ウッドベルツアーズ

高齢者が日本では絶対にできないことが、フィリピンではできます?   

2017年07月25日

こういうキャッチフレーズはまさに女性と過ごすことを意味します!
日本で過ごす老後より、フィリピンで過ごす老後のほうが遥かに楽しく過ごせる?
何よりも、年甲斐もなく、若いフィリピーナと死ぬまでXXして一緒に過ごせるから?
高齢の00さんは、素晴らしい老後を過ごせる事でしょう・・・?
ほんと!・・こんな話がまともに受け入れられているフィリピンですが?
こんな事は(大嘘で)半年と続きません。(個人的見解で私はそう思います)
人間が生活し暮らすと言う事は、そんなXXだけの事ではありません。

1番目の違い)女と言へど、人間的違い、習慣的違い、好みの違い、があり!
SEXだけで、共に生きられるわけではありません。
少し、共に生活すると、好みの 生活体感温度の違いがあります。
フィリピン人はとかく、よく冷えた飲み物や よく冷えた部屋が好きです。
扇風機をかければ、必ず一番強にし、エアコンを付ければ18度ぐらいに設定を下げる。
クーラーや冷蔵庫が無い生活習慣だろうか、冷えたビールでも氷を入れて飲む。
そういう女と一緒に寝ると、こっちは風邪をひき、体調を崩す。
設定温度を上げ、扇風機を弱にしたり風を受けないようにすると喧嘩の原因になる。

2番目の違い)家族と言う単位しか信用しない人間に、外国人の旦那は難しい!
優しいようで意外と知らん顔・・掃除、洗濯はと言うと四角い部屋を丸くはき。
洗濯もしない怠け者、家の中は砂埃とベットの下はゴミだらけ。
キッチンは洗い物をしないのでゴキブリは出るし臭くなる そんなやり方で我慢できるか?
高齢日本人でも・・・・足腰の丈夫なうちはたぶん無理だね!
外人がそんな家の、フィリピン家庭の枠の中に入るのはずいぶん大変・・ATMにしかならない。
当然だが 枠に入れば同じ生活を、しないといけない。

3番目の違い)朝からロンガニサとパーム油で焼いた目玉焼きに、色だけ醤油と山盛りご飯。
昼にはアドボとかバーべキューで野菜は全く無い、そして普通に夕食 これも上に同じ。
(たまにはシニガンとか焼き ほし魚とかが出るには出るが!)
野菜は、ほとんど食卓には上がらない。(料理は出来ず親戚のメイドに頼る)
フィリピンで女にしか興味のない人には、何を書いているか解らないだろうが!
食生活だけでも、フィリピン人に あわせる事は非常に難しいのです。
残り時間の一生をホテル住まいで毎日外食の人なら、出来る事では あるだろうが!
まあ、フィリピンでは、犬でも子供でも普通にほったらかし、日本と比較する事が無意味。
日本的な感覚をよしとするなら、それは(お爺さんパパ)の頑張りだね!
上手くいっている所のパパは凄まじい努力をする。
掃除、洗濯、食事のせわ、日本語の教育から、常識の指導まで!それでも感謝はない。
それで 少しでも金をセーブしようと想うなら、不平不満が続出してくるのが関の山。
男性が子供の為や、家のためにガンバルというのは女性のような本能で動くわけではない。
自分でやらないといけないという義務感で続ける訳だが、それは涙ぐましい努力です。
まあ~ 確かにすべてが違う、とにかくパパの努力でしか成しえない事なのです。
フィリピンで結婚・同棲?・・してアクシデントで・・子育て?
男性にとっては大変な事ですよ・・・・スケベだけを夢見る人には関係ない話。
私が感ずるフィリピン人と一緒に暮らしたくない理由の、大きな3つの相違点です。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP