ウッドベルツアーズ

中国に翻弄されるフィリピン   

2019年04月09日

もうこのままいけば中国の属国になる道しかないフィリピン。
今まだ中国は、一帯一路の影響で、目がまだヨーロッパに主力を向けているものの!
中国化をするには、実績のあるフィリピンにも着実に手を伸ばしている。
中国は長く一人っ子政策を続けてきた。
その反動が出て、多くの中国人の適齢期の男性に結婚相手が見つからない。
今までは、ウイグルの女性を無理やり引っ張って来てその役目を担わせてきたが!
その余剰の男性をこの一帯一路に貢献させている。
今その一番の標的は、アフリカ。
中国人男性と現地の女性との間におびただしい混血が生まれている。
なぜそうなるか?おわかりですか?
中国には昔からの伝統である華僑というのがあります。
伝統というよりシステムと言った方が良いでしょう。
国を出た賢人や金持ちは一族を引き連れ 他の地に逃れ、そこでじりじり基盤を築きます。
誰かが成功すれば、そこに同国人が多量に増え自分たち独自の文化を根づかせます。
フィリピンなど中国の発展と共に勢いづき、今では華僑の力で経済の70%も抑えられていると言われています。(事実は解らない)
けれども、今ものすごいスピードで中国人の独身男性がフィリピンに上陸し始めた。
それもビザを持たない密入国の人ばかり。
一番の底辺に潜り込み、スラムの住民と共に住み お金をかけないで拡大を続ける。
フィリピンの優秀な人間が海外に出かけている間(600万人の男子)の空白あるフィリピンに中国人男性が入り込んでくる。
それでなくても男性天国だが、そのうち余った女はすべて中国に持っていかれる。
それもそんなに遠くない未来に起こる。(何せ適齢期の男性が3000万人もいる)
今その力は、一帯一路の共産党の力でEUを目指しているが。
日本にも、かなりの人数が入り込んで来ている。
フィリピンのマッチョマンが好きな日本女性も、中国人が好きな男女も日本人には居る。
徐々に同化を測りながら、土地を買い占め、中華街を作りながら国内国家を目指すのである。
フィリピンなんかは努力をしないでもその温床にある。
本当に怖いのはこれからである、フィリピンにビザを持たない中国人が押し寄せて来て。
対策も打てないまま放置すると2世代後には国民の25%は中国系になるという試算まで出ている?

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP