ウッドベルツアーズ

フィリピン 判決文(公文書)   

2017年10月17日

パンパンガ裁判所は、性的人身売買のケースを日本の観光客に対して却下する
===================================
裁判官は、7月28日付けの検察官マーク・オリバー・シソンによる7月28日の情報が、共和国法9208に違反してスズムラに対して起こりうる原因の存在を証明することができなかったため、裁判所は裁判所に 鈴村00 氏を免責すると述べた
========================================
フィリピン・アンジェレスシティ – 7月21日、バリバゴ村の観光地にあるホテルで、14歳の少女と性行為をしたとされて逮捕された日本人観光客に対して、5件の訴訟が提起された。
アンヘレス地方裁判所支部59の裁判官マリア・アンジェリカパラス-Quiambaoも2017年9月5日付けの彼女のために拘留から鈴村0043を、解放するためにここに警察署4の司令官に命じました。
裁判官は、共和党法9208に違反して、日本の観光客に対する推定原因の存在を確認できなかったことを理由に、裁判官が鈴村00を釈放しないと述べた。
( 2003年人格法)。
クワンバオ裁判官は、7月28日付けの検察官の情報で鈴村容疑者が犯した行為を確定するための追加証拠をSisonに提出するよう、
8月7日に裁判所に指示した。
「追加の証拠がない場合、シソン・アシスタント・シティ検察官は、当該命令を受領してから5日以内に提出された証拠に適合する修正情報を提出するよう指示された」と裁判官は付け加えた。
フィリピン(理由)
パンパンガ裁判所は、性的人身売買のケースを日本の観光客に対して却下する

裁判官は、7月28日付けの検察官マーク・オリバー・シソンによる7月28日の情報が、共和国法9208に違反して鈴村00に対して起こりうる原因の存在を証明することができなかったため、裁判所は裁判所に鈴村道宏氏を免責すると述べた
ジュン・A・マリグ
2017年9月28日午後8時17分に公開
2017年9月28日8:22 PM更新。
*お伝えしておくが捕まったら罪を免れるには、現在ならこう言うやり方しか方法がない。
*裁判までに手を打たねば、一生フィリピンの刑務所で暮らす事に成る。
今回はラッキーであった、いつでも金の力でこううまくいくとは限らない。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP