ウッドベルツアーズ

フィリピンに昨夜返ってきました   

2018年11月06日

今回は帰りもジットスター
隣には28年も長きに渡り日本に嫁いだフィイピーナと隣合いになりました。
浜松の山奥に住んでいると言うこの女性は、見た目50代後半。
長年地元の子供達に英語を教えていたと言う話を聞きました。
もう娘さんが大学を出て就職したとも話されました。
娘の希望でフィリピンで就職したと言う事でしたが!
あまりの給料の低さに、半年と続かずやめたそうです。(笑)
しかし残念、タガログに英語、そして日本語ができる人材は貴重で、将来は日本とフィリピンの企業を結ぶ架け橋となれたかもしれません。
もう少し我慢をすれば、いいポジションに行けたかもしれませんね!
いま日本でもいろんな国の混血児が大変活躍しています。(スポーツ界)
日本人の私としては、最近 純日本人とは何かを考えさせられます。
日本人の文化と言うものも、時代に合わせて変わっていくものなのでしょう?
しかし偏見も異文化も、この地球上では混ざり合い、混血しながら新たな社会を形成してゆきます。
今は、本当に不確実で混迷する時代という他は ない時代だとも言えます。
日本では外国人労働者の受け入れで 移民の窓口を開くとか、入れる人数に上限を設けろとか言われていますが!少しナンセンスの様な気がします。
すでに今まで受け入れた外国人労働者の中での失踪者が7~8千人とも言われています。
彼らは、すでに日本の中で暮らし、生計を立て ています。
やがて彼らは、国内 内国家を形成し 人権を求める様になり、彼らの子供は日本で生まれた事を盾にとり人権を叫ぶようになります。
その中から有名なスポーツ選手や、相撲界の国技にたける人や、オリンピックで優勝する。
貴重な存在が出てくるかもしれません。
急速な変化は誰でも望みませんが、少しずつ門戸を開くのは仕方のない事だと思います。
国際結婚も徐々に増え、混血児もいやおうなしに増えて行きます。
大切なのは労働者の差別ではなく、国民としての同化政策つまり子供の教育だと思います。
より良い明日の国家を作るにはどんな子にも、均一な良い教育であり、日本の良い所を見せる思いやりだと思います。
人が自分の意志で動く世界では、扉は何の役にも立ちません。
優秀な人は受け入れて、より良い日本を作るべきでしょう。
移住で来ている私たち日本人も、より良いフィリピンを作るように努力すべきでしょう!

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP