ウッドベルツアーズ

タガイタイへの1泊旅行   

2019年11月04日

最近はフィリピンでも完成度の高い車用のナビが実用化されてきた。
しかし欠点も多く?幾多もある!(期待しすぎかな)急に行政の力で曲げられる、一方通行や、通行止め。
急な う回路には、まだまだ対応が出来ていないが、おおむね合格という処かな?
日本では渋滞のあるなし、道路状況や、高速を使うか使わないか、時間短縮もルート変更も効くが。
まだその辺の応用の機敏性はまだ無い、というのは仕方が無い事なのだろう。
道程(行き方)の行程の中から最良を選ぶと言うより。
現在の道からの、進み方を案内すると言った方が良いかもしれない出来です。
しかし、英語だけかと思いきや、日本語の案内も付いていて、中々便利になっていました。
本当は新しくできたというカビテックスで行きたかったのだが!
案内は違う方向を示したので、まずは どんな道を通るか、指示道理に走ってみた。
海沿いを抜け、狭い山道に入りっていくので嫌な感じもしたが、でもそこ(アン内の道)
では、あまり渋滞が無かった。(そこを狙った案内でもあったのかもしれない)
山間部に入れば、、そこは非常に曲がりくねった道、なかなか 前行くトラックが抜けない。
しかも工事中が多い、だが行程も終盤になると、かなり高低差のあるくねった道だったが。だんだん、なんか見慣れた道につながってくる。
あれ!ここは前通った事があるなんて風景に出くわすと、もうそこは山の頂上付近である。
タガイタイのスカイランチ(パーク)が見えてくる。(また新しい道が増えている様だ)

前回まだ作りかけだった、コンドミニアムも、完成されてそびえたち。
その他、沢山のコンド系のビルが建設されており、ボルケイノ(火山湖)の近辺も道に沿って賑わいが増しているような感じがした。
そんな中、今回予約を取った宿は、タールビスタホテル、(スカイランチパークのすぐ隣)
結構古く、以前は(民謡ダンスを披露する)レストランホテルだった。(約20年前)
そのころから、その存在を知られている老舗のホテルです。

眼下にはタール湖火山を見下ろし結構風光明媚な場所でもある。
夏は涼しく11月は少し肌寒さも朝夕には感じれれる場所でもあります。
タガイタイに行くなら一度は泊った方が良いホテルでもあります。
食事を済ませ隣のスカイパーク(公園)を見て回った。

スカイアイに乗ったがかなり古くあまり手入れが十分で無い容で少し怖い。
景色は少し霧が出ていて透明度にかけるが、今日はあまり天気が良くない。

この公園パークでの食べ物は期待しないほうが良い(チエーン店の味も悪い)
明日は、ピープルズ・パークに行った時の話です。

Wood bell travel  Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP