ウッドベルツアーズ

フィリピン風刺、20年前から   

2018年12月18日

私の所へこんなメールが届きました。
鈴木さん、私は20年ほど前にフィリピンに移住したわけですが
社会内容的に、その頃と何が変わったかと言うと・・・・外国からの投資という名の
海外の英語圏からの苦情処理を押し付けられたコールセンターが増え。
そのコールセンター用のビルがバンバン建ち、OFWが増えて、その送金を当て込み。
飲食店が増え、各国からODAという名の元にインフラを整備してもらっただけ。
鉄道などは自分たちで管理運営できない低落ぶりで、道路も整備されない。
これを経済成長と呼んで良いのか?と疑問です。
教育水準は20年前と変わりませんし庶民の生活レベルも同じ。
よく昭和30年代の日本と同じと言う人が居ますが全く違いますね。
30年代の日本は自力で産業を立ち上げ、インフラを整備し、教育水準も雲泥の差です。
汲み取りトイレが水洗になり、道路は舗装され、高速道路ができ、
電話網が整備され、所得も増え、国民の生活水準もあっと言う間に良くなりました。
この20年間のフィリピンは、汚水は相変わらず垂れ流し、台風で川は氾濫し。
高速道路は曲がりくねった物が少し増えただけで、すごく効率が悪い。
電話を飛び越したインターネットはお粗末なまま。
所得は物価上昇分が増えただけです。
携帯電話は普及し独学で勉強する機会も増えましたが、SNSを使う事と言えば。
エロ動画を見る事(世界で1番見ているのはフィリピン)にしか使えません。
教育水準で言うと日本は昭和30年代には無償で中学(フィリピンの高校)までは進学でき
高校(フィリピンの大学)も公立高校なら親の負担も殆ど無く卒業出来ました。
日本全体で95%程度は高卒で、大学進学率が50%を超えました。
現在のフィリピンとは、比べようが無いですよね。
昭和30年代を生きてきた 鈴木さんにはよく理解できるのでは?(と言うものです)

*確かにフィリピンと日本では、倫理観も教育も世界観もまるで違います。
比国民は、何も考えていないし 国の指導層も行き当たりばったりで!
将来の展望や効率などと言うものは、ほとんど無視されたような発展の仕方をしています。
それは、国ではなく 民間主導と言う所に問題があるように思われます。
国民の事を 考えるという政治体制は無く、いかに儲ける(自分の懐に入るか)と言う。
国家略奪政治が、悪い世襲政治 体制で行われているからです。
このままでは 絶対に国のかじ取りはうまくいかず、アジアでは遅れた国になりそうです。
でも世界を見ればそれでも、まだましな国の方になっています。
必ず、いずれ救世主が誕生します、我々の代では無理かもしれませんが?
フィリピンの国民の中から立ち上がる人が出てくることを期待したいものです。

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP