ウッドベルツアーズ

2018年、第三、四半期の ある調査によると!   

2018年10月15日

大部分のフィリピンの家族は、自分達の事を貧困層とみなすこの現実。
先週、公開されたこの調査では、6月の48%の自己貧困率から4ポイント上昇した結果。
52%の自己貧困率が浮かび上がり、2014年12月以来の最高値です。
今年の自己貧困率の2年連続の増加でもありますし、3月の自己貧困率は42%で、半年で10ポイントの増加となりました。
直近3か月に 52%のフィリピン人家族達が、自分自身を貧困層と見なしているとの調査結果です。
これは、貧困層と考えている52%のうち8%が新たに貧困層になった結果であり!
1年から4年前には、これらの人達は 貧困層ではなかったことを意味しています。
この調査は、9月15日から23日まで、全国の1,500人のフィリピン人に面談方式 のインタビューで行われました。
この調査では、全国平均で±3%、ルソン島平均で±4%、マニラ首都圏、ヴィサヤ地方、ミンダナオ地方でそれぞれ±6%のサンプリング誤差があります。
これはSWS自身のイニシアチブで行われ、公的サービスとして公表されたものです。
方や、マニラ首都圏では 土地の取引により、億万長者が続出しており、益々貧富の差が開いて行くようでもあります。
あまり外国人の私達には、関係が無い話の様ですがこんな事で移り変わりを実感しています。
何故なら 今や、フィリピンは美食の街に変貌してまいりました。
最近 私達は、週に一回程度 外食を友人達と楽しんでいます。
しかし、人気ホテルでの食事などは、予約で一杯になり、取りづらくなって来たと言う友人の話もあります。
2週間前ぐらいでは、人気のレストランなどの週末は 予約が取れないほどの人気出そうです。
先日の、日曜日はシャングリラマカティの 食べ放題企画(プロモ)に行って来ました。
フィリピン人の家族で一杯でした。
しかし当たりはずれは どんなホテルにもありますが、フィリピン人の中流以上のパワーはすごいなと感じています。
前回紹介したブログ9月11日 BGCのSMオーラ9月の第2週以降の食事はと言うと?
9月16日 BGC おがわ(特上すし)おいしくはあったが、まあそこそこ(個人の感想)

9月23日 BGCシャングルラ3Fステーキ(イヤー実にうまかった!)
      (しかし値段も飛び切り5人で1万3千ペソ)

9月30日 BGCマイセン トンカツ(毎度行くが、おいしいと想う)他店は別。
10月 7日 ホリデーイン・マカティ(バイキング)(少々残念 品数、味に見劣りする)
10月14日 シャングリラマカテイ・バイキングおいしかった、品数や味に満足しました。
      (味や品数の割には値段が安い5人で7千ペソ)

大抵 外での食事は、日曜日に割り勘でと決めている。
何故 日曜日かと言うと、車が少ないせいで移動に時間が掛からないからです。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP