ウッドベルツアーズ

フィリピンでは、相次ぐ大きな事件で、過去の事件の風化が早すぎる   

2017年06月09日

フィリピン在住の韓国人事業家が現地警察に拉致され、警察庁舎で殺された事件。
もう話題にさえ上らなくなっている。
フィリピン検察はこの事件の容疑者として、警察官2人を含めた7人を起訴している。
一時は このショッキングなニュースは、韓国でも注目を集めていたが!
今や韓国では、年間2000万人もの海外旅行者がありフィリピンへの旅行者も後を絶たない。
フィリピンは韓国人にとって危険な国と言えるかもしれない。
2013年~2015年にかけて、海外で殺害された韓国人は計79人に上るのだが、そのうちフィリピンで殺された韓国人が31人。
全体の40%がフィリピンで被害に遭っている。
2016年も計9件の殺害事件が起こっており、犯人のうち4人は元・現職警察官というのだから驚かざるを得ない。
(前回起きた韓国人の事件でも警察官が関係しているだけに深刻)
韓国人被害者が増えているのは、“金銭トラブル”が主な原因と分析されているが!
問題はそれほど単純ではなさそうだ。
韓国の新聞にも書かれているが、それでもフィリピンを訪れる韓国人旅行者が多いからだ。
韓国文化研究院が発表した「2012年国民旅行の実態調査」によると、50代以上の海外旅行者数は3年余りで40%以上も増加したという。
韓国メディアは、その理由をこう報じていた。
50代中年男性が中心となっている東南アジアのゴルフ旅行(海外遠征買春ツアー)そのなかでもフィリピンは韓国の中年男性たちに圧倒的な人気を誇る。
最近では中年ばかりでなく若者も多いようで、2015年8月にはフィリピン人女性を買春したという韓国人男性207人が検挙される衝撃の事態も起こっている。
韓国人男性とフィリピン女性の間に生まれた混血児“コピーノ”その数は少なくとも1万人~3万人と推定されている。
問題は、多くのコピーノを韓国人男性たちが見捨てているということだ!
もしこういった実状がフィリピンで起こっている悲劇の遠因だとしたら、韓国側にも自らの素行を省みなければならない部分もあるのではないだろうか?
私はあなた方の同胞の死に対して謝罪する。
そのようなことが起きたことは非常に遺憾。
殺人犯は最高刑を受けることになるだろう。
これはフィリピン警察庁が最近発表した 韓国人拉致・殺害事件に対する。
ドゥテルテ大統領の言葉。
二度と悲劇が起きないようにフィリピン警察当局はもちろんの事。
この事件も風化が進まぬよう政府も関係者も最大限の、努力をするべきではないだろうか。
Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP