ウッドベルツアーズ

過去のブログ すずめの涙 マスターの独り言

ジレンマ

なかなか物事がうまく運ばないジレンマに襲われている。
仕事は次々に舞い込むが、手お付けるのが恐ろしい!
人それぞれの要望に、自分が付いていけないジレンマに襲われる。
こんなヨチヨチ歩きの会社でも(始めたばかりで素人同然)でも頼む相手は!
プロだと思っている、言い訳はきかぬ!
ハロウィンや、なんかのイベントや感謝祭 又はお祭り、特別の時期と重なれば!
地方も、ホテルなどの値段が極端に上がるなど フィリピンの事情にも無頓着だった!
高止まりするホテルの事情など、何も考えていない!・・・!
ホテル何て!すぐ取れるものだと思っていた!
あるいみでフィリピンの事情をなめていた!
繁盛期に5室のルーム(部屋)を同じホテルで取る事は至難の業!
妥協を重ねても見つからないなんて!(今までとは異なる考え方をしないといけない)
すぐ フルブッキングになるなんて考えてもいない!おっとり型の自分がいる。
お金なら不自由しないくらいに使える。(なんで人の為に奉仕しなければならない)
今まで自分流で生きてきた、人の都合で振り回される仕事を始めるなんて!
どうかしているとしか考えられない?(後悔先に立たず!)
回りの事情に無頓着で自分流を通して来た私が、相手に合わせるなんて!
信じられないが、サービス業 ましてや 旅行会社なんて!(不向きかもしれない)
自分で経験してみて初めて分かることもしばしば、それでは遅いが!
この年で知らぬ畑で!起業するとこうなるという見本みたいなものだ!
以前の食堂なら少しばかりは経験もある、しかし相手の機嫌もうかがわねばならない!
この仕事、忙しくなればなるほど辞めてしまいたいと思うようになってしまった。
本当はお金だけ提供して相談役かなんかでいればよいなんて思っていた!
共同経営者がすぐに止めてしまった、残ったのは私ともう一人と名前だけ。
名前を提供したからには、これではいけないと奮起し 自分で始めたものの!
もう一人からは造反されて、今は行き場のない従業員と私だけ。
何とか立て直さねばと奮起はしたが、自分のふがいなさにほとほとあきれる!
旅行業者としては 経験が足りなさすぎ、力もないのに手を広げすぎだし!
あれ これ やれば儲かると 捕らぬ狸の皮算用で、知らないことまで手を広げ!
お客に迷惑をかける、これでは信用丸つぶれ!
まだ大事に至らなかったので不幸中の幸い、今後気を付けなければ!
まだ 自分のテリトリー内での地道な仕事に切り替えようと皆で話し合う。
まず、助っ人の助けを借りて!
このパンパンガアンヘレスのテリトリーでしっかり頑張る事で知名度を上げる努力をする。
知らぬ土地までのカバーは、送りと ピックアップだけにして。
自分の土地勘が働き、物事にすぐ対処できる様な精通した場所に限り案内しよう!
そんな風に決まった、少しづつだが経験を真摯に積み重ねる事をまずやろう!
まずはここからスタートしよう。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

初めて知った旅行業の難しさ

ここ2-3日アンヘレスを舞台にしてではなく、土地勘のないバギオに来ている。
初めての地元を離れた観光案内である。
それも、ハロインと重なりホテルブッキングは、2週間前では!
泊まった経験のある良いとされる上位ホテルは軒並みfull booking(満室表示)。
トリバゴで上位口コミ評判のホテルで採ったが、お客様には2流ホテルかと言われてしまった。
良いと言われるホテルでも、やはり泊まった事の無いホテルを進めるのは、やめるべきだった。
また土地勘のなさゆえに道を間違え 地図だけでは、その土地どちの 交通ルールがあり!
一方通行が多いので、日本人ドライバーも困惑気味。(かえってまずい時もある)
フィリピンの道路はその土地の慣れたフィリピン人ドライバーの方が良い時もある。
日本人が良いとばかりは言えない現実を思い知らされた。
道を間違え、予定のコースから外れ、少し離れた温泉にも行けず!
バギオ市内に入ってしまった、市内は渋滞がひどく知った道以外移動が難しい。
やはり初めて、行く観光場所は難しい!
ましてや夜の観光はアンヘレスとは違う。
ルールも違えば対応も違う。
フィリピンは、どこも同じ様だと考えるのは危険であつた。
以前行ったときは同じところもあり!次回の為にメモをしておいたが!
また久しぶりに行ったところは、ルールも様変わりしていた。
多分どれも期待に沿えない案内ばかりであったと思う。
旅行業者として初めて迎えた5~7名様の団体さんは個性もあって非常に対応が難しい。
個人業として、大勢のお客様で初めての案内は不備ばかりが目立つ。
こんな体たらくな仕事では、これではもう2度と予約は入らないだろう。
地元を離れた案内がこれほど難しいとは思わなかった、にわか旅行会社の初体験であり。
大失敗のもとである、これは心してかからねばならぬ。
ここのところ苦い経験が続く。
一部面白い所もあったが、それはまたこの仕事が落着して。
少し時間に余裕が出来たらまた書き始める。
他のお客様に迷惑が掛からぬように、気持ちを切り替えて臨みたい。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

前回の大型台風が去って、まだわずかしかたっていないのに!

フィリピン近海の海上でまた台風が発生した。
その台風がまた日本を襲いそうだとニュース(NHK)でやっていた。
前回の台風で来比をあきらめたお客さんもいたが!
今回もまた大きい被害にならないようにと願っている。
旅行業にキャンセルはつきものだが、当日キャンセルとなると!
前日には配車予定とサービス人材を決定し先渡し金を払ってしまうので!
当日のキャンセルは痛い、フィリピンは すべて先払いでしか動かない。
後払いなんて融通は聞かないのがフィリピン社会。
会社同士でも、全ての人が人を信用している訳ではない!
商取引でも基本は相手を信じない事から始まる。
小切手なども個人信用度は低いので、なかなか受け取ってはくれない。
信用していますと言えど、長年フィリピンにいると!
そんな人間関係がやっと解る様になって来た。
まあ当社も先払い振り込みをいただくのを常としているので、実害はないが!
当日 断念される方の痛い気持ちも良く解るので!
自然の猛威によるキャンセルやのっぴきならない事情がありキャンセルされた方には。
次回の分でお返しをするという方法を取っています。
次回の仕事を、前回の料金の約50%(の返金同様)引きで請け負うという事です。
そんな方法でお返しをするというやり方で対処しています。
台風や暴風雨、まだ人間の力では防ぎきれない自然の猛威の中では!
人は弱いものだと思います。
旅行に際して、人の災難を少しでもカバーできる会社を目指しています。
11月がらフィリピンは観光シーズンに入ります。
ビーチリゾートを多く楽しまれる人達が増えます。
しかし安心安全にはお金がかかる国、それがフィリピンです。
慣れたころが、一番危ないし 一番罠にかかりやすい時。
いろんな落とし穴にはまらないように注意してこの行楽シーズンを楽しみましょう。
今日もマニラからアンヘレスへの送迎が入っています。
頑張って安全に送り届ける業務を全うしたいと思っています。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

あってはならない大チョンボ!

今日クラーク空港に、お客様4名様が到着し、その方々をピックアップする日でした。
早くから頼んでおいたホテルを午後一でもう一度イン・アウトを確認したが!
どこのホテルでもあるような、単純ミスが見つかった。
お客様に迷惑が掛からぬようにイン・アウトの間違いを見つけ是正した。
ゴルフ好きなお客様なのでゴルフの予約も大丈夫かを直接ゴルフ場に行きチエックした。
これはほぼ完ぺきだった。
今日は夜中のクラークへの到着便の為のピックアップにマニラからやって来た。
ホテルとゴルフの日程をチエックし、真夜中のAM0;25分の便でご到着のお客様をピックアップ後。
またマニラに帰らねばならない!明日の予定が詰まっているからだ!
しかしここで大チョンボが発生!空港で迎えの4名のお客様が見つからないのだ!
今日クラークはまだエイペックの余波で厳重警戒で、待つ場所も、待方の方法も違っていた。
今日でも明日でもくるくる代わるフィリピンのシステムは!利用客の事など何も考えていない体制。
到着便が付く時の掲示板もオンタイムと表示されているだけで着いたのか?着かないのかも解らない。
時間になり出てくる乗客の姿を遠巻きにしか確認できない。
これではだめだと制止を振り切り柵の中へ入りいつもの出てくる場所に陣取ったが!
1時間たっても待てど暮らせどお客さんの姿は見えない!
何か事件にでも巻き込まれたのかもしれない?(心臓はドキドキ)
待つのにしびれを切らせてオフィサーとポリスにに到着便の状況を聞いた。
中に探しに入ってもらったがもうすでに乗客はすべて出たとのこと。
まさかとは思うが、どこかで入違いになったと気づき電話番号の解る一人の方に電話をかけてみた。
で結果は!ご本人たちは今ホテルに着いたという!(アチャーしまった!)
驚きどうしてそうなったのですか?と聞いたら姿が見えなかったので空港のタクシーを頼んでホテルに着いたとのこと。
迎えが迎えでない大チョンボ、クルクル変わるフィリピンの体制がわかっていながら!
解らない時は電話をかけてくださいとの一言が添えていなかったための大チョンボ。
お客様からは、ラインで掛けたが繋がらないと言われてしまったが、フィリピンではWi-Fiがないと繋がらないし
そのシステムが不安定。
フィリピンはまだ電話が一番の連絡方法それを確認していない当方の大チョンボ。
当たり前が当たり前でない状況に新会社のわきの甘さが露呈した格好でした。
本当に大チョンボでした大いに反省をさせられました。
出迎えすらもこんなに難しいとは、不幸中の幸いはまだ慣れたお客さんで助かった。
ラインの扱いや最新機器には、まだ修行が足りない年代で申し訳なかったと思います。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンヘレス不思議物語

別に不思議でも奇怪でもないが!
さる5月14日に横浜ゴムの連結子会社ヨコハマタイヤフィリピンINC
クラークの特別経済特区の中で火災により工場のタイヤが燃えた事件があつた。
私のブログでも火事の事は取り上げたことがある。
最初はあまり情報がなく不審火?からとか?
人のうわさでは、従業員による付け火だとか?
配線の不備によるショートだったとか?色々噂されていたが!
3日間 燃えカスがくすぶり続けていたが!
でも今年7月19日から消防署による立ち入り制限が!解除されてからは。
いつの間にか関心が薄れて現在に至っている。
しかし被害総額は大きく150万本のタイヤが不足するに至っているとか?
燃えた場所は、YTPI東工場の北東エリヤで約1万7,400平米
建屋及び生産設備の一部と倉庫内商品の消失であったとか!
今年の8月10日の発表では。
被災エリアでの生産再開の見通しはいまだ立っていないとの事。
損失被害額については2017年度第2四半期累計連結決算で22億円を計上したとしている。
今年度も引き続き火災損失額50億円の見込みだそうです。
以前私のブログでも書いたが、黒く燃え上がる煙と悪臭はひどかったが!
忘れられるのも早かった!
沢山の従業員もカットされたのにあまり問題は出なかった!
会社側では、こういった時の危機管理がしっかりしているのか?
あまり嫌な話や、労働争議にならない所が日本企業の良い所。
災難の為、一時金の支給の対処や処遇の良さで会社の悪口は出ていない。
あきらめの早い従業員で良かったね!ここは、フィリピンの不思議な所?
日本とは違い、フィリピン人ワーカーの採用は案外楽かもしれない?
とにかく早く立ち直り、また5千人規模で再開されることを希望しています。
日系企業にはとにかく頑張ってほしいと思います。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

おいしいスイーツの話

またまたやってきましたメガモール。(オルテガス)
おいしそうなサンプルがたくさん並んでいるお店の前に出た私。

今ダイエット中。
でも!そのおいしそうに見える誘惑にいつも負けてはいってしまう。
ケーキが甘いのでアイスコーヒーにシロップとクリームは抜き!
と自分に言い聞かせ(自分に言い訳して)デブの元を注文する。

一口食べてみると、これはおいしい!
甘味は強くなく、程よいかるい甘さと!コーヒーの渋み
パフェは新触感フィリピンにもこれほどの物があったのか?
なんて思っている。
イヤ、ただ食べなれていないだけのことかもしれないが!
大変おいしく感じた私でした!
でもそこにいつも行くには理由がある。
以前ここのお店の人とトラブルを起こして嫌な思いをしたことがあった。
セットで頼んだはずがコーヒーはついていないと言われ!
追加注文した経緯があつたので、紛らわしいサンプルは置くなと抗議した。
どこか こっかで、くだらないトラブルを起こす私ですが!
そのサンプルをわざわざ店員を呼び寄せて、見せて注文したのに!
フィリピン人スタッフは意味を理解せず自分勝手な注文のし方をする。
店長を呼んで抗議したら、コーヒー代を値引きしてくれた。
今までは、一度もお店としてこんな対応をしてもらったことはありませんでした。
この店は素晴らしい!
フィリピンでは、なかなか無い、お客に寄り添った対応をするお店だという事で!
私は、大変気に入りフアンになってしまった。

それ以来何度もメガモールに来るが、必ずここでお茶をするというのが慣例になりました。
メガモールに行く人にはぜひおすすめしたいお店の一つです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

あまり悪口は書きたくないが!

時々行くディビソーリアのモールで経験したこと。
中でも駐車場として利用するラッキーチャイナタウンというビルがある。
その中には1階から3階4階の半分は中華系の?モールがあり結構 人でにぎわっている。
3階にはケーキがおいしいメリーグレイスという名の店もあり!(自分の感想)
以前おいしくケーキとコーヒーをいただいた事もある。
4階にはフードコートもあり飲食店も多く、地元フィリピン人でごった返している。
今日は、2階にあるその中の1件に入ってみた。
結構いろんな店があり、日系と思えるような店?は、もう3~4軒くらいすでに入ったかな?
1階にはUCCのコーヒーショップもある。(すでに経験済み)
3階にはチェーン店展開を始めた黒田ラーメンもあるし。
蕎麦屋もある。
話を戻し今回入った1軒の日本食らしきお店、ケンジ・テイを紹介しよう!

ラーメン・日本食はいかがと、すすめる ねーちゃんの声に足を止め中に入る。
ラーメン1杯278ペソ(約600円)は少し高めだが、久しぶりに味噌ラーメンを注文してみた。
サイズはM(ミデアム)とL(ラージ)で、普通サイズで注文した。

すると水と温かいお茶をグラスで出してくれた。
なかなかサービスは良い(愛想のよいウエーター)もいる。
少したって運ばれた味噌ラーメン少し量は少なめ、でも味が良ければ問題ない。
まずスープを一口、なんだか酸っぱいような感じがする。
でもラーメンは、ちゃんとした卵麺で!大きく口に入れてすすった。
でも噛んでいると、なんか?生臭いような味がする!
こりゃダメだ!腐っているような味だ、でも!みそって!もともと発酵食品。
腐さらせているようなものだが!中のひき肉が腐っているのか味噌の味が変化している?
一口飲みこんだが、これはダメだと後を全部残して店を出た!(写真を撮った)

こんな腐ったものを提供していてはダメだ、従業員にはそれがきっと解らない。
日本だったら文句も言えるのだが、以前ほかの店でも抗議したこともあったが!
うちは、この味だと押し切られたこともあったので、そのまま箸を置き会計を済ませて
店を出た。
もうえいかげんにせい!これが日本食なんて言われたら立つ瀬がないわい!
もうこの店には2度と行かない、フィリピンの人達にも、言いたい。
これは日本食でも何でもない、ただの腐れラーメン!(道理でお客も少ない)
そんな腹立たしい思いをして帰って来た。(泣き)

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

死んだふり

仕事の話でいやなことがあつた、フィリピンでは愚痴を聞いてくれる人もいない。
愚痴をメールで人に伝えれば言葉足らずで誤解されるし、なかなか思いは伝わらない。
なんかもう嫌になっちやうな!
もう! 今日を1日 生きるだけでいい!なんて思っている。
自宅のソファーに体を預けもう何も考えられない!
人生があと 1日だけになっても良いような気がした ほんとだよ!
でも、それが 何年も 何十年もいまだ生きながら得つづけている。
きっと 神様も呼び寄せるのを嫌がっているのじゃ!ないだろうか?
死にたいと思った時は 生きられて、生きたい!と 思った頃には 死んでしまう。
じぶんの生き死を 自分で 本当に決める事は難しい。
自分と同じような多くの前期高齢者は、生きた証しなど持たず!
この世に未練や 後悔を抱えつつ 時間と共に 亡くなってゆく。
生きた証しなど(金や資産)を なまじ持てば、 後は!
(苦労した・楽しかった)思い出と共に生きてゆくしかない。
ならば、年を重ねた命なんて、ぞんざいに突き放し、放り出した方がいさぎよい。
かたくなな気質や頑固さも 何かを 言い切ることで得られる、 軽やかさと言う物に通ずる。
生きたあかしが 相手に対する不快感なのかもしれない?
でも人は寂しい、誰かと会って話すことに まさる事はない!
誰かに会って話をしたいと想いながら待つ心。(自分からはアクションしない)
誰かメールか電話をくれないかなー!
いつも そう思っているのだけど、 こちらの心情や状況を 見すかしているかの様に!
メールの欄にも携帯にも、音信がない。
でも たぶん面と向かって会えば!
何を話したら良いのかも、きっと解らないだろう?
まぁ じいさまトークな訳だから、世間話に、体調の話、生活の話、死生観だったり 日本
の選挙の勝敗の話とか、社会とか 思いつくままの無駄話になるであろう?
でも多分楽しい良い時間になるであろうとは思うのだが?
私たちの生活で 大切なことは生きがいと笑い、明るく 生きる事だよね!
いっそ誰も話に来ないなら時々死んだふりをするのが良い。
10日間もブログを更新しないといろんな人が私にメールをくれる。
電話をしてきて元気してるか?生きてるかい?
と今まさに病床に付している人からも電話が来た!
またもう少し頑張って生きられそうだ!

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

やっと目覚めた民衆

ドゥテルテ大統領の評価が下がりつつある。
しかし、民間の調査会社によっては、まだ80%の支持があるとも言われているが!
私の意見は少し違います、たぶん70%を切っていると思われます。
爪を隠したタカにも、少しづつ ほころびが出てくるものです。
これもその一つ 独裁者マルコスの再来かとも言われるドゥテルテ比大統領次の狙いは!
戒厳令で口をふさぐ?一部でこんな情報が!
現在、一部地域に布告している戒厳令を、全土拡大を検討中とのこと。
でも、フィリピンでは、マルコス元大統領時代の歴史的背景から、戒厳令に対して強い警戒感がある事はよく知られているが。
今回のマラウィでの戦闘ISISの台頭と共産勢力新人民軍NPAの台頭で!
「戒厳令の全土拡大で共産勢力の一掃」という思いが大統領には生まれていると考えられている(その中こんな情報も漏れだした)
フィリピンのドゥテルテ大統領が、南部ミンダナオ島周辺に限定して年末の12月31日まで布告している戒厳令について、フィリピン全土に拡大することを検討していることが明らかになった。
ドゥテルテ大統領は9月9日、最近各地で国軍や警察と衝突、交戦が頻発している。
フィリピン共産党の軍事部門 新人民軍(以下、NPA)」の動きに関連して
「NPA」がルソン島などの都市部でこれ以上騒乱を起こすような事態になれば!
戒厳令の全土への拡大もありうる」と警告した。
ロレンサナ比国防長官 出典:Department of Defense(Philippines)
これを受けて15日にロレンサナ国防長官は「共産勢力の脅威が高まった場合には」との前提条件付きで、
「戒厳令の全国拡大を大統領が検討している」ことを事実として認めた。
ロレンサナ国防長官は「(全土への拡大の)可能性は低い」と否定的な見方を示しているも!
マルコス元大統領時代の戒厳令下での過剰な人権侵害事案を知る世代を中心に、警戒感があらわになっている。
おりしも反ドゥテルテ大統領の集会も大規模に行われている。
フィリピンではマルコス時代の戒厳令により、反体制の学生や運動家が
(戒厳令で特権をもった)治安部隊の過剰な対応で殺害、拷問、強制連行、行方不明という人権侵害が深刻化した。
こうした経緯から「戒厳令」への警戒感が国民の間に根強いという特別な事情と背景がある。
そこへきて最近、NPAが各地で国軍や警察と交戦する事態が増えていることを踏まえて、
「NPA、共産勢力との全面対決に戒厳令を利用しようと画策している」のがドゥテルテ大統領の思惑ではないかとの見方も出ているのです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンヘレス面白物語Ⅳ

韓国人て色々真似するのが好きだね。
ハローキティカフェに続きスターバックスカフェ?
いや!よく見るとスターボックスカフェ。
という店がフレンドシップの少し奥まった場所でオープンしました。
フィールズアベニューのウオーキングストリートにあったハローカフェ。
あえなく、商標権の関係で看板を下ろし、名前を変えた。
しかし今でも我々の間では、キティちゃんカフェとしての愛称をとどめている。
今でもよく待ち合わせの場所として、活用させていただいている。
私のブログでもオープン前から何度も登場しており覚えている人もいるだろう!
しかし今度はフレンドシップ(韓国街に)登場したこんなお店。

私もこんなところにスターバックスが出来たかと振り向いた。
でも残念スターボックスカフェでした
しかし韓国の人たちも色々考える!
フィリピンに登場したロシアンアマゾナイト(ロシアンパブ)
でもお店の名前はエンジェルスです。
フィリピンにロシアンパブとは少し頭をひねる技ですが!
フィリピン人裕福層には良いかもしれないと!想っています。
今度私も、友人達が来たら、ぜひ 一度行ってみたいと思っています。
今 いろいろ広がりを見せているこのパンパンガ州のアンヘレス界隈。
今度は何が出来るかな?も楽しみの一つです。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンヘレス面白物語Ⅲ

クラークの敷地内を走る予定の、クリーンバスは今
元クラーク空軍基地 今は大統領直轄地であり、経済特区の基地内では。
今年の8月からジープに代わりクリーンな電動4連バスが走ると予告されていた。
黒い煙を吐くジープは、これから基地内を走れなくなる?
なんか、とっても良い事ではないかと発表された時に感じたのだが!
正式名称は、ハイブリッドエレクトリックロードトレイン。(頼もしい名前)
車両4連結のブルーの電動バス、私も1度試運転をしているところに遭遇した事がある。
だがしかし、8月を超え10月になっても一向にその姿は見ない!
どうしたのかな!なんて?思っていた時に!
たまたま知り合いのCDCポリスのJ君に出会った!
そういえば最近4連結の白とブルーに塗り分けられたバスの姿を見ないけど!
8月から運航が始まるのでは、なかったの?
アーあれね!もうその計画は止めになったよ!(詳しくは知らないけどもう駄目さ)
いまじゃー!駐車場でホコリをかぶって見世物さ。
試験運転中に車両から火を噴きバス4車両のうち2台が丸ごと全焼してさ!
残ったもう一つの車両と、燃え残った車体が駐車場に放置してあるよ!

フィリピンで作った、オリジナル電動バスとして期待されてはいたんだけれど!
試運転中に火災を起こしそのまま計画は中断で、もうどうにもならないらしい。
当分この話は無しさ!
おいおい俺がそんな話をしたなんて言わないでくれよ!
お偉いさんの中にはこれで多額の賄賂を受け取っている人もいるってことさ!
その投資に見合わないくらいバスの開発と投資が巨額になって!
もう抱えきれなくなってとん挫したって噂さ!
燃えるバスなんて、縁起が悪い なんせローカルで作っていたからね?
また今度どこからか輸入して始まるまで、この話はオフリミットでオフレコさ!
知らん顔していれば皆自然に忘れるからね!
まー当分ないね、いままで道りジープでいいさ、でもそんな事よく覚えていたね!
日本人て変なところで記憶が良いね!また次の話が出て来るまでお預けさ。
さっそくその4連結のバスが放置してある所に見に行った。
私もいい加減ミーハーだね!(笑)

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンヘレス面白物語Ⅱ

さてシリアスな話は、もうやめにして。
最近施行された比国中禁煙のあのスローガン。
あんなにノースモーキング!一色のフィリピンも 早や2カ月が経過しました。
大統領の肝いりで始まった禁煙、施行日には逮捕者も出たウオーキングストリートだったが!

今ではポリスは出ているものの、あちらこちらでタバコを吸う姿が見られるようになった。
ポリスもいまでは、知らん顔を決め込む。(だが、こずかい稼ぎの禁煙指導もあるので要注意)

でも、まだお店内喫煙が見つかれば罰金なので、店側はかたくなに禁煙ルールを守っている。
今お店に いちゃもんを付けるとしたら一番こずかい稼ぎになるのがこの禁煙ルール。
だからトイレで吸わせる所や、通路の一部を利用して無理やりこじつけの喫煙場所でタバコを吸わせるバーが多い。
アンへのレストランは、おおむね禁煙と言う所が多い。
ある会社が 会社の敷地内の、外の原っぱにオープン喫煙ルームを作った。
枠を作り屋根を作り、アウトサイドだから簡易なイスとテーブルを作り喫煙ルームとして役所に届け出をだした。
風が通り煙もすぐに飛ばされ快適な喫煙所が出来たと社員には好評。
木造の椅子もテーブルもおおむね好評。
だがしかし 検査に来た市の職員は、窓のオープンはダメ・・・?
壁お作り窓ガラスをはめ、換気扇が付いていないと禁煙室としての機能を持たないので不許可だという?
社屋内で他の人がいるところではないのに?
それを聞いた会社の役員はシティホールに文句を言いに行った。
会社の敷地内に作った喫煙ルーム 塀は腰の高さまでしかないが、雨をしのぎ!
タバコ愛好家にオープンの喫煙ルームとして提供したのに!
そのうえ囲いで壁を作り、窓ガラスをはめ 換気扇を取り付けろと言うのか?
その換気扇のけむりはどこに出るの?わざわざ閉鎖部屋を作り煙を外に出せってか?
バカも休み休み言え!換気扇でも自然換気でも同じ事だろう!
あまりマニアル道理で、こじつけのスタイルでは本末転倒も良いとこ!
吸わない人の権利を守る喫煙ルームの意味を理解していないのではないかと話したそうです!
(日本人らしいご立派な主張だと思います)
後日この抗議は実り 喫煙ルームが認められたとか、めでたしめでたし(笑)

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

あとがき

まあ確かにニュースにもなっていますし、ICPOの指名手配にも成らないとは想います。
https://www.rappler.com/nation/183703-pampanga-court-dismisses-sex-trafficking-case-japanese-tourist
今回はラッキーだった、一つ間違えば周りの友人や、関係者にも災いが及ぶ事に成る。
徹底追及されることにもなりかねない。
安易な考えは禁物だ!
今回、彼は帰っていく事が出来たしかし大丈夫なんて!
簡単に考えている人達ほどこれからは危なくなるだろう?
今回騒いでいる人達も!少し時間がたてば誰も気にしない!
この事件にかかわったが、お金が回ってこない部署の人達だけが騒いでいる?
時間がたてばすぐに忘れる社会で、少女買春の囚人が一人いなくなった位で!
どうこうなるものでもない!それがフィリピン社会。
地獄の沙汰も金次第なんて、そんな風に考えることも出来るかもしれない?
篭脱け成功、その方が面白い こんな不思議が出来るのもフィリピン!
いやーたいしたものだ!もともとこの騒ぎは何だったの?
大したことなど何もなかった事だけは、確かなことだと、本当に言えるのかな?
だってアンへ(花街で)起こった、ごくありふれた事件。
悪い事が悪い事として通じない国で、どうこう言う事の方がおかしい。
また一つフィリピンミステリーの神話が増えた。
私は彼がいなくなった翌日にこの話は聞いていた、でも書けなかった!
ポリス、シティホール、DSWDの内部では、大騒ぎになっていたので静観していたからだ。
どうも本当の事みたいだ、だって知り合いが彼は日本に帰り自分は不起訴だったと!
言いふらしていると言っていた。(そう私は聞いた!)
裁判も始まっていない前で、不起訴に出来た事、これはラッキーだった。
たぶん担当した弁護士がやり手だったに違いない。
フィリピンとはこんな国だ!の典型話でした。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

フィリピン 判決文(公文書)

パンパンガ裁判所は、性的人身売買のケースを日本の観光客に対して却下する
===================================
裁判官は、7月28日付けの検察官マーク・オリバー・シソンによる7月28日の情報が、共和国法9208に違反してスズムラに対して起こりうる原因の存在を証明することができなかったため、裁判所は裁判所に 鈴村00 氏を免責すると述べた
========================================
フィリピン・アンジェレスシティ – 7月21日、バリバゴ村の観光地にあるホテルで、14歳の少女と性行為をしたとされて逮捕された日本人観光客に対して、5件の訴訟が提起された。
アンヘレス地方裁判所支部59の裁判官マリア・アンジェリカパラス-Quiambaoも2017年9月5日付けの彼女のために拘留から鈴村0043を、解放するためにここに警察署4の司令官に命じました。
裁判官は、共和党法9208に違反して、日本の観光客に対する推定原因の存在を確認できなかったことを理由に、裁判官が鈴村00を釈放しないと述べた。
( 2003年人格法)。
クワンバオ裁判官は、7月28日付けの検察官の情報で鈴村容疑者が犯した行為を確定するための追加証拠をSisonに提出するよう、
8月7日に裁判所に指示した。
「追加の証拠がない場合、シソン・アシスタント・シティ検察官は、当該命令を受領してから5日以内に提出された証拠に適合する修正情報を提出するよう指示された」と裁判官は付け加えた。
フィリピン(理由)
パンパンガ裁判所は、性的人身売買のケースを日本の観光客に対して却下する

裁判官は、7月28日付けの検察官マーク・オリバー・シソンによる7月28日の情報が、共和国法9208に違反して鈴村00に対して起こりうる原因の存在を証明することができなかったため、裁判所は裁判所に鈴村道宏氏を免責すると述べた
ジュン・A・マリグ
2017年9月28日午後8時17分に公開
2017年9月28日8:22 PM更新。
*お伝えしておくが捕まったら罪を免れるには、現在ならこう言うやり方しか方法がない。
*裁判までに手を打たねば、一生フィリピンの刑務所で暮らす事に成る。
今回はラッキーであった、いつでも金の力でこううまくいくとは限らない。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

警察及び検察と裁判所のやり取り(翻訳版)

フィリピン・アンジェレスシティ – 7月21日、バリバゴ村の観光地にあるホテルで、
14歳の少女と性行為をしたとされて逮捕された日本人観光客に対して、5件の訴訟が提起。
クワンバオ裁判官は、7月28日付けの検察官の情報で鈴村容疑者が犯した行為を確定するための
追加証拠をSisonに提出するよう、8月7日に裁判所に指示した。
「追加の証拠がない場合、シソン・アシスタント・シティ検察官は、当該命令を受領してから、
5日以内に提出された証拠に適合する修正情報を提出するよう指示された」と裁判官は付け加えた。
Sisonは当初、裁判所の指令に従わなかったが、8月17日には、8月22日まで5日間の延長を受け、裁判所が要求したものを提出した。
「非難 0宏 0村に、ケースの解任に警告するために2017年8月7日付けのクマは、アンヘレス検察官シソンは、それに従うことに失敗する。
この日に、アシスタント市検察官シソンは言った「注文に対してアクションを取られていない、」裁判官クインバオ氏は、日本人に対する訴訟を棄却するように命令した。
RapplerはSisonの携帯電話にテキストメッセージを送信してコメントを得ましたが、提出時点では返答していません。
シソンは、保証のない人の人身売買のために、スズムラに対して5件の刑事事件(02318から02322まで)を提出した。
日本人は、17歳の少年、3人のジョン・ドンを含む4人のフィリピンの女性と一緒に請求されました。
7月28日、被告と共同告発された情報の一つ昨年7月14日に14歳の少女に尋問された。
午後1:00頃7月21日、容疑者は被害者に電話をかけ、彼女をアンヘレス市のバルバゴにある1st Avenue Hotelに連れて行きました。
ホテル内では、犠牲者告発者は、鈴村容疑者が疑わしい女性の抱擁にP500を支払ったと主張し、その幼児とセックスをしてP1000を与えた。しかし、部屋の外で待っていた犠牲者の姉は、兄弟に何が起こったのかを知って怒り、日本人観光客の逮捕のために当局の助けを求めることにした。
鈴村容疑者は警察署4で尋問されていたが、元電話には性別の未成年者を提供するいくつかのテキストメッセージが送られてきたという。
これにより、警察官はチームを結成し、3人の女性の囚人の逮捕につながる手法を計画した。
警察の報道によると、逮捕された容疑者2人は18歳で、3人は21歳だったという。
裁判所は、8月8日にアンゼルス市地方裁判所に18歳の容疑者2人の出生証明書の写しを提出するように指示したとき、そのうちの1人が未成年者であり、社会福祉に持ち込まれたことが判明した初動オフィス。
裁判所はまた、13歳、15歳、17歳の3人の少数告訴人が、3人の女性容疑者によって募集され、外国人観光客の売春婦として働いてお金を稼ぐと述べたという観察を引用した。
しかし、彼らは容疑者によって1st Avenue Hotelに連れ出されたが、彼らはSuzumuraに会ったり、彼とセックスをしたりしなかった。
裁判官は道広鈴村に対する訴訟を棄却している間、彼の共同非難に対する訴訟 – 月アン・アバド、ジェシカ・ディマルーカット、子・イン・紛争と-義理として記述マイナーな女性は – 裁判所で係争中。
10月17日と26日に、裁定と試行のセッションが開かれます。
つづく

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

おーい大変だ捕まえた囚人が逃げた?

前回チャイルドアビュースで捕まった日本人がいなくなった!
と聞いて驚いた。(警察が警察でない実態を見た)
まさか!いったいどうなった!(私が聞いたのは9月に入った第2週目の9日であった)
今市役所でも警察でも大きな問題になっている?という。
まさか?いやもし本当なら、これは大変なことだ!(私たちの間の噂)
なんせ、フィリピンですから!では済まされない問題をはらんでいる。
きつとステイション4の独断でお金をもらい釈放した人がいるに違いない!(推測)
誰がどうやった?いや!フィリピンではやったもの勝ち。(なんて言われる)
いくらお金が動いたか?そんな事 どうでも良い。
これから長い囚人暮らしをしなければならない日本人が一人助かった!のだから!
良いではないかと!いう人もいる。
少したってからハンドルネーム(赤000)さんから知っているか?とのメールが届いた。
知ってはいるが、今は書けない事を返信しておいた。
フィリピンでは、悪い事が悪いという事ではない!(経過は関係者しかわからない)
金を払ったものが強いという典型だ。
もともと子供を売っている親や兄弟、たまたま買った人が捕まった!
2人の少女ともステイション4の仮留置場で会って話を聞いたが、14歳に間違いなかった。
でも、作られたビデオはかなり嘘が入っている。
彼女たちは少女売春を生業とし、いつもフィールズアベニユー界隈を徘徊している。
この話を脚色してそれを基に再現映画を作り、もっともそうな批判をしても!
元々社会がそんな事ばかりしている社会で!社会正義など育たない国である。

Imbestigador August 26 2017


たぶん今回指揮した警官や裁判官は仕事や地位を失っても良いと思う人間に違いない。
それだけ見合わない職業でもあるという事だ!・・・?
私が思うには、かなりのお金を使わなければ、出せないそれは解る・・・?
しかし、遺恨が残ったなら、たぶん問題は再燃するかも知れない?
まず金の受け取れない部署が文句を言う、かなりの上層部まで抱き込まないとこの話は無理!
シティホールやDSWDとポリスの上のものや検察官まで話が通っていなければ!
今度は、メディアが動き出し、国際警察からも指名手配なんて事に成りかねない。
また、日本国内で逮捕される事に成れば、またまた大きな問題となるでしょう?
面白おかしい話 題作りだけが先行し、大変な問題になる事をよほど自覚しないと!
日本に帰れたからもう終わりなんて考えていると!
いつどんな事に成るかわからないのがフィリピンです。(事を秘めています)
この手の問題を日本人側から手を打つと!こうしなければならないという典型です。
今回はこれで落着でも、これに懲りてもう二度とこの様な事はしない事です。
つづく。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

アンヘレス面白物語

今お客さんと共にアンヘレスに来ています。
ウッドベルトラベルと言っても個人商店のようなもの。
ドライバーや案内人、スケジュール管理から ホテル手配まで。
何でもこなすオールマイティの社長(いや!こずかいさんと言った方が正しい)
夜のアテンドの同行まで、仰せつかりお世話をしています。
毎日大忙しのそんな中で、今回フィールズアベニューで起こった面白現象!
でも笑えない話がいくつかありました。
今夜はまずその笑えない話の1つから。


 (イメージ写真です、本文とは関係ありません)

いつものようにフィールズを歩いていると、ベンダーたちが2~3人で騒いでいます。
どうしたの?と聞いてみると あの人のリュックカバンから白い煙が出ているという?
前の方を歩いているまだ若い男性3人組の(多分布製)背負いカバンから白っぽい煙のようなものが出ている!どうも韓国の方の様だ!
煙草の吸殻をカバンの中に入れているのか?それが燃えているか?
いや!まず 教えてあげた方が良い!チップをもらえるかもしれないと言うと!
1人のベンダーが走っていき、背負いカバンの持ち主にそのことを伝えた。
彼は慌てて背負っていたカバンの中身を確認しました!
煙が出ていたのは、安いからと露店で買ったバッテリーチャジャー。
スイッチを入れ携帯につないで、カバンの中に入れたばかり!
携帯につないだバッテリーが焦げて煙になったみたい!取り上げて熱かったのか!
携帯につないだコードを抜き外に捨てた!
危うくカバンの中が、火事になるところ!慌てていたのか?
サンキューとベンダーには言ったがチップはもらえなかったようだ!
その様子を見ていた多くの女たちが、露天の安物を買うとよくそんな事が起こるという!
現実に同じ様なものを買い経験した人もいたという!
皆さんも安いからと言って露店で売っている3流品(バッテリー)を買うと!
安物買いの銭失いになってしまいます。
フィリピンでは、製品に品質保証なんてものがありませんので!
品物に見合わない様な見た目は良いが 安物を買うとこんな結果になります。
やはりブランドは大切なものですね!
でもこの製品にもサンヨーいやよく見るとSANNYOと書いてあった。
フィリピンでは、ブランドにも気を付ける事をお勧めします。

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ

企業家に生命保険

銀行に行ったら、フィリピンファンド付きの生命保険を進められた。
利率も良く、定期にしておくより、良い利率なので興味がわいた。
しかし友人に相談してみたら!止めておいた方が無難だという?
なぜかその理由を聞いてみた。
以前フィリピン人の奥さんを持ち日本でもフィリピンでも手広くやっている人がいた。
しかしそのファンド付き生命保険に入り、約半年が過ぎた頃に!
マニラ湾に浮かんでいたというのです。
保険金詐欺ではないかとの疑いがかかり?
警察と保険局の捜査員が動員され 捜査した結果、この事件の結末は!
彼は殺され、実行は彼の奥さんとその愛人の仕業という事に成り、2人が逮捕され終結したそうです。
そういえば以前そんな話を聞いたことがあつた様な気がします。
まあそんな事件があったのは別としても、私にはあまり縁のない話です。
よくよく聞いてみれば、残念ながら私たち日本人にはこの保険に加入する資格は!
無かったのです?では何に投資するのかと言えば!
この保険から独立したファンドだけを運用する仕組みがあり。
それに投資しないかと改めて銀行員から勧誘がありました。
しかし最低が5ミリオン1200万円からと言うので、やってみても良いとは思ったのですが!
5年縛りで他に運用が出来ません。(年利は良く35%、このファンドだと30%だった!)
本当かなー?あまり信用できない様に思えるのだが!
豆知識 *基本日本人は海外の生命保険に入れない事に成っていますが!
フィリピンでは、リタイヤメントビザを持てる人や、フィリピン人の奥さんがいる日本人
私の様にパ―マネントビザを持っている人は生命保険に入れるそうです*
事業を始めたとしても、生命保険はフィリピンではやめておいた方が良いという通説があります。
特に外国人夫は、という事を教えてもらったことは良かったと思っています。
なぜって!女房とはいえ油断できないのがフィリピンの現実であります。
会社の為、家族の為っていうのが通用しない国だからです。(自分には当てはまらないが)
なんせ!金で転ばないフィリピン人(特に女)は居ないという事らしいです。
これってずいぶんな差別用語ですね、でも真実味があります(苦笑)

Wood bell travel Mの独り言

マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
  ラインID 09089976800
(ウッドベルトラベル 鈴木)
 ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) マスターへメール お問い合わせ