ウッドベルツアーズ

訴えられた人、訴えた者,勝ちのフィリピン   

2019年03月10日

契約に絡む嘘や虚偽、証明の出来ない事は、すべて外人には不利に働く。
従業員に訴えられた、日本人の社長の顛末でこんな事もありました。
いわれのない事ばかりではあるが!
不良社員を首にすれば、ある事ない事並べ立てられて、警察に訴えられ!
身柄を拘束されそうになる。
訴えられても、身柄を拘束されたらダメで、二度と外には出してもらえない。
いかに正義がこちらに有ろうとも、長い裁判になる。(結審に2年ほどかかる)
そんな時は、そそくさと現場から逃げ、弁護士を雇い相手を逆に告訴する。
後は 弁護士どうしの戦い、力の強い者が勝利する。
その方の場合、証拠不十分で勝訴した。
しかし相手がフィリピン人だと、かなりてこずる、何故か?
フィリピン人ジャッジ(裁判官)も検事も基本的にはフィリピン人寄りの立場だからだ。
金持ち日本人からは、取れるだけ取ってやれ!なんて気持ちが働く。
元々正義の無い裁判では、金に糸目をつけてはいられない。(弁護士費用や裁判費用)
相手が本当にフィリピン人だけなら、解決は案外少額な金で決着がつく。
しかし、そこに日本人が裏に絡んでいると何百万円に跳ね上がる。
そんな事例が後を絶たない。
例えば、投資話にしても フィリピン人が日本人を騙してお金を貢がせる!
そんな高等テクニックは、フィリピン人だけでは使えない!
もし仮に私が詐欺師でも、アメリカ人に投資をしてもらおうと想えば!
ネイティブ以上の言葉とテクニックを必要とするでしょう?
特に詐欺では、どう話を切り出すか、どうやってお金をフィリピンに持ち込ませるか?
コラテラル(担保)や、信用させるための環境づくりに気を使い。
相手の生活環境や懐具合を調べ、投資しするようにどう持ちかけるか?
など等、 相手の趣味嗜好や、弱みを知る必要があります。
そんな高騰テクニックがフィリピン人に出来ますか?出来るはずが、有りません。
全て裏の黒幕日本人が指南してフィリピン人にやらせるのです。
すべて日本人が、騙す そのストーリーやり方を、描いているのです。
投資する案件や、フィリピン投資の有利さや、嘘の発展状況、初めて来た人にどう物件を見せるかなど、フィリピンの虚像を植え付けます。
運転手に車、豪華な住まい等、ダミーのフィリピン人を金持ちに化けさせ!
相手が男なら、美人の女で、ハニートリックを仕掛けます。
手練手管の粋を集め、必要に応じて信じ込ませ、大金をつぎ込ませます。
相手が気づくまでやめません、気付くころには大金がフィリピンで溶けていき!
相手を訴えても通常の投資が失敗という所で、投資者の自己責任と言う事になります。
こんな感じで泣き寝入り、私の知人などフィリピンに3億持ち込んで(彼女に騙され!)
5年で私に航空券購入代金を借りて日本に帰りました、この話は過去ログに載っています。
今でも元気ですが、日本で 年金でおとなしく暮らしています。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0908-997-6800  
日本から 63-908-997-6800
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP