ウッドベルツアーズ

Ferdinand Patinio / PNAからの通達です。(ホームネイションローカルニュース)   

2019年01月04日

同法に基づきBIコミッショナーJaime Morenteは、以下の事を発表しました。
すべてのBI登録外国人は、マニラのイントラムロスにあるBI本社に最初の60日以内に報告する必要があります。
1月から3月1日まで、すべての外国人は年次報告のために最寄りの移民局(BI)事務所に直接登録するよう指示されています。
エイリアンの年次報告は1950年のエイリアン登録法の下で要求されています。
違反した場合は、罰金または登録の取消しが行われる可能性があると警告しました。
法律で保護されているのは、移民ビザまたは非移民ビザが発行され、外国人登録証明書身分証明書(ACR Iカード)の保有者である居住外国人です。
年次報告では、各外国人が自分の元のACR Iカードと有効なパスポートを提示し、PHP300の年次報告料とPHP10の法的調査料を支払う必要があると述べました。
2019年1月2日 外国人は3月1日までに報告する必要があります:BIチーフ。
注*
こんなローカルニュースが飛び込んできました。
やっと不法外国人の取り締まりが始まったようです。
2年前頃から、不法外国人(中国や韓国その他の国から)不法滞在の外国人が!
爆発的に増え!もう見過ごしならない状態になって来たようです。
エイリアンカードを持つ日本人の皆さまは、必ずアニュアルレポートを提出してください。
年に一度のこのレポートを忘れると、罰則が強化され強制退去もしくは。
投獄もいとわないと言うくらい厳しい処置を取るなどと!
法令が強化されるそうです。(現状は、話だけ)
以前は3か月以上放置すれば4千ペソ位のペナルテイで済んだものが。
ビザの取り消しも出来ると言うくらい強化しようと言う事も言われているそうです。
不法滞在を無くすための対策だとは思いますが!
なんせ内容が伴わない政府の構造では、言うばっかりの対策で!
あまり効果が無いと想われますが、そこはフィリピン。
真面目な人ほど脅しが効くと言うだけで、実際の不法滞在者には効果はあまり無い。
なんせ、実数の把握がたぶんザルで、うわべうけする体裁向けの発表の様ですが?
しかし落ち度を見つけ、いちやもんを付けるのには、たけている為、防衛の為自分のビザは大切にしましょう。
しかし、全体的にどうやって、不法滞在者を見つけるのかは、但し書きはされてはいません。
今後の推移を見て行かないと対策の全貌が見えて来ませんが!!
自分の防衛を優先にして、変ないちゃもんを付けられないように期限を守り。
観光ビザならビザの更新を忘れずに行い、アニュアルレポートを忘れないようにしましょう。
モレンテ氏はまた「年次報告期間中に国外にいる外国人は、有効な再入国許可があれば、帰国日から30日以内に報告を行うことができます」
と彼は付け加えました、ではよろしく。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP