ウッドベルツアーズ

ある友人の意見 本質を見失っていると思います   

2018年03月18日

よくフィリピン女性はお金が目当てとブログなどで書かれていますが
これは(世界共通)日本人女性でも同じですよ。
日本人女性でも男性と交際を始める前に相手の年収や学歴、勤務先で
意識するとしないに関わらず選んでいます。
そして交際が始まると相手の親の状況を調べ、同居が必要か不要か?
相手の趣味、思考などセックスも含めた相性が合うかどうかを見極め
結婚するかどうかを考える。
男性側も見極めた上で、その女性と結婚するか決める。
これも無意識のうちに頭で考えています。
(ここからが本題)
それがフィリピン女性になると、その常識から外れ
例えると、札幌のススキノのクラブで中学も卒業できなかった元ヤンのネ~ちゃんと知り合い
相手の事もよく分からず求婚し、故郷の福岡でマンションを買ってやって
自分は年に何度か訪問するだけで月に100万円程度の生活費を約束する。
(あるいは、フィリピンに渡って女を物色する同じ意味です)
当然に女は福岡で若い恋人を作るでしょう。
それから何年かして爺さんになった男が老後の面倒を見てもらおうなんて
福岡に移住してきたら、塩辛い食事に脂っこい物でも食べさせて殺してしまおうと思いますね。
女には恋人との生活があるわけですから。
あるいは「出ていけ」と言われ「マンションは返さない」と言うでしょう。

日本にいても普通に想像できる事が出来ない(若くない男がどうして若い女にモテる)自分を棚に上げ
「フィリピン女性は・・・・・」というアホが後を絶ちません。
「家を取られた」「お金を取られた」などなども先ほどの例で言うと
「マンションと今までの生活費を返せ」と言っているわけで日本人でも返しませんよ。

それを相手の「食生活の問題、生活習慣の問題、文化の問題、ホームシック、家族親戚の問題、
差別の問題、言葉の壁、金銭感覚、経済観念、価値感の違い、子供の問題・・・」なんて問題にすり替えて語れますが!
結婚するに当たり相手が日本人でも同じ当たり前の事です。
フィリピンだからは、本質ではないですね。

また、こんな人に限って「愛」という言葉を使いますが
経済格差のある人間を相手にお金で釣った結果に「愛」なんてあるはずがないという
当たり前の事も考えられないアホですね。

要は経済格差を利用して若い女を愛人にしたってだけの事です。
金の切れ目が縁の切れ目なんて日本人の愛人でも同じです。

フィリピンパブで知り合って日本で暮らすなら、そのフィリピンクラブで使っていた
お金と同額を使い続けるしかないですね。
日本に来たとたんケチになられ毎週食べていた焼肉は食べられない、自分で野菜炒めを作って食べろとか
洗濯や掃除しろなんて言われたら、そりゃ上手く行きませんよ。
相手は交際時の生活が出来ると思っているわけですから。
日本のクラブに行ってホステスさんを口説いて結婚したら結婚後も
お金が掛かる事は簡単に想像できますが相手がフィリピン人になると
結婚したとたんにホステスさんが良妻賢母になると思うところがアホ過ぎます。

ほんと大笑いですね!私の想いをよく代弁してくれています。
私へ こんなメールをいただきましたので紹介します。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP