないと思うのだが!
ニューヨークでは目立つし(国連には北朝鮮の精鋭もいる)北京では情報が中国に漏れる。
たぶん北欧あたりのどこかで水面下の接触がなされているのであろうあろう?
今まで北朝鮮は武力による米の攻撃を極端に恐れていた!
国が(キム王国)が攻撃を受けて壊滅しない様に、との必死の交渉であったが!
1994年 以前のアメリカ大統領のビルクリントンが、攻撃を仕掛けるという間際まで行ったが!
北朝鮮との間で妥協が成立して(核開発をしないという約束で!)終わってしまった。
日本やアメリカの力で原子力発電所を作ってもらい一時は落ち着いたが!
逆に北朝鮮はそのことによりウランを手に入れて、核爆弾研究の素地を手に入れた。
それが現在20数年後、ミサイルと核実験と言うおおきな禍根を残す結果になった。
ビルクリントンの時代、空爆と言う軍事オプションで核開発を出来ないようにするという!
大きなミッションに、米国と日本の首脳は大きく傾いたが、犠牲が大きすぎると!
当時の韓国の大統領キム・エイサンに泣きつかれ断念した経緯がある。
のちにキムエイサンは回顧録であの時やっておけばよかったと書いているが今更遅い!
日本も防衛の為四の五の言わずアメリカからトマホーク(中距離ミサイル)を1000発ぐらい買い。
北に向かって配備すれば、北の攻撃で3~4百発失っても700もミサイルをピョンヤンや軍事施設に打ち込めば!
北朝鮮を壊滅させるぐらいの力にはなるし、相当な抑止力にもなる。
また非核三原則(作らず、持たず、持ち込ませず)を非核2原則にして持ち込ませず!を。
アメリカ軍に持ち込んでもらい、北に向け打ち込む用意をすれば、これも大きな抑止力となるであろう!
日本もこの大きな脅威に対抗し、法改正も辞さない構えを持つべきであろうと思う。
国民の命と財産を守るための抑止力、もっと真剣に考えなくては!

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

新しくサンフェルナンドに出来たゴルフ場

ゴルフ好きのお客さんからの情報で私も初めて知ったゴルフ場。
ビバリーカントリークラブ36ホールあるらしい。
サブでビジョンの中にある閑静なゴルフ場と言う感想を持った。
今度お客さんと一度トライしてみる事になっている。

今韓国からのゴルフツアー者が、沢山集まるこのクラーク周辺のゴルフ場。
良いゴルフ場も結構ある。
11月からのゴルフシーズンを迎え、各ゴルフ場もお客さん獲得の為!
色々なイベントを組みながら公報に打って出ている。
残念なことながら今このアンヘレスのゴルフ場は値上げ気味!
お客の集まる、今旬のゴルフ場は 価格面ではとっても強気。
日本より値段は高いので驚かれるかもしれないが、一般的にコースの割りにサービスが良くないとも言われている。
言っては何だが、韓国人のゴルファー達のマナーが、余りは良くない様だ。
中にはよい人もいるようだが、日本人のゴルファーからは、評判が悪いことも確かだ!
その点、今度出来たゴルフ場はフィリピン資本で韓国からのお客さんは少ないという!
韓国語の表記が書かれていない、ここはひょっとすると穴場かもしれない?
10月の初めに一度とトライする予定があるので、またその時に詳しい内容はお伝えします。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンへのウオーキング・ストリートお客さんは少なく暗い感じ

このフィールズアベニューの栄枯盛衰と言うか!
新陳代謝にはいつも驚かされる。
受ける側の人の入れ替わり、心持ちから。
訪ね 遊びに来る、人の心にも多くの入れ替わりがある。
久しぶりに来たという人には、ここの遊び バーのドリンクの値段や!
バーファインの高騰に目を見張る人もいれば!
タイはバカ高くなってしまった、まだここフィリピンは、まだ安いという人!
それぞれの思惑が入り乱れ、今宵もネオンの瞬きの中で、悲喜こもごも が繰り替えされる。
昔話になるが、もう幾十余年前、フィリピンの空港では 涙ながらに別れる光景があちらこちらにあった。
去り行くものにも涙、残るものにも涙の劇場があり!
ほんの数日の逢瀬にも心があつた!
しかし今、日本人とみればドリンクをせがむ、バーのダンサーにウエイトレス。
席に呼べばチョコレートを頂だいと請求され!
ほんのチョンの間で帰ると言い出す新人類が現れ!
ビジネスライクが大手を振って闊歩する界隈までになった。
しかし、お客の入りの良い店もあるが、やっぱり!枯れ木も山の賑わい。

昔のあの出会いは何だったのだろうと同年代の人はつぶやき ぼやく!
時代の移り変わりさ!
誰が ほんの数日遊びに来た旅行者を歓迎する、女が男を追っかける時代から!
金を持った男が、ダンサー(女)に気を取られ追っかける時代になった。
アンヘレスに、今度は新しくロシアンクラブまで出来た。
見目麗しいフィリピーナ達は、多く韓国人経営のカラオケに流れているし!
カラオケでは連れ出しは禁止、本人を口説けと言われる(金持って恋)
営業時間中は、外に出ることは出来ない!
ベテランはうまく交渉し、営業の始まる前に自分のホテルに呼ぶという?
また連れ出せるお店でも、もう値段はマニラ並みだという!
韓国人の商売上手には驚かされる!
時代は、フィリピンでも!
主流は もう ゴーゴーバーでは無い様だ!

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

曇り空のアンヘレス

久しぶりに神風の記念碑巡り観光のお供をした。
3名の日本人のお客様だったが2人は私と同世代、お一人は少し若いがまとめ役。
3人とも個性的な方々でした。
今まで いろんなところに行ったがこんなにまじめな観光は久しぶりだと言われる。
今までは夜の観光ばかりで昼間がない(笑)
でも戦争について今は日本全体に危機感がある。
北朝鮮のミサイルと核問題だ、あまり真剣に思っているわけではないが!
北朝鮮をあまり締め付けて、万が一にも暴発されてはたまらない。
昔 日本も10倍もの国力の差があるアメリカに石油を止められて戦争に至った経緯がある。
窮鼠猫を噛むの 例えもあるから、たとえ理不尽でも話し合いのカードは持たねばならない。
日本が歩んだ間違いは、多くの犠牲者を出す悲惨な戦争だった。
それがたとえ北朝鮮の国民であろうと、そんな経験をさせてはいけないのではないか?
人道的にはそう思う、戦争の記念碑を回り改めて300万の英霊に思いをはせる。
若い青春が大空に消えた特攻隊の兵士を想い、線香に火をともし、お供えをある施設博物館でした。
しかし今回は史実とは少し離れたフィリピンの国民感情、そして敵対したアメリカ人の心根に触れるモニュメントにも足を向けた。
そこには日本兵の残忍さが留められたモニュメントである。
写真をと思ったが 今回はやめておく、ぜひそんな記念碑廻りもアンへに来られたら!
ぜひやってほしいものだ。
明日はゴルフと夜の観光をレポートする。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンに戻ってきました

日本に帰るたびいろんな気づきや新しい事が起こっています。
まあ成熟した社会とでも言いましょうか?
時代背景的に最先端を切り開くとでも言いましょうか?
フィリピンからするとアナログとデジタルくらい違う環境が そこにはあります。
今や不動産業もITだよりで、住所や物件をコンピュータに入力すれば!
資産価値から市場価値までコンピューターがはじき出します。
専門の鑑定士など人力は、もはや不必要で 、後は市場調査や客探し人間関係が!
セールスマンの実力と言ったところでしょうか。
進歩は、目を見張るほど進んでいます(そのシステムを作る所が一番儲けている様です)
くだらない人間の力など、もう淘汰が始まっているようですね。
もうアナログな私など日本の現場には、必要としない様です。
もうとうに文句たれ爺の仲間入りで、お飾りになり果てていることを実感しました。
まあ若い世代に任せて隠居が一番良い事は、ずいぶん前から感じてはいましたが!
昔の栄光にしがみつくのは、そろそろやめにしなくてはならない様です。
でも、しかし残念ながらフィリピンは、まだまだ経験値が不足し!
総合的に人の力不足が前面に出てしまつているのが現状です。
だからこそ、フィリピンならまだ 私にも何とかやれそうな事がありそうです。
少し欲が出て来ています。
でも もうすぐ このITの波はフィリピンにもやって来るでしょう。
一部の頭の良い企業は経験値に頼らない仕様が出て来はじめています。
特に大都市マニラはあと5年位で大きく変わっていくに違いありません。
なんて事を飛行機の機内で考えながら戻ってきました。
今フィリピンで 何かしようなんて考えている人は、出るなら今しかないでしょう?
東京都も2019年までには禁煙条例を制度化する模様です。
しかし マニラはもうすでに禁煙都市に変わっています。(外形だけ取り入れるのは早いかもしれません)
でも変わらないのは人の心、その部分だけが大きく立ち遅れているようです。
ITが進化する分だけ人間が取り残されていく。
そんな感じがしてならない今回の帰国でした。
どうも、自分の思う理想郷とはずいぶん違った社会になる様ですね。
そんな気がする。

ウッドベルトラベル Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

テスラ名古屋に行ってきた

少し前の話になるが名古屋に帰り、以前ブログで書いたので!
気になっていたテスラの名古屋支店に行ってきた。
約1週間前の話である、名古屋支店は吹き上げ公園の近くにある。

もう!これから車は電気自動車の時代、排ガスをまき散らすガソリンエンジンの時代は。
遠からず終わっていくであろう?地球エコの時代に入りつつある。
つい最近まで無名であったテスラ自動車、時代の波に乗って大躍進を遂げている。
私が見た車は2車種、日本に在庫があり即納できるとのこと。

しかし残念ながら価格は1台1200万円 ちょつと営業車としては手が届かない。
だが40000キロ以内で4年乗ったとしても買取保証があるという。
話を要約すれば、約1年に10000キロ以内で4年使用したものなら売値の48%で引き取ってくれるという!
走行距離の制約はあるにしても、1千万円で買えば4年乗って480万で下取りしてくれる保証が付いているらしい?年償却費が年100万円で乗れる。
なんだか買いたくなるアプローチだ! 早速メールも来た

鈴木 様
昨日はご来場いただき、ありがとうございました。
ご対応致しました、伊藤雅宜です。
今回は、御試乗のご案内と低金利キャンペーンのご案内をさせていただきたく、
ご連絡差し上げました。

テスラ名古屋
所在地:愛知県名古屋市千種区千種3-35-13
営業時間:平日10時~19時  土日祝日10時~18時 電話:080-8018-9941
今回はキャンペーンのお知らせ・クリアランスセール特別低金利0.1%!
【期間】 8/30(木)→9/13(水)→9/17(日)まで延長決定!!
【条件】・お支払い期間(4年~5年)・買取保証つき
【テスラ費用面でお得なところ】
・ガソリン代がお安くなります。
・補助金40万円対象です
・自動車税が年額29,500円(東京都、愛知県は5年間0円)です。
・購入時の重量税・取得税が0円です。
・買取保証があり残価が高い
・法人様のご契約であればグリーン投資減税があり節税効果が見込める。
未来を先取りし、将来自動運転車にもそのまま変更可能と言われた車!

ぜひ乗ってみたいと予約を入れたがもうフィリピンに帰る日時になってしまい!
また今度日本帰国時に挑戦してみたい。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピンへ帰国する間近に別荘へのお誘い

なかなか予定道理に事は進まない、また新たに野暮用が入り大慌てだった!
そのせいでブログも一日空いてしまった!(かなりお疲れでした!)
別荘を新たに購入した義兄からの誘いに、こんなことはそうめったにある事ではないので!
帰国を明日に控えた忙しい時ではあつたが行ってきた。
岐阜県の山 奥洞(ほらど)と言う地域にある 山間の保養地にある 別荘でした。
山間の清流のきれいな(板取川)沿いにある、閑静な別荘にお邪魔した。
近くにキャンプ場や、私設バンガローが点在する地域でもありました。
川に生息するアユのコースをせせらぎを聞きながら食べ、また天然の温泉も近くに沸き出ていたので、そんな温泉に入り楽しんできました。
訪ねた別荘は、想わぬほど建物もきれい修繕され、設備も充実していたので1日楽しく遊ぶ事が出来ました。
最初聞いたモネの池?(意味不明ではあつたが)画家のモネが書いたの絵のような風景がそこにはあつた。

小規模な池ながら、各地から観光客も集まるほどの賑わいであった。
そして青々と立ち尽くす杉の雄大な姿、この変形の巨木にも驚いたが、今やここも観光名所になっているそうだ!

明日にはフィリピンに帰国します。
移動日であり、マニラに夜中に着くのでまた明日ブログを書けるかどうかは解りませんが
沢山のお土産を持って帰国します。
また帰国後マニラのよしなしごとを綴ってまいります。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

人材制度の欠陥(国策としての制度と外国人労働者)

人材を必要とする所が→仲介組織に相談、その業者が→海外で募集
採用された人は→研修費や、渡航費を仲介組織に支払い→日本にやって来る。
しかし多くの研修生らは、来る前から日本円で約60万円程度の借金を抱えてしまいます。
そういった制約の中で、職場を選べず 3年間の間は、原則帰国が許されない状況に追い込まれ!
一旦職場が決まれば欠陥会社でも、よその会社に移る事さえも出来ない状態だと言う。
研修費や渡航費の前借で職場を選べない人は、低賃金でも長時間労働でも我慢しなければならないのです。
(逃げる人のベースがあるので激増する事が予想される)
それでも大半は良い職場に恵まれて、自国で働くより3倍から4倍もの給料をもらい?
衣食住を支給され、満足している人もいるが!受け入れ先は良い所ばかりとは限らない。
また初めから逃走を計画する人や、逃げるための機関として制度を悪用する人もいる。
前にも書いた様に今年の11月から制度が変わり、期間が3年から~最長5年に延長され。
雇用枠も(人数)は2倍に膨れ上り、人権侵害がますます増える事になるかもしれない?
ましてやフィリピンなどからの研修生はもともとコツコツとした積み上げ努力が苦手な人が多いし、逃走者の一番出る国です。
それでなくともフィリピン人(女性)の間では結婚相手が一番見つかりやすい国は、日本だと言われています。(目指すは3食昼寝付き?)
技能修習生は、技術や学んだことを自国に持ち帰る人であり、技術を磨き自国を豊かにする人達でなければなりません。
なのに 技能収得とは、縁遠く きつい、汚い、危険な所でのみ働かせようとして!
日本人より安く使える人と言う位置づけが 外国人労働者の真の実態であろうかと思うのです。
そのくせ、2007年まであったフィリピン人への芸能ビザについては実質3か月しか発行されない。
名古屋、東京ではいまだ1人も降りません。(どこか変ではないですか?)
飲んで歌って接客をするフィリピーナの天性を生かした仕事は、いまだ解放されないなんて!
今後 人手不足で若い力が不足すると叫ばれる国、日本で!
欠かす事の出来なくなってしまった若い外国人労働者の力の活用!
劣悪な労働環境が改善されなければ、日本で働きたいという外国の若者が今後いなくなる。
労働ビザと言う短期の仕事ビザは、必ず国に帰るという条件でもっと開放しても良いと思うのだが?
いかがなものであろうか?もうすでに外国人が珍しくなくなってしまつた国、日本。
観光ビザで多くの外国人を受け入れる国になり観光業を発展させなければならない国です。
誰もが来て楽しんで帰る国にしなければ、老人問題に過疎の地域 地方活性など夢のまた夢。
受け入れが出来なければ、安く老人を人手のある国へ移動させることも一つの国策としてやればよいのではないかと思う?
若い人の手が多く、ホスピタリティも良く、個人プレーの出来る国や地域に施設を作り。
暖かい国外の温泉地域に日本人の施設養護老人ホームを作るのはどうでしょうか?
武器弾薬を援助するより若者の働く場所を創設し貧困を少しでも改善していく事の方が望まれるのでは?
温かい自然地で日本の老人を介護した方がよほど安くつくと思えるのですが?
2050年までこんな政策も考えてみたらどうでしょう?

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

日本に帰り気付いたこと(外国人労働者)

日本に帰り結構有名な「すき家」と言う牛丼のチエーン店がある。
最近うな牛定食と言うのがありそれを食べた、味も良く値段も安い980円だったかな?
日本の中にあるので 味は、どこに行っても はずれはない。
しかし、中で働く人は、ベトナム人や中国人である場合が多い。
たいていは留学生のアルバイトと言うのが 今では多いらしいが?
そういえば 町を歩いても、いたるところですれ違う人は、日本語ではない声で話している。
私が知っているのは2007年まで、それからはあまり日本には帰っていないので!
外国人が多く増えたので、その推移はどうだったかを少し探ってみた。
2008年の(50万人)から昨年の2016年では(108万人)と毎年右肩上がりに!
伸びてきたようで!
出入国を管理する入国管理局の在留者カードからその推移を見てみた。
日本で働く人の数、その内、さも優遇されているのは特殊技能を持ち医療ビジネスなどの分野で働く在留資格を持つ人が20万人
身分に基づく在留資格者が・41万人(これは国際結婚などによる資格者)
資格外活動者が・・・・・・24万人(主に留学生など)
そして技能修習生が・・・・21万人(その他8万人と言う内訳であった)
しかし人手不足が顕著化する日本では、いよいよ転換の時を迎えている。
しかし私の言うのは、悪い方に転換するのではないかと懸念している。
特に最近この技能実習生についてのレポートが出された。
職場環境に絶望し、勤め先から逃げ出す外国人技能実習生が年間5000人以上。
それに米国務省が作成する人身取引報告書によれば日本の技能実習制度で働くアジアの人々が強制労働の状態に置かれていると報告されている。
日本の入国管理官につかまる不法滞在となった人達からの話で解った、日本での過酷な労働の実態や賃金不払いの実態。
いったい今日本で何が起こっているのであろうか?
日本の技能修習生の招聘に関する日本の抱える深刻な制度の歪みや 闇早く解消されることを望む。
来る2017年11月から技能実習性の制度が大きく変わる時にあたり。
私の住むフィリピンからも多くのメイド(調理育児労働者)が送り出されると聞いているし。
そして介護士やヘルパー建築関係の労働者などの職種で多くの募集がなされているが?
私はこの制度に大いに疑問がある。
何故なら、どうもこの制度は外国人を安く使うという目的だけで作られている様な気がしてならないからだ!
(日本人が嫌がる職種や、3K職場、時間外の残業を強いられる)
そういった目的だけでは、これから人口が減る日本では、2020年までは 良いかもしれないが!
景気後退や人口低下、老人増加の社会では、もっと抜本的な改革を目指さないと乗り切れないような気がするのだが!
どうだろう?二三問題を提起してみたいと思う。つづく

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

日本の超人気のテレビドラマ「安らぎの里」から一言

年の差婚について!
ドラマ内では80歳以上の元俳優とスタッフの30代の女性、70歳以上の元女優とスタッフの50歳前男性の恋が描かれ!
40~30歳くらい年の離れた人との結びつきや、これからどうなるというロマンとワクワクの話題が展開描かれている。
でもテレビドラマはドラマ、現実とはかなり差がある。
死ぬまで介護もすると心に秘め、プラトニックが前面に出ている女性の決意が素晴らしいが!
現実の問題としてはそう うまくは いかないだろう?
特にフィリピンでは、そんな話をよく聞く 現実に結婚した55過ぎの男性と20過ぎの女性が、今多く 人生の中で行き詰まっている。
若い綺麗なフィリピンの奥さん貰って、羨ましがられる人生から、たった3~5年で苦悩の人生に落ちていく。
またピンパブで知り合い、日本の奥さんと子供を残し飛び込んだフィリピンで!
金の切れ目が縁の切れ目となった20~30の年下の女性を追いかけた人(恋に落ちた日本の男性)
フィリピンで結婚し日本に帰り、自分の子を作ったのは良いけれど!
寄る年波に男性機能は衰え もうお爺さんだからできないよ!なんて言う人の結末とは!
老いて行く自分の面倒を見てもらう為に涙ぐましい努力をするが、嫁に家や年金を与え、連れ子にも国籍と権利を与える。
そんな人が多い、でもまだ自分の子供は小学生、若い奥さんだから大変ですね!などと周りから言われる。
そんな努力や苦労をしていても、若い奥さんは、新しい彼氏を作り平然としている!
言い訳は、愛してはいるけど出来ないお爺さん(パパ)とは離婚するしかない なんて言うらしい。
言葉を覚え自己主張をする、でもどうするの?若い奥さんは無いとストレスで困るんだって?・・そんな馬鹿な!
その旦那さんが身体的に老化で夜が出来なくなったら、出来る人を要望するフィリピン人、ほんと色きちがいの発想だよね!
私だったら言うね!俺が死ぬまで我慢して、自分で処理しなさい!手伝ってやると!
フィリピンでは、高齢外国人と結婚しているパートナーが 夜のベットで役に立たないと!
他の代役を求めるのが普通だって?いい加減バカも休み休み言え!
それを正当化して老いている旦那に詰め寄り彼氏を作る事への 合意を要求するらしい?
でも、アメリカじゃ こんな事は離婚訴訟(何もなしでたたきだす)対象になるみたいだ?
この現象を最初から理解していれば、何かしらの対抗措置や法律などでの取り決め等も 最初に契約事として出てこなければおかしい。
高年齢で若い外国人女性と結婚する人は、孤独死に成りたく無い為の最後の悪あがきか?
諸外国でも高齢者の人とピナとの離婚率の高さはかなり高いと言われており。
25~30才もの年齢差での結婚を狙っている諸氏は特にご注意を!
貴方が50歳で彼女は20歳 現時点では30歳の歳の差、ナイスなカップルかもしれない。
でも 10年後~15年後も見据えてください70歳と40歳では要求にこたえられないですよ!

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

パオロ・ドゥテルテ副市長

やっと世論(公的圧力)に押された形で聴聞会の出席には応じる模様。

フィリピン議会上院のブルー・リボン委員会、別名は、無罪委員会だとドゥテルテ政権を追及する野党のアントニオ・トリラネス4世上院議員は言いました。(実にうまい事を言うと座布団1枚差し上げたい)
64億ペソの麻薬密輸に関連した税関局 に対する汚職疑惑で、「ダバオ・グループ」と称される組織に関係があるのではないか ?として!
ドゥテルテ大統領の息子のダバオ市パオロ・ドゥテルテ副市長とドゥテルテ大統領の娘ダバオ市のサラ・ドゥテルテ市長
そして市長の夫、弁護士のマンス・カルピオ氏を召喚する事を決定しました。

聴聞会は9月7日に開催されます(新聞掲載からの抜粋)
あまり聴聞会のテレビを見ていてもつまらない!
面白いのは罵倒しあう喧嘩の場面くらいしかありませんでした。(失礼)
でも、話を聞いていても のらりくらりと言い訳ばかりに終始した話で 確信とは程遠い話ばかりです。
ブルー・リボン委員会の聴聞で証人の 税関仲介業者のマーク・タグバ氏が!
自らの証言を取消して謝罪した事により(意味が解らん)ゴードン委員長は聴聞会の終わりを図ろうとしましたが!
トリラネス4世上院議員は納得せず、ゴードン委員長と、掴み合いの喧嘩になる寸前の!
口論になっていました。(SNSで送って来た、テレビ中継を見て)
この聴聞委員のティト・ソット3世上院議員は、3人を召喚するには確たる証拠が必要だと擁護しているので!

トリラネス4世上院議員は声を荒げて、ティト・ソット3世上院議員とゴードン委員長は、パオロ・ドゥテルテ副市長と マンス・カルピオ氏の「弁護士だ」とののしりました。
この激しい追及に、激怒したゴードン委員長は、委員会を侮辱した罪でトリラネス4世上院議員を倫理委員会に告訴すると言いだしました。
また、見え見えでゴードン委員長は、この騒動の後の記者会見で、ドゥテルテ大統領の息子や親戚でも!
いかなる捜査(NBIや警察、委員会の聴聞)も免れるべきではないと言いました。
当たり前でしょフィリピン初来の高額金額64億ペソの麻薬密輸事件、少しでも疑いがあれば話を聞くのは当然のことと思います。
しかし、ドゥテルテ大統領は、トリラネス4世上院議員に対して、彼の言動は、政治的なISISだなどと述べ!
彼の主張には確たる証拠がないと非難しました。
大統領の声明としては、まるで大罪にはメスが入らないような言動ですね!

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

日本の警察を基準に考えてみれば、いかに腐敗が根深いか?

私がもっとも気になっているのは、フィリピン警察の捜査システムです。、
警察への賄賂や、事件の握りつぶしなどの不祥事はいずれ発覚しそうなものである。
ところが、現地ではいっこうに明るみに出ないなぜだろう?その点が一番の問題点です。
フィリピンの警察が自白や目撃証言といった「人の言葉」に重きを置いていることが問題で!
科学捜査の不徹底、証拠品の採用基準の甘さ、警官の意志の低さなどが問題となるのではないかと考えている。
人の言葉など警察の圧力でいかようにでもなるし、証拠となる自白や目撃証言とて例外ではない。(日本でも多くの冤罪がここから生まれている)
一方、科学捜査はほとんど浸透していないし、それにともない物証も重要とされていない。(それに費やす予算がない)
だから、警察の都合でシロがクロになるし、クロがシロになるこれがフィリピンの捜査の現実である。
この点についてはフィリピン警察も同意し、それは問題だと言ったが、同時にもうひとつ別の視点を日本人の元警察官は提示してくれた。
むしろ密告強要が犯罪ではなく、当たり前のこととして行われていることが問題なのではないかというのだ。
密告者が存在することよりも、それが捜査の前提に組み入れられてしまっていることが問題で!
フィリピンの警察や社会が、未発達の発展途上であることを証明しているようなものだ!ということだ。
日本では、あくまで警察の自力の捜査が前提としてあり、そのなかで、密告があればなおよし、というところだろう!
一方、フィリピンでは「まず密告ありき」で、警察が密告に頼っているのだ、それ以外の捜査の方法がない。
そもそも密告そのものが信頼できるかどうかを判断するには、基礎的な捜査が必要だろうし、密告は、あくまで捜査の「裏付け」であるべきだ。
ところが、密告そのものが先に来てしまえば、真偽そのものは二の次になってしまうゆえに、「冤罪」が次々に生まれてしまうのだ。
捜査について、だけ ではない、フィリピン社会の今後に対する 外国人の見方はさらにシビアなものだ。
汚職そのものや ギャング組織を完全に撲滅することはできない、特に麻薬を扱う犯罪組織は大統領の予想よりも力が強く政府内にもその影響力が多くある。
そうした組織の根は深いところに張られているので、弱まることがあっても なくなることはまずないのだと思う。
フィリピン社会を貧困社会スラムとして=悪者・・・警察=社会正義という目で見てしまいがちな日本人や日本人の社会通念に!
どこまで私の見聞きした麻薬戦争問題は、問題提起を促せるのだろうか?はなはだ疑問なのです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

麻薬は一般的なアイテムでどこにでもある

そのときに活躍したのは、大統領の私軍的な「ダバオ・デス・スクワット」ダバオの死の部隊と命名されている。
指揮命令系統や浄化作戦に対する姿勢が、マニラの警察官たちとはまったく異なる私兵化された人達であったという!
ドゥテルテ氏にとっては 政敵や、邪魔者も同時に消す事が出来たとも言われている。
もし、大統領や国民がダバオと同じことを期待していたのだとしたら、それは誤りだった とも言えるのではないだろうか?
国際的な国の安全と言う意味では、前政権よりかなり後退していると思える。
麻薬撲滅作戦のキモとなるはずの警察組織自体の腐敗があまりに根深いため、作戦が大統領の思惑通りのストーリーに進まなかったというのが、私なりの見方である。
では、フィリピン国内では、この問題がどのように見えているのか。
普通フィリピンのスラムでは、麻薬やシャブなどは、通常どこにでもあるもので、すぐそばのサリサリ・ストアでも売っている物 タバコと同じ種類の物である。
麻薬販売、といっても生活の為であって、大きな利益を得ているわけではない。
家族の生活手段の一部として売っているあたり前の商品、今回何者かに密告されて警察に逮捕、連行される途中で抵抗したために殺された。
そんな報告の警察とは、違う証言者が出たために一大問題に発展するという事件も起きた。
その殺され方が、悪い事をした者は捕まえ 刑務所に入れ、その背後関係が捜査されて裁判で正当な判断が下されるべきで!
捕まえたら見せしめのような処刑ではたまらないと、メデアや人権団体が家族を巻き込んで告訴をして、警察と一般市民の間で裁判が始まっている。(テレビ放送を見れば一目瞭然)
警官に相談したら、多額の賄賂を要求されたり、報奨金目当てや警官のポジションアップの為、罪の疑いをかけられた人は、その場で撃ち殺されてしまうべきではないと!
ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅戦争に対し異議が出始めている、やっとフィリピンの国民も気が付き始めているのかな?
麻薬の小商いは、フィリピンでは実際に見聞きできる“ありふれた”状況であり、そこには、正義も悪もない。
必要とする人がいて売り買いが成立している ただそれだけの現象だ。(供給する金持ちシンジゲートはいまだ何も摘発されていない)
マニラに船で麻薬を密輸をしていると疑いをかけられた人達がテレビで追及されているところを見たが(ドゥテルテの息子の名前も挙がっている)
また、検閲の役人の責任者、船のオーナーといった登場人物からは、知らぬ!存ぜぬ!と言う話ばかりで金持ち優遇で責任の所在が分からぬまま中継は中断して事実は闇の中。
麻薬撲滅作戦の現場で「いま」何も問題解決になっていない物語がテレビで放映されている。
中国からの船で密輸麻薬が発見されて、あまりにリアルな名前が出て来るので テレビの内容や実際に起きた事が気になりフィリピン人に、テレビの話を聞いてどう思ってか聞いてみた。
でも現実は、現政権下だけではなく、ずいぶん以前から負の遺産として長年続いた政権の闇として起きている事だという。
ドゥテルテ大統領が問題視したように、以前から麻薬の問題が蔓延していたことは間違いないようだ。
マニラを代表する貧困のスラム街トンド地区の住人にしても、「ドラッグを見たことあるか?」と質問すれば!
知り合いが持っているなどと、日常ドラッグが流通していることをほのめかしている、それほどまでに麻薬は一般的なアイテムとなっていたのだ。
見知らぬ外国人の私にでも、麻薬に関してペラペラと話してくれる人は多いというのが現状で!
地元の人間であれば、ドラッグがそれほど遠い存在ではないことが証明される。
私たちは 普段麻薬に触れることはない、だが 麻薬を題材に話をすれば、すぐに手にすることができるほど身近なものとして存在しているという事なのだ。

つづく

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

ドゥテルテ大統領が麻薬撲滅に乗り出した

フィリピンの警察の姿勢が変わった!
次から次へと麻薬関連の犯罪者を撃ち殺す取り締まりを 警察の組織がらみで始めた。
警官が心を入れ替えた?というわけではない、組織や身の安全を確立するためだ。
大統領側が、何らかのメリットの為、犯罪者をかばうようなものがいれば、それが警察とはいえ容赦しない。
という表面上の姿勢をみせたからです。
現場の警官たちは、自分たちの悪事を知っている人間が邪魔になり、麻薬取り締まりの名目で、これまでの協力者たちを次々と殺害しているというのが本当のところだと言われています。
中には、これまでの自分の罪を見逃してもらうために、上司に積極的に犯人を密告して身代わりにして殺したり。
殺し屋に 都合の悪い相手の殺しを、委託した警察官もいたらしいなどと言う噂も出ている。
なので!警察官があいつを殺したとか?あいつは警察に密告されて殺された!
などの 話が多くの殺人現場や麻薬取り締まり現場で聞かれたという。
つい最近は、報奨金目当てで17歳の少年を殺したと裁判にもなっている。
フィリピンの麻薬戦争では、密告により無実の人間が殺されたり一般の民間人が多く 投獄されたりしているとも言われている。
またそんな中には麻薬とは関係ないのに警察にとって都合が悪いと殺されてしまったというような証言もあった。
麻薬取引とは関係なくても、ギャングだという疑いだけで撃ち殺されている人達もいる。
そうした人達が、大勢撃ち殺されており!麻薬取り締まり警官や狙撃スワットは 怖いという市民も大勢いる。
一応麻薬犯罪にメスは入ったものの、それは末端の人間や麻薬組織の人間を殺害したり、微罪者を逮捕しただけに止まり。
なかには直接関係ない人も含まれていて、抜本的な麻薬犯罪のシステムを崩壊させた訳でもなければ 常用者の治療や救済措置などが整えられたわけでもない。
単に警察にとって邪魔だった人々や 麻薬常習者と取り巻き、そして間違えて殺された人も含めて8000人が射殺されて、約8万人逮捕されただけなのかもしれない。
はたしてこの成果は、ヒーロー大統領に期待して投票した国民の本当の願いだったのだろうか?
少なくとも国民の多くは、フィリピンが もう少し違った 良い方向に変わると信じていたのではないだろうか。
かってドゥテルテ大統領は、ミンダナオ島のダバオ市長として辣腕を振るい、浄化作戦を直接指示した。
結果、ダバオはフィリピンでも屈指の安全な街と呼ばれるようになったという逸話に基づいている。

つづく

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

いまさらながらフィリピン「麻薬戦争」に思う

フィリピンのスラム街や地方の町で、次々と人が殺害されている。
殺されているのは麻薬の密売人や中毒者と発表されているが!
その数はいままでに8000人以上にも及んでいるという。(逮捕者数は8万人以上)
麻薬取り締まりの強化、撲滅作戦を開始したのは、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領である。
過激な選挙公約者でもあった 彼が、2016年6月に大統領に就任すると、麻薬取引を撲滅するため、犯罪者を一掃すると作戦を展開し始めた。
人権を無視したかのような捜査と過激な発言で死者数は増え続け、海外の人権団体から非難を受け続ける羽目にもなっている。
しかし高い支持率を背景に、大統領は作戦を継続しその結果、死者数が増えただけでなく、約8万人の逮捕者が出て刑務所も満杯となっている。
フィリピンで何が起きているのか?この中国寄りの思想家で現大統領の政策に、世界中の人やメディアの注目が集まっている。
フィリピンで いったいなにが起きているのか?フィリピンの「いま」を 自分で見て感じた事をこの機会に書こうと思っている。
私がフィリピンに移り住んで一番思う事は大きな格差があり、善と悪二元論では語れない国それがフィリピンだという事です。
フィリピンで生活をして、時々垣間見る現地の貧困層の人達との交流を通して世相と言う思いを重ねてきた。
いわゆる表面的なニュースなどで語られている現地の姿と、実際のモンスターフィリピンと言う物との食い違いを多く感じている。
私としては、まずニュースでは、一応政府側が正義である前提で報じられているのが腹立たしい!
フィリピンはそう単純な社会ではない!
警察や政府が正義で、麻薬を扱う人が悪であるという、テレビドラマのようなシュチエーションは成立しません。
フィリピンの抱えている大きな問題のひとつは、麻薬の蔓延であるとは 私も知っています。
しかし同時に社会悪の、役人や警察の腐敗もまた同時に挙げられる事柄です。(もちろん大統領府やフィリピン議会も同じである)
フィリピン市民に警察について質問すると、「あいつらは腐ってるよ」と大半の人が返してくる。
身近な人で、たいてい誰に聞いても警察官の良い評判を耳にしたことはありません。
つづく

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ