ウッドベルツアーズ

日本に書類を送る   

2017年06月18日

今回は私のパスポートのコピーと書類を少々日本へ送る為LBCと言う荷物送りの運送会社? 郵便会社?に書類を持って行き 日本に送る事にしました。
自宅近くにあるメガモールのLBCに持って行ったのですが!
受付に立った途端、ラインのアップグレードの為 今業務が出来ないと断られた!
ではどれくらい後に来ればよいかと聞けば?わからないと返事!
おいおい解らないから仕事をしないのか?
とつつ込みたくなったがここはフィリピン!
解らないと、お客の事など何も考えず 伝えたらそれでおしまい!
後のホローなども考えないスタッフ!(お菓子を食べている)
フィリピンの効率の悪さと言えば天下一品!(これで商売ができるから不思議)
こんな事を続けていれば機会損失なんて言葉では言えない位の不効率さ。
大抵腹が立って、いつもこんな所で一瞬立ち止まってしまう私ですが!
この程度でめげていては仕事になりません。
ではこの近くに他のLBCは無いのかと聞くと!
隣のビルにあると言う、今業務が出来るか 聞いてくれと頼み 電話をしてもらった。
そこまで言わないと何もアクションを起こさないスタッフ いやいやでも電話してくれた。
大丈夫です、オンラインはつながっており受付できると聞き!
早速場所を聞き、そのビルまで約300名メートルを歩いた。
そこは道を隔てた隣のビルだったが、ガードマンに ビル内にあるLBCの場所を聞き
その場所目指して歩いた。
あった・あったLBCと書いた看板を見つけた。

ここに受付嬢が居て今度は簡単に 届け先住所と 自分の住所を書き入れ日本へと送ってもらった。
宛先に郵便番号の書入れ場所がないので勝手に書いたが大丈夫だろうか?
まあ三日で着くと言うのだから大丈夫だろうが 日本語も書き入れておいた。
1枚のエンビロップに3枚程度の文書書類。
料金は1350ペソ約2500円という所で、まあそんな所であろう!
業者に手渡した以上それ以上のかかわりは持てない。
日本にもこんな業者はあつたはずだが、日本では一度も使った事が無い。
もう少しフィリピンでも業務が効率的に動かせると!
ずいぶん違ってくるのだと思うのだが!
共通するスタンダードマニュアルを見直し、均等のサービスが出来れば良いのにと!
叶わぬ願いを期待する自分でした。
Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP