ウッドベルツアーズ

2018-5-24 戒厳令布告から1年   

2018年05月28日

ミンダナオ地方の人権活動家らがマニラ市で抗議集会を実施。
戒厳令終結を訴える抗議集会が行われた模様。
5月23日午前10時半ごろ、首都圏マニラ市でも、デモが行われた。
イスラム過激派によるミンダナオ地方「マラウィ市」を占拠した理由により。
ドゥテルテ大統領が、同地方へ戒厳令を布告してから今月23日で1年が経過した。
昨年10月、戦闘終結以降も、今年末までミンダナオ地方への戒厳令は継続されています。
首圏の各地では同日、戒厳令に反対する抗議集会が行われた模様です。
同日午前のマニラ市での抗議集会には、バヤンなど左派系団体や全国の先住民族団体から約千人が参加して!
「戒厳令に終止符を」「マラウィ戦闘の被害者に正義を」と書かれた横断幕やプラカードを掲げて、戒厳令下で続く人権侵害に抗議を行いました。
以下ネツト記事より抜粋。
デモ隊はサントトマス大学で集会を行った後、大統領府近くのメンジョーラ橋まで行進。ラマダン期間で断食中のイスラム教徒もミンダナオ地方から参加し、猛暑の中で「戦闘が終わったミンダナオに戒厳令はいらない」と声を上げた。
マギンダナオ州から参加した先住民の人権を守る活動家ジェロム・アバさん(25)は「戒厳令はミンダナオ地方に平和をもたらさない」と断言。
「戦闘が終わったミンダナオでは戒厳令の名の下に活動家や先住民、農民が殺害されている」と話し「マルコス政権下の戒厳令の再来だ」と訴えた。
人権団体カラパタンは同日までに、戒厳令布告から1年間に同地方で調査した人権侵害についての報告書を発表。
共産党と無関係であるのに同党の軍事部門、新人民軍(NPA)のメンバーとされた学生、人権活動家、農民、イスラム過激派掃討を目的とする国軍による空爆で巻き添えになった住民など計49人が殺されたとし、これを「超法規的殺人」と非難した。
このほか、89人が不当逮捕され、22人が拷問の被害にあったとしている。
戒厳令はマラウィ市が占拠された昨年5月23日夜、ミンダナオ地方全域に60日間の期限で布告された。
その後、同年7月に年末まで5カ月、さらに12月に18年年末まで1年間延長された。
1987年制定の憲法では「侵略もしくは反乱により、治安維持のために必要な場合」に戒厳令布告と人身保護令状の停止措置を取ることができるとしている。
戦闘が終結した後も、戒厳令が延長されたことについて左派系下院議員らは「憲法違反」として1月に最高裁に提訴、戒厳令の差し止めを求めていたが、翌月に最高裁は差し止め請求を棄却している。
昨年12月に行われた民間調査機関ソーシャル・ウエザー・ステーション(SWS)による戒厳令に関する世論調査では、62%が「延長は必要ない」と答えていた。
私も直ちに戒厳令は解除される方が良いと考える一人です。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP