ウッドベルツアーズ

見るもの感じるものが違う人間   

2018年07月07日

同じ人間でも同じものを見て、同じ様に見て感じていると言う事は少ない。
ましてや同じ環境や知力で育っていない者同士が、同じ物を見ても。
違って見えたり感じたりしている事は、良くある事なのです。
ましてや男と女では見え方が全然違うし、多くは自分の経験に裏打ちされている。
目で見る実像は光としてレンズを通し網膜で感じ、そこで脳に送られる。
脳は感じた事や見た事を自分に都合の良い方向で組み立てて画像や感情を処理する。
出てきた結果を我が儘だと感じ取ったり、自分の思いとは違うから相手が間違っている?
と思ったり、腹立たしく感じたりするが。(脳が判別する理解、解析度の問題である)
しかし、それは相手があながち間違いと言い切れない現実がある。
男は浮気者、すぐ若い隣の女に目が行く、でもそれは本当!
一夫一婦制さえ 原始時代から子育てや集団生活を支える為に生み出して来た人間の歴史。
理性では解っている事でも、見え方が違うと目で見た物が本当の様に見える事は沢山ある。
だからこそ 自分には、自分流のガイドラインが大切なのである。
フィリピン女は、自分の家族よりフィリピンのファミリーを大切にする。
旦那からのお金は自分の欲しいものに使うが、自分のお金は使わない。
貴方の物は私の物、私の物は私の物、そんな苦い経験をフィリピン嫁で経験する人は多い。
だからと言って自分のお金は使わないかと言うと、フィリピンに住むファミリーの為にすべてをなげうつフィリピーナは多い。
何故なら、フィリピンの家族より自分は良い生活をしていると思っているからです。
お金が 無い 無いと言っても、日本では何かしら食べていける。
フィリピンでないと言えば死まで覚悟しなければならない事を体が覚えているからである。
そんな見え方を強制することはできない、だからこそ自分なりに相手への接し方を変える物差しが自分流に必要なのである。
それはどこの国に行っても同じで当たり前、中国には中国流の考えで、韓国には韓国流で。
フィリピンにはフィリピン流の対応 対策が必要なのです。
また日本では、他の外国と違う文化があり 日本流に切り替えが必要なのです。
しかし、ビジネスには日本スタンダードが必要です、相手を思う日本流のきめ細やかさや。
ワールドカップのサッカーでも、試合の終わったスタンドの後を応援のサポーター達が掃除して帰るあのすばらしさ。(世界に日本人のマナーの良さを見せつけた)
世界でも通用する 日本の一流の選手達が、お世話になったと控え室の清掃をし、スパシーバ(ありがとうの)コメントを残し競技場を後にするカッコ良さ。
日本の選手ここにありと称賛されるサムライジャパンの面々達。(感動をさせられる)
どこにいても、どこで生きても、他の国の人とは違う日本人スタンスを忘れない。
人間でありたいと願っている。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP