ウッドベルツアーズ

こんなビザも今はあります   

2018年03月20日

経済ビザの中で良く知られるビザは、投資ビザです。
BOIを経由して、約1千万円(100,000ドル)以上の投資の場合や。
PEZA特別経済特区に設立された会社に対するビサなどがあります。
最近2千万円(200,000ドル)投資で外国人株100%の会社設立も出来るようになりました、役員には労働ビザが発行されます。
中小企業の(現地6外人4)の会社場合も法律上では役員にビザ配布も出来ます。
フィリピンに置けるビザの取り方は、誰でもお金さえ持って来たら資格をあげましょうと言うビザなのです。(笑)
ビザ以外でもこんな考え方も必要です。
フィリピンに来たらフィリピンに学ぶという日々の努力が必要です。
自分のプランの整合性と、自分の目で確認する行動と、土地勘、立地や場所の問題点を把握する力、そんな行動や準備期間には 時間をかけることが肝心です。
予算と実費(投資金額)を考えて行動する事が大切です。
一つ大事な事は、失敗した時も、再度立上がるのに必要な金額は残しておく事です。
個人出資の場合 もしそれも考えられないような計画なら、やめておいた方が無難です。
最初は順調でもフィリピンでは2転3転と事態が変わっていく危険もあります。
私の様に 家賃が2倍になると言う考えられないような事態も起こる事もあります。
フィリピンでは、商売替えなんていう変更を余儀なくされる事もあります。
時代の変化で当初のプランを変更する事も考慮せざるを得ない事態が生じるかもしれません、私はそんな事も経験しました。
その変化に対応する為には、フィリピンに於ける、人脈の構築という事も大事であると想われます。(良き友人をたくさん作ると言う事です)
ありがたい人脈により危機を乗り越えられた時もありますし(フィリピン人や日本人に感謝)また、同胞に足を引っ張られた事もありました(笑)
しかし、今まで見て来た多くの日本人は、この事を考えずに!
持ってきたお金を遊び(女性や)賭け事、危険な人の誘いに乗り、その他のビジネスに使ってしまう例が後を絶ちません。
だから私は、本人の商売に直接にタッチすることを極力避けています。
あくまで第三者的アドバイサーに徹してきました。(お金のやり取りのない立場の堅持)
あれ!・・・ビザは? あれ余裕金は・・・・?と成ってしまい、結局お金を貸してほしいという相談に変わります。
多くの場合 人にお金を借りて、返せずにトラブルを起こして行く人を沢山見てきました。
日本国内でも難しいのに、海外進出は。よほどの幸運に恵まれない限りは成功しません。
一時的な感情や、周りの成功に惑わされてはいけません。
用意周到なプランをまず大衆に投げかけて(出資をもらえる位)賛同を得られないようなプランなら辞めた方が良いと想われます。
この基本が出来ない者は海外では到底成功できません。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP