ウッドベルツアーズ

初めて知った旅行業の難しさ   

2017年10月30日

ここ2-3日アンヘレスを舞台にしてではなく、土地勘のないバギオに来ている。
初めての地元を離れた観光案内である。
それも、ハロインと重なりホテルブッキングは、2週間前では!
泊まった経験のある良いとされる上位ホテルは軒並みfull booking(満室表示)。
トリバゴで上位口コミ評判のホテルで採ったが、お客様には2流ホテルかと言われてしまった。
良いと言われるホテルでも、やはり泊まった事の無いホテルを進めるのは、やめるべきだった。
また土地勘のなさゆえに道を間違え 地図だけでは、その土地どちの 交通ルールがあり!
一方通行が多いので、日本人ドライバーも困惑気味。(かえってまずい時もある)
フィリピンの道路はその土地の慣れたフィリピン人ドライバーの方が良い時もある。
日本人が良いとばかりは言えない現実を思い知らされた。
道を間違え、予定のコースから外れ、少し離れた温泉にも行けず!
バギオ市内に入ってしまった、市内は渋滞がひどく知った道以外移動が難しい。
やはり初めて、行く観光場所は難しい!
ましてや夜の観光はアンヘレスとは違う。
ルールも違えば対応も違う。
フィリピンは、どこも同じ様だと考えるのは危険であつた。
以前行ったときは同じところもあり!次回の為にメモをしておいたが!
また久しぶりに行ったところは、ルールも様変わりしていた。
多分どれも期待に沿えない案内ばかりであったと思う。
旅行業者として初めて迎えた5~7名様の団体さんは個性もあって非常に対応が難しい。
個人業として、大勢のお客様で初めての案内は不備ばかりが目立つ。
こんな体たらくな仕事では、これではもう2度と予約は入らないだろう。
地元を離れた案内がこれほど難しいとは思わなかった、にわか旅行会社の初体験であり。
大失敗のもとである、これは心してかからねばならぬ。
ここのところ苦い経験が続く。
一部面白い所もあったが、それはまたこの仕事が落着して。
少し時間に余裕が出来たらまた書き始める。
他のお客様に迷惑が掛からぬように、気持ちを切り替えて臨みたい。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP