ウッドベルツアーズ

フィリピンの問題点   

2019年08月30日

1)死刑復活、就任から3年が経過しても麻薬問題は、今なお残っている。
麻薬の脅威との戦いは長い道のりです。
*多分中国の麻薬マフアと深くつながる現政権では、すそ野は刈っても、元締めを放置する賄賂体制ではどんな事をしても無くならない。
マラウィ市の戦闘地域では、麻薬取引が一因となった(イスラム過激派による)破壊により、警官や兵士175人が犠牲になったのを期に麻薬関連の凶悪犯罪に対し、死刑復活を議会に求め通過したが、自らの責任は何も記されて無い(フィリピンらしさとは自己肯定力)

2)汚職撲滅を掲げる現政権でも、汚職はなおはびこっている。
報道では、汚職に絡み政府高官や職員100人以上をやめさせてきたと強調。
友人など個人的な関係性があっても辞任を迫ってきた、私の政権に免責される「聖なる牛」はいない。と大統領府は発表・・・・?
*汚職の情報を聞くために24時間、受付窓口を開けてあると言うものの、相変わらず、メディアを締め付け、歯向かうものに脅しをかけ、気に入らない人は、無罪の罪で牢獄に入れる。(そりゃーフィリピンの政治家だもの!たたけば誇りまみれで、罪状は見つかるさ!)

3)南シナ海はフィリピンのもの西フィリピン海(南シナ海)は無条件で私たちのものだ、しかし、中国船を追い払えば暴力行為を招くゆえ、現実と機を見て行動を調整する必要がある。(中国に挑んでも負けるから回避すべきだだって!)
排他的経済水域(EEZ)内での中国漁船の漁をやめさせるべきとの意見には、もちろん適切な時に(その様に)立ち上がるつもりだ。
*無理に決まっている、大統領の訪中で何が決まるの、万が一の時は助けてもらえるて!

4)行政機関のサービスを改善し汚職を防ぐための法律に署名したが、まだまだ改善が必要だ、国税局、運輸省陸運局などの5機関は大幅な改善が必要。
*そんな事出来るの、脆弱な人材で電子化を進めて手続きを簡単にするって?
絵に描いた餅の税制改革、法人減税と税制優遇措置の合理化を進める税制改革は中小企業を活気付け、事業の拡大を促すだろう。(わかっていても出来ないくせに)

5)減災省と水利省の設立が必要だ。減災、水利省設立でいくら改革を進めても災害が繰り返し起こり新たな貧困が生まれては意味がない。
*今年は、エルニーニョ現象で農業被害と首都圏の水不足を引き起こした、今後首都圏の大地震も予測される。(対処療法より根本を見直す事が大事)

6)次の3年間の目標は明らかだ。国民全員の生活が快適になることを目指す、過去3年間は非常に大きな達成があった。・・・・(何が)?
*貧困の問題は解決していない、子供の無償教育、学校の新設、給食の普及。
就業者の待遇改善、福利厚生の充実、何をとっても不満足、それでいて・・・?
ド0テ0テ曰く、この勢いを持続し、私が子どもの時よりも、良い国になることを夢見ている。
私も、そうなったらいいなと!夢見ているが、現状じゃー絶対無理ですね。
来年から外国人のビザに、TAXを掛けるって、取れるところから取って又懐に入れるの!

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP