ウッドベルツアーズ

やられた!携帯を盗まれた!   

2019年03月28日

フィリピンにはカラーコゥデングというシステムがある。
簡単に言えばナンバープレートでマニラの市街を車で走れない日があると言う事です。
この日マニラに来ていた私は、自分の車を運転しアンへに帰ることが出来ないでいた。
でも。今日私は、どうしてもマニラからアンヘレスに移動しなければならなかった。
アンへから自社の車で、迎えを呼ぶのは簡単だが!
私一人の為に車とドライバーに負担をかける訳にはいかない。
それに朝から仕事が入っているのである。
朝の7時にバスに乗ってアンへまで帰るつもりでいたが。
前日の仕事が朝まで続き、仮眠が2時間ほどしか取れていなかった。
朝の通勤バスに揺られて、クバオにあるバスターミナルまで向かう。
相変わらずむちゃくちゃなバスの運転で、いつ事故に逢っても良いような乱暴な運転に!
ハラハラしながら乗っている。
降りる時も、まさに転倒しそうな勢いで止まり、道の真ん中で降ろされる。
いくつ命があっても足りない様な 交通機関に冷や汗をかきながら!
この我慢強いフィリピンの人達を想う。
凄いなーこんなむちゃくちゃ運転のバス🚌に乗り 生きて、仕事に出勤している。
気を取り直して、アンへ行きの長距離バスに乗る。
少し安心したのか(アンへには着く)鞄を二つ、そして携帯の入つたウエストポーチ。
前日の疲れが出たのか、少し居眠りをしてしまった。
バスはアンへに着きそのまま降りたが、2つの貴重品の入った重いバックに気を取られ!
ウエストポーチの事は気にしていない、事務所について電話を掛けようとして気が付いた。
携帯が無い!朝確認してウエストポーチに入れた事は覚えている。
しまったと思ったが後の祭り、まさかこのベテランの私が。(携帯をスラれるとは!)
その奥のウエストポーチの財布には手が付けられては、いなかった。
私が張り込んで買ったソニーのXぺリアウルトラが無い。(買った時は4万ペソ(泣き)
また、電話番号に ラインと これが無いと仕事にならない。
困った、いくら高くても無くした携帯は戻らないが、電話番号を失うと、お客さんに迷惑が掛かる。
それに日本の(ソフトバンク)のシムカードも入っている。(ダブルシムスタイル)
自分の電話に電話して、持っている人から買い戻しても良いと思いトライしたが!
自分の携帯に電話をするも、すでに電源が切られている。(無くした携帯は、こんな物です)
すぐさま、スマートの会社に電話して、どうしたら良いかを聞く。
仕事を終えすぐにマニラに引き返し、指示通りに私の顧問弁護士に電話し、盗難届と電話番号回復の手続きをすぐさま取る。(こんな時も弁護士がいるとは!)
書類が出来てそれを取りに行きノータリー(公証役場)で承認印を取り。
スマートのオフィースに行き、元の電話番号を回復してもらう。(今時間は5時37分)
あー良かった、ベテランのはずの私が大失敗、やはりバスで気を抜くと結果はこうなる。
スタッフには、まだナイフで切り裂かれ奥の財布まで盗られなくて良かったと慰められたが!
お客さんへの指南役としては、まだまだ力不足と痛感した1日であつた。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP