ウッドベルツアーズ

ツアー会社のバスがブレーキの故障で車列に突っ込む   

2018年03月15日

外見は綺麗でも中身はボロボロ、メンテナンスの知識に欠けるドライバー
安全対策が後手に回るフィリピンのツアー会社!
テレビでは、classic leisure international travel and tour
クラシック レイシュアー インターナショナル トラベルアンドツアー会社。
の持ち物で、11台の車を巻き添えに大破した。(バス含む)
バクラランの警察では。この事故に対してどんなペナルテイを与えるかを考え中だと言う。
フィリピンの法律は現状に、まだ追いついていないと言う事みたいです。
これがフィリピンの現実なのです。
長いという運転の経験だけで、プロフェッショナルの免許も取れる国。
元々 車の構造を勉強する訳でもないし!
メカニックといえど見様見真似で車を直す人が多い。
それが悪いと言う訳ではないが、理屈で勉強し覚えない人は、急な対応に慣れていない。
ブレーキが利かなければハンドブレーキでという対処も出来るはず!
それがノーブレーキで突っ込み被害を大きくしている。
このテレビの報道を見ていただければわかる事ですが!

この事故で被害を受けた関係者の怒りが収まりません。
死傷者も出ている様ですが後の報道が無い為に良く解りません。
たぶん ほとんどの人が やられ損と、泣き寝入りになる事は、想像が付きます。
運転手だけに責任が行き、会社は責任の多くをとろうとしません。
インシュランスをかけているか否かが、分かれ目になります。
フィリピンでは、会社の責任の範囲がとてもあいまいです。
この国で、どこのトラベルカンパニーを選ぶかは 自己責任の範疇です。
保険を掛けるか否かは、旅行者の判断にゆだねられています。
保険の金額を上乗せするか、書類にてウエイバー(放棄)を決めるのもあなた次第です。
当社では、日本人ドライバーをお勧めしていますが、事故の対処能力は同じです。
チョットした事故なら、フィリピン人の方が良い時もあります。
当社もあえて(高い保険を掛ける事を)おすすめする事はしておりませんが!
出がけの車両点検をかかさず、安全運転をする様に、必ず指示しております。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP