ウッドベルツアーズ

下層のドライバーから 一流企業、高学歴集団までこの体たらくどうするの?   

2019年01月27日

5時にホテルから空港へ送る様にと、前日あれほど何度も注意し、必ず5時10分前に
ホテルには着く様に話し、お客様は、日本人のシニアなので必ず解るように。
日本語でプラカードまで持たせたのに!(プラカードを持たせたのがあだとなり)
『普段エアーポートの時に持たせる』から、エアーポートに行ってしまう!
朝4時45分に電話しプラカードを忘れないように言えばOKボスと言いながら!
ユーロホテルを忘れてしまう!フィリピン人の脳内構造はどうなっているのだろう?
あらかじめセブパシで取って置いた搭乗券で、一緒に行かれる人が同行者を変更したので。
セブパシに電話をしてお願いすれば、とんでもない目に逢ってしまう。
まず、電話で同行者の変更を告げると、出来ないと言うので どうすればよいかと聞くと!
「取り直し」の手続きをすると言う、一旦解約して新規になると言うが?・・?
仕方がないのでOKすると!・・あくまで同乗者変更の手続きなのにおかしなことを言う
解約した後にシステムがフルブックのままで予約が入れられない。
これはどうしようもない?・・・?と言う(本当に意味が分からない)
電話の向こうで「リフレッシュしても予約できない」と呪文のように繰り返している。
旅行代理店に言われるならまだしも相手は予約した航空会社なのに!・・・?
外注のコールセンターでもなく同じセブパシ。
「システムに不具合があるなら関係部署に連絡して手続きをしてくれ」というが!
ここでは何もできないの1点張り「じゃどうすれば良いのか?」と聞くと
「当日に空港でそう言ってくれ!ただし乗れるかどうかは定かでない」と・・・!
頭の変な人と話をしているのではないかと思えて来る。
1時間ほど同じやり取りを繰り返し、もう らち があかないので!
セブパシのオフィスへ、ところがオフィスでも「貴方がキャンセルしたから違う人のブッキングが入った」と.
これまた信じられない回答『キャンセルでは無く同行者の変更だ』!
と言っても「キャンセルしたと記録にある」の1点張り。
おまけに電話のやり取りは録音してあり確認できると脅すように言うのでので、これ幸いと!
「それなら今から聞いてみろ。物事の真相がわかるよ」と言うと!
PCから何か番号をメモして別室へ行く『ところが上司のような人間と一緒に戻って来て』
「今ココでは録音を聞く事が出来ない、カスタマーセンターに申し込んでくれ」と。
先ほど偉そうな態度で「録音が有る」と言っていた若い男を指差し
「先ほどは彼が今聞けると言ったよ」というと逃げるようにどこかへ消えてしまう。
再度上司と思しき人間に1から説明するが「解約された」苦情はカスタマーセンターに!
行ってくれ、もしこちらの落ち度なら飛行機代は返す」の1点張り。
壊れたレコードを何度聞かないと駄目なのかと憂鬱になってくる。
それに飛行機代を返すとか言う問題ではないのだが。(でしょ!こちらは予定がある)
カスタマーセンターと言うのはどこにあるのか聞くと
「WEBサイトのコンタクトアスから連絡してください」とほとほとあきれ果てた。
もう話す元気がない!役所のたらい回しより酷い!
最後は話す相手がいなくなる会社が存在するとは思わなかった。
良く解らぬ言い訳をするフィリピンの会社と関係すると、本当にストレスが溜まりますね。
こんな低落の会社に上司と従業員がいる国、あと20年ほどで日本に追いつくなんて!
寝言を言う人が居るが、100年経っても無理でしょうね!
この前も前々回も予約して支払いも済ませているのに
チェックイン時に「フルブック」と言われお客様と驚いた事が2度ほどあります。
こんな会社やホテルを相手に旅行代理店を経営しています、早死にしないように!
気を付け無ければいけませんと皆に言われます。(笑)

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP