ウッドベルツアーズ

風雲急を告げる2018年のフィリピンの悲哀   

2018年12月31日

今、出稼ぎの国フィリピンで、違法中国人労働者がいっぱい。
今建築現場では、不法中国人労働者で、あふれかえっています。
フィリピン政府は合法・違法に関わらず!中国人労働者の数を把握しきれていない。
自国民にも十分な雇用を提供できない比国政府が、なぜ労働市場を外国に開放するの?
この事態は、おバカな大統領が中国に擦り寄り始めたことから始まった。
フィリピン移民局の調査によれば!
2016年1月から今年5月までの間に約312万人の中国人が、同国に入国している。
この中には多数の中国人労働者が含まれるが、正確な人数が確認できていない。
しかし、自国の方が。仕事が多いはずの中国人が、何故フィリピンで働こうとするの?
それは、ドゥテルテ大統領の政策「Build, Build, Build(ビルド・ビルド・ビルド)」
という約1800億ドル(約19兆8400億円)を費やす政府のインフラ整備計画の為です。
したたかな中国政府は、自国の利益の為、貸した金の上前をはねる狙いがある為。
フィリピンのプロジェクトもアフリカやアジアのその他の国の場合と同様に!
貸した金の金利以上に中国の建設業者を使い、自国のエンジニアや労働者を建設作業にあたらせる。
そうした労働者には、中国国内で働く以上の賃金が支払われるのです。
また、違う目的も見え隠れする、行政の甘いフィリピンで不動産取得の狙いがある。
今現実に、中国人による不動産の購入が急増しており、不動産価格は高騰しています。
首都マニラの金融街と その周辺の地区では、どこも、新たな中国人の住人が多くいます。
レストランでは火鍋や点心が提供され、大型商業施設内では、北京語の館内放送が流れる。
フィリピンの高級住宅地では、2016年9月以降、中国人を中心におよそ10万人の外国人がフィリピンに移住したとも言われている。(統計上も事実です)
その大半が首都周辺に集中しているが、その影響は、世界のその他の都市の中心部には見られない独特の形で、マニラの不動産市場全体に広がり始めている。
中国の投資家らは長年、資産を国外に移すために香港やロンドン、ニューヨークの高級不動産の多くを購入してきた、しかし!
この新たなマニラでの不動産の購入の狙いは、活況を呈するカジノ産業に由来する。
中国政府は、自国民がマカオでギャンブルをすることに対して規制を強化している。
そうしたなか、カジノに行くためにフィリピンを訪れる中国人も増加傾向が続いている。
カジノ業界や その関連業種でも、賃金は中国国内よりも高いとも言われる。
フィリピンは、新たなマカオに 変身するかもしれない。
しかし、それは仕事を求めて危険な外国に出て行かなければならない。
数多くの貧しいフィリピンの国民を、決して助けることにはならない。
むしろ、中国人の混血児を生み出し、人口増加と 新たな下層人を生み出すだけで!
フィリピンの大きな火種になりそうな気がする。
もう今年もこれで終わり、皆さん良いお年をなんて言ってられないけど!
もう今日で最終日ですね!

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP