ウッドベルツアーズ

7月21日に日本から送ったLBCの荷物が8月25日に着いた   

2018年08月28日

1か月以上もかかってフィリピンに着いた荷物!
堅くしっかりしていた、段ボールが ぐにゃぐにゃになっている。

なんか大変だった、旅の工程を物語っている様だ!
何処かで迷子になってしまったのではないかと心配していたが!
でも無事についてほっとしている。
別に大したものは送っていない、日本で引っ越しした時に いらなくなった夏布団や。
細かい身の回りの中古品を送っただけで 高価なものは一つもない。
だが送り賃は、現在この大型の段ボール1個で1万5千円円もするし。
重さは50キロを超えてはいけない。
以前はこのダンボールに、100キロ以上の食材を詰め込んで送っていたが!
アンへまで運んでもらって1万2千円位で、とっても運びがいがあったが!
そんな事も今は昔の笑い話になってしまった。
だんだん日本も規制が 幅広く 細かく 又 高くなってきている様だ。
今は日本に帰つた時に、飛行機で40キロまで5千円で、運べる様になった。
食材で必要な物は、もっぱらこの手段で運ぶようになった。
3か月に1度くらいの割合で、日本に帰る私には、これで十分なような気がする。
それに最近フィリピンの入国で、段ボールを開けられなくなったし。
あまりうるさくも言われない。
以前は、荷物が多いとチップをねだられたりしたが!
今は、余りそういった事例も少なくなり、改善が進んだようだ。
今は第3エアーポートでの乗り降りが一番快適の様です。
送り迎えの私設が整い 一番楽に送り迎えが出来るのが、このエアーポートである。
南の高速道路からのアクセスは、第3エアーポートが一番良い。
後、一番の問題は、北の高速道路からの空港へのアクセスだが!
これがなかなか解決できないでいる、フィリピンの慢性的な渋滞事情は。
簡単な問題ではないが、市内を通る道が改善出来なければ、直らないであろう?
今急ピッチで北の高速道路につながる道路を作っているが!
フィリピンの事だから多分あと3~5年は、かかるであろう?
日本なら安く簡単な荷物の移動も、人の移動も!今の現実のフィリピンでは大変です。
でも段々改善されつつあるような気がするが、後 数十年で今までとは全く違う!
フィリピンが見られるかもしれない!(でも私は、たぶん この世にいないだろう?)
出来れば、もっと早くスピ―デイに進んでほしいなーなんて想っています。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP