ウッドベルツアーズ

高速道路での失敗談(禁煙になった直後の話)   

2017年11月26日

マニラからタバコ好きなお客さんをアンヘレスのホテルまで送った時の話である。
まだ国中が禁煙になって間もない頃 PRでマニラに着いたお客さん4人。
あんなに広い空港でも、空港では喫煙場所は1か所。(現在PRは2か所できた)
そこで一服してアンへに向かうが、時間的には1時後半から2時台と比較的混雑は少ない時間帯である。
しかし、北の高速道路までは 約1時間と20分かかった。
多分サービスエリアには、タバコが吸えるエリアはあるだろうと思い!
最初のパーキングエリアに車を止めた!
聞いて回るも!コンビニにもスターバックス近くにも喫煙エリアは無い。
ガソリンスタンドのサービスマンにもガードにも聞いたが、ここは一切禁煙でタバコを吸ってはいけないとのこと。
(あきらめて次のサービスエリアに向かう)
出来始めでまだ完成していないちょっと寂しいパーキングエリヤに着いた。
高速の入り口から数えて3つ目だ!
ガソリンスタンドのサービスマンに聞いた!(たばこの吸えるところはありますか?)
いえどこも禁煙です、高速道路内のサービスエリヤでは、どこも吸う事が出来ません。
そんな馬鹿な!吸いたい人もいるでしょうに?(火事や迷惑になりそうもない所なのに)
そんな人はどうするの!ワラマカガワ(フィリピン語でしょうがないさ!)と言うばかり。
そうは言われてもお客さんは我慢が限界!
ガソリンステーションを少し離れてサービスロードのはずれ!
人けもなく誰も止まらないエリア!
ここなら咎める人もいないでしょうし、車の陰に隠れて1本くらいなら吸えるでしょう?
(と思い)陰に隠れて吸い始めると!見ていたのか?
遠いガソリンステーションの方から!ガードマンが一人走って来る!まずい!
(まだ距離は150メートルくらいある)
あんな走り方では3分位はかかる、後1分で出発しますと、声をかけ慌ててその場を離れた。
ガードマンは、途中であきらめ戻っていくのをバックミラーで確認したが!
こんなに厳しく取り締まるのか?との思いで少し驚いた!(多分捕まれば罰金)
でも!それも最初の2カ月ぐらいで、その後 吸えるガソリンステーションが出来た。
当然でしょう!ダメだと言うなら吸える場所を国が確保しなければならないはず。
フィリピンでは、なんでも最初の2カ月ぐらいで タガが緩む。
アンへのウオーキングストリートなど 今はもう道路でタバコを吸って歩く人もいる。
まあ、ほとんどの店が 店外なら吸っても良いとなっている。
タバコを吸った だけで サービスエリヤのガードマンに追いかけられるなど!
ビックリしたが、やはり法律や政令は2カ月ぐらい遵守しなければならないという事を!思い知らされた事件でした。
今また、2輪車の走るラインと車の走るラインが決められ、バスの走るラインが決められたが!
2カ月ぐらいで、またぐしゃぐしゃになる事は火を見るより明らかだ!
運転者のマナーを直さない限り、こんなこと法律で決めても すぐ元の木阿弥に戻るだけ!
国を運営する人達は、わからないのだろうか?
もう少し国民を理解できる人が、中枢に出なければいつまでたっても直らないと私は思う。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP