ウッドベルツアーズ

人手の足らない小さな会社   

2019年01月26日

社長、ドライバー、兼、会計責任者一人何役もこなさなければ出来ない身のつらさ!
今更嘆いてもどうにもならないが、忙しすぎて目が回る。
そんな中珍道中の、お2人に出会う。
良い年の2人組、一人はフィリピーナとの結婚を迷うおじさん。
リタイヤ後フィリピンに来て過ごそうか?どうしようか?と迷える子羊。
昔 知り合ったピナと結婚しようか?今はまだ手も触れていない仲だそうだ!
今は。お土産をもって通う(クリスマスは過ぎたが)真夏のサンタクロースです。
と 笑うおじさん、昨夜の失敗談(武勇伝で)車の中では大笑い。
まだ5~6年は日本で頑張らなあかんと言うおじさん2人は元気です。
昔別れた女房と娘1人、未だにすねをかじられていると笑う 屈託のないおじさん。
もう一人はすでに女房とは、死に別れ、何の問題も無いが、女あたりの悪い70代。
2人揃っての凸凹コンビそんなお二方の旅行案内を今回させてもらった。
地理も解らないのに、彼女の家にお土産を持って行くと言うおじさん。
とてもドライバーだけには 任せておけないと!運転手を買って出た私。
着いたところはパンパンガではなく。ブラカンのプリュウラン。
中途半端な説明にもめげず!目的地を探しながらの珍道中も面白い。
こんな人たちと出会えるのも旅行カンパニーの面白さ、なのでしょう?
あまり個人的な事は書けないが、アンヘレスではいろんなことが起きる、
ゴルフの案内の途中、電話が鳴り、また日本人が捕まったレスキューを頼むと緊急電話。
あまりこんな事には首をつつ込みたくはないが!知り合いからの電話では仕方ない。
慌てて知り合いのポリスに頼み込んで同伴してもらう。
一度捕まれば、もう金の話し合いしかない、いかに素早く示談に持ち込むか!
そこが勝負所で、もうこれしかない。
相手のメンツを立て被害者には平身低頭、訴えを取り下げてもらう。
示談交渉、当方が高飛車に出れば値段が吊り上がる。
いかに泣きを入れるか、どのタイミングで金の話を切り出すか!そこが勝負です。
当方側のポリスと、捕まえた側のポリス、上司のだれを知っているかの探り合い。
うまく両方の知っている人の名前が出た、お願いします、出来心です、二度としません。
見逃してやってください、こちらの方にもそれなりの謝罪金をだします。
旅行中で持ち金は20万ペソこれが精いっぱい この辺で何とか!落としどころを探る。
うまく行った手錠を外してくれた!ここに振り込めと言われた紙を持ち銀行に急ぐ!
知り合いのポリスを確認に残し、急いで金を銀行から引き出し払う、ついて来たポリスを返す、早くその場を逃れる!
いつもうまく行くとは限らないが今回は傷が浅くて助かった。
こういう時のポリスだのみ日頃の付き合いが大事です。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP