ウッドベルツアーズ

台風22号もビサイヤ地域には、影響が少なかった様です   

2018年09月17日

今(レイテ、タクロバン)に来ています。
丁度フィリピン・ルソン島の先端の北部カガヤンに上陸した当日(オンボン)
私達は、市場調査の為 ビサイヤ地域に来ていました。(先週の木、金、土、日)
雨は降ったものの豪雨ではなく、風もたいして強くはなかった。(良かったと胸をなでおす)
しかし、私達の見た島の人々の暮らしは貧しく、途中 身を寄せた家では。
私達の為にライスは炊いてくれたが、自分達は、昼食はバナナの蒸した物、晩御飯はイモを食べ暮らしている ライスは高くて買えないそうだ!
しかし、家の方針でどんなに貧しくても、子供には学校に行かせると言う頼もしいお父さんに会う事が出来た。(すでに娘2人も大学を出している)
この地域は、さもアンヘレスに出稼ぎ(ゴーゴーバー)の女性が多いと言う地域。
フィリピンの中でも一番貧しいとされる地域である。
でも、こんな田舎にも、立派な邸宅や海のリゾートホテルが、少しだが建っている。
街中にも豪邸が建ち、すごい!こんな家もあるのかと感心していると。
その家のいわくつきのビジネスが語られる、この家は貧しい家にお金を貸している。
貧乏人の 子沢山と 言われる様な、家が沢山あり 各家庭に沢山の子供が育つ。
もしお金が払えない時は(アンへのゴーゴーで子供を働かせるように、各店のママさんと契約を結んで斡旋)するビジネスだそうだ!(聞いた話だけなので裏は取れていない)
日本に派遣するタレントや、海外を目指す出稼ぎ組のエイジエントもやっているそうな?
やはりこんなビジネスが、さも儲かるのかもしれない?
さて少し本題に戻すと、こんな田舎の風景にもリゾート開発の波が押し寄せている。
外国人による浜辺や海岸の買い占め、すでに大半の良さそうな所は売り買いが成立して。
残った場所は,難のある場所ばかりで、こんな ど田舎でも 少し遅きに達した感がある。
しかし、どんな場所でも リゾートが活発化するとは限らない。
よほど良い条件が 揃わないとリゾートは出来ないのだ。
しかし韓国資本はどこでも買いあさっているように想われる。
今回泊まろうとしたホテルもすでに買い占められて、今は一般客お断りになっていた。

リゾート開発で一番大切なのがアクセス(何のリゾートにするか)が問題で、たとえば海のリゾートなら、海で遊ぶ、遠浅の白い砂浜と 透明な海水、そして波。
残念ながらそんな条件を満たす場所は、どこを探しても この車の走れる道沿いには無い。
無理をして高い投資をし、開発っするような場所は、あまり無い様に想われる。
そこに登場したのが、ヒガタガンと言われる本島から船で30分ばかり離れた小島。
行ってみれば、白い砂浜で遠く浅く広がる砂丘の道がある。(これは良い条件)

残念ながらちょっと交通の便が 悪すぎるし 遠い。
もう少しアクセスが良ければ、飛びつきそうな場所ではあるが?・・・残念!
さあ今日は、マニラに向け出発の日、今回の冒険旅行には、面白い続きがあるが!
今日は、ここまで。つづく

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP