ウッドベルツアーズ

評論家や学者はいろんな数字や事例を出してこうした方が良いという提言は残すけれど!   

2018年03月06日

口ばかりでは現実は何にも変わらない。
言ったり書いたりするのは簡単だ、私でも少し資料を見ればこの程度は書ける。
少し古い記事を例にとれば、INQUIRER.net に記事が掲載されています。
2010年から2011年の1年間のデーターで。フィリピンの富豪上位40名の資産は、130億ドル(およそ 1.4兆円)上昇したと書かれていました。
この1年間にフィリピンのGDPは、170億ドル(およそ1.8兆円)上昇しました。
GDPの上昇額は、国内全体の収入上昇額を表しています。
ということは、フィリピンの富豪上位40名の資産上昇額は、国内全体の収入上昇額の実に76.5%を占めることになりますね、これって明らかに異常な数字ですよね。
経済成長によって得られた富の8割近くを、富豪上位40名が独占し、一般国民にはほとんど還元されなかったことになります。
経済成長に身を任しているだけでは、貧困の格差を到底解消できないと言う事です。
フィリピンには、貧富の格差が生まれる構造がガッチリと組み込まれています。
そんな貧富の格差が生まれる構造そのものを変えなければ、少数の富裕層が大多数の貧困層を搾取する今の状態は永遠に続くでしょう。
6000万人を超えるフィリピン成人の2017年の平均資産額は、9773ドル( 107万円)
2016年に報告された平均資産額は9878ドル(およそ108万円)ですから、今回のほうがわずかに低い数値だったことになります。
トップのシンガポールは平均純資産額が268,776ドル(およそ2,940万円)と最も高く、世界でも9番目という裕福さを誇っています。
続くブルネイが43,151ドル(470万円)、マレーシアが22,804ドル(249万円)、インドネシア11,001ドル(およそ120万円)と続き、その後フィリピンが登場します。
富の分配がどれだけ不公平かを言う為にこんな事を書いているのではありません。
農地解放を進め、フィリピンの大多数を占める農民が、農業だけで豊かな生活を送れる環境を整備すること。(誰がやるの?)
財閥を解体して既得権益を広く開放する規制緩和を推し進める規制緩和が実現すれば、外国からの投資を受け入れやすくなる。(誰がやっても財閥を解体する前に撃ち殺される)
中央から地方にまではびこる汚職の構造を全部改革する。(民度が上がらねば出来ない)
大型インフラ整備を推し進めたり外国資本を招き入れることで、国内に雇用を生み出す産業を育てること(今でもやってるが地獄の沙汰も金次第)
貧困層の人々が自立できるような支援活動を推し進めること(いっそ社会主義国にしたら?)
現実論はもっと身近にあるはずだ。

引用元 セブ島留学マナビジン https://ceburyugaku.jp/74603/

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP