ウッドベルツアーズ

クラーク空港の詐欺師ども   

2017年11月01日

それも質の悪いコストム(税関)の職員達だ。
ある日本人がクラーク空港に着いた。
税関検査を受け外に出る時に別室に呼ばれてTAXを払えと言う。
同じ様な人たちがそのラインに並ばされる。(多分騙された人も多い)
多くは英語の解らない人達の様だ。
今回被害にあった日本人も当社のお客様。
韓国のインチョンからクラークに飛ぶアシアナ航空の定期便で707に乗り。
クラーク空港に夜中の0時25分に到着する。
出迎えに出た私はガードにチップを払い出口近くの立ち入り禁止区域で待った。
最近クラーク空港は、待ち受けの人達が 外側の柵の内側に強制的に集められる。
(ウエイティングエリア)
理由はISISのテロ防止 それと、クラーク基地は、エイペックの会場の一部でもあり!
厳重警戒となりその延長線上で、待つ人たちの待遇が変わった。
出口の近くには入れない、それで前回失敗したので 同じ間違いは繰り返さない様に!
賄賂を払ってでも出口近くに入り込むようにした。
出迎えたお客様は、ゴルフバック1セットとスーツケース1個である。
こんなタックスを取られたのですけど、これは何ですか?と見せられた書類には!
輸出コミットメントと書いてある。
よく見ると、2ゴルフセット バッグと 書いて4070ペソのTAXになっており。
それを払わされたというのだ!
自分の日本から持ってきたゴルフセットと自分のスーツケースにTAXをかけられた格好だ!
以下その写真。(担当者のサインはあるが責任者のサインがない)

そして、英語が良く解らない人達ばかりを集めて課税をする手口だ!
特に日本人が文句を言わずに気前よく払うのでターゲットになっている。
当社のお客さんも、何か・・・言われて困惑をしたが!
タックスを払えば簡単に解放されると言うので!
良く解らなかったが、手持ちがあったので払う事にしたらしい。
こんな乗客の弱みに付け込んで金をとる奴らが横行する空港はとんでもない空港だ!
マニラが最近よくなったと言われるが、一歩 地方空港になると、まだこんなレベルだ!
裏側を見るとこの書類を帰る時に持って来いと書かれている。

証拠隠滅のやり方だ!このペーパー(書類)回収し、無くなれば証拠は残らない。
コピーを日本大使館に送り抗議をしてもらおうとコピーを準備した。
クラーク空港に降り立つ日本人で英語が得意ではない人は、特に注意してください。
また、クラークの空港タクシーも気を付けてください、
タクシーの乗務員による強盗事件がおきています。
確率の問題ですが、それに当たれば旅行は悲惨なものになるでしょう。
それを嫌って慣れた人ほどプライベートカーを使用します。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP