ウッドベルツアーズ

世界のテロ指数、比はワースト9で悪化’昨年。   

2020年01月03日

統計で出ているのは2018年だが、IS(イスラム国)の戦士の大量入国とかで!
現在はもつと危うくなっているような気がする。
経済和平研究所が発表した(2019年世界テロリズム指数)でフィリピンは世界163ケ国の地域中(テロの影響の大きさで)昨年の10位から9位に浮上した。
悪化の1ランクアップはうれしい事ではない。
フィリピンでのテロの回数は424件、死者の数は297人と、東南アジアで唯一。
ワースト10に入っている。
新人民軍(NPA)は昔から有名だがネグロス島を中心に政府関係者や国軍を中心にテロを繰り返し多くの人を殺害した。
その他、イスラム急進分派のパンサモロ・イスラム自由戦士(BIFF)
そして、イスラム国(IS)と、フィリピン進出が目立っている。
これらの人たちが起こすテロで、昨年も犠牲者が多く出ていました。
現在の大統領が出て来た時、テロの撲滅、麻薬の撲滅3か月や半年でなくすることが出来ると大口をたたいていましたが!
今ではそんな勢いなどどこにもありません。(麻薬だらけ、汚職だらけになった)
今現在では、フィリピン第2の大きな島、ミンダナオではテロの脅威を感じているそうです。
(そう 一超一隻では事はなりません)
多分イスラムも、中国との取引材料に使われているのでしょう?
中国から=>フィリピンにも、イスラムにも、武器弾薬やお金が流れているのでしょう。
侵略を考えている国には、相手国の中に混乱が有った方が、交渉が有利になります。
そんな事も解らずに、中国からの融資でダムを作るとか。(水道事業)
(5G)の、高度な通信連絡網を作るとか。
国中に、電気の配線を、敷設整えさせるとか(電気事業)
大事な国のインフラ全てを中国に牛耳られてしまう現実が、今まさに起きてしまっている。
安いからと言いつつ、大量の労働者を中国から、来させて工事に当たらせているが!
多額の資金と同時に、多数の下層移民者を抱え込む、ことになる。
中国の(深層心理)の中の、脅威はこんなところに現れてくる。
もうすでに、ドゥOルテ大統領はミンダナオまで、売り飛ばしてしまっているのだろうか?
日本の政治家にも親中派が多いと聞く、それでもODAを出してミンダナオ開発の為。
中国と手をたづさえて今後ともやっていくのだろうか?
私は、中国の習近平を日本の国賓として日本国の陛下とご対面させる事には反対です。
ウイグルの人権、香港や台湾の弾圧を裏の顔で推進する中国共産党を良く想っていない。
商業ベースでは無く、米・中 共に距離を置いて日本国の在り方を吟味してほしいです。
令和2年の、始めの春に、100年の計として、深く考えてほしいと願っています。

Wood bell Travel & Tours Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP