ウッドベルツアーズ

フィリピンで起きたトラブルに手を出すと災いをかぶる事になる   

2018年11月15日

私はトラブルに仲介に入ることは無い。
極力避けているなぜなら金銭問題になる事が多いからである。
どうしても和解できぬ時は恨みが 残るし、良い事が無いからである。
介入できる事柄は、近江商人のことわざのごとく3方よしの時だけである。
時々関係も無いのに力がある様に想われ人に頼まれるときもあるが!
出来るだけ関わらぬように、お断りしている。
当社で、お世話するお客さんのトラブルの時だけは、最大限の努力をするが、後は人道支援だけである。
よく、私の知っているSDさんなどは、良くトラブルに駆り出されるが。
かえって 言われも無い 誹謗中傷に後で悩まされることになる。
SDさんいわく、フィリピンのトラブルに介入すると!
他の皆さんに今回の件で いくらもらったのと聞かれるそうだ!
確かにトラブルにはお金が動く、しかし善意でやった時も!
いくらで解決したの と言われるそうだ!(警察関係では確かにお金が動く)
この国ではコミッションで示談に持ち込むのが一番早いので。
コミッションで金を稼ぐ人が多い、何故なら権力を持つ、警官が一番、根腐れを起こしているからだ!
出来るだけ金銭を出さない解決を目指しているのに!(他人の目はそうは見てい無い)
あいつが一番うまい汁を吸うと想われている事が原因の基にあるからだ。
そう思われるのが嫌な私は、出来るだけ人のトラブルにはガラス張りで、すべて外に出して対策を講じる。
だから嫌がられて、最近は救援を求められなくなった。
当事者にとっては、まずい事もさらさなければ、出来ない時もあるので。
紹介はするがタッチはしないと決めている、そもそも当事者同士で話すのが一番。
だが、まずい結果を生む時もある。(それはしょうがない人種が違うし常識も違う)
女性が巻き込まれた事件では、ひどい時には、警官に体を要求されるときもある。
金が無い時は体で払え!一昔前のやくざ映画のような事がこのフィリピンではまかり通る。
警察のトップも知っていながら、知らないふりでやり過ごす。(警察内部が腐っている)
しかしフィリピンでは、これまでそんな事は当たり前。(今更なにを言っている建て前通り)
外国人なら、払える金額で無実の罪でもでっち上げられる。
しかし最近は手軽なSNSで一般人に訴えることが出来、下手な事が出来ない様になりつつあるが!
まだまだ大きな闇が存在し、内部にまで切り込めない状態が有りうやむやになっている。
だからどこに真実があるかなんて、何にもならない、その時その時で事情は違って来る。
何が言いたいか?、トラブルにはかかわりたくないと言う事だ。
自分の身を守るのは自分しかいない、フィリピンでは、イヤ海外では それしかない。
だからこそ、私達の様なベテランが、側についていないと事前の対処が出来ない。
後で、では しょうが無い 起こってからでは遅い、万が一 起きてからでは何もならない!
と言う事である、あそこが良い ココが良いと言って あをる人もいるが!
その人も必ず最後にドツボに嵌る、嵌った時になるほどな!こうなるわな?いつか!
やっぱりね!としか言いようがないと言う事である。(君子危うきに近寄らずが正解)

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP