ウッドベルツアーズ

日本は、武漢風(コロナ)の治療薬アビガンを新薬試験の為フィリピンに送る。   

2020年05月06日

20〜100人を治療するのに十分な抗インフルエンザ薬を送るというニュースが出ていた。
でも、無償で検査の出来るPCR検査キットを送る方が先ではないの?
どうも日系の医療者が無償でやつていたらしいが、全員コロナに感染しストップになったらしい?
でも、無償でそんな事をやったら、比国は、それこそパニックになるに違いない。
恩着せがましく中国あたりから、そんなドネイション(医療用のマスクや検査キット)
の支援は来ているかもしれないが?
それを、お金をとって!やると言うのがフィリピンスタイルだ!
今 私は、日本にいるので、その辺の現実が良く解らない。
しかし聞くところに、よると一般人がPCR検査を置けようとしたら!
10000ペソ掛かるらしい!(電話して知人に聞いたが他にも色々なケースがあるらしい)
もしそれで陽性になり入院すると200000~300000ペソ(100万円から)掛かったと言う。
アクター(芸能人)や政治家で入院して死んだ人の話をTVでやっていたみたいだ!(他では重篤者は1千万円なんて話も)
一般人には金が掛かり過ぎて、とても病院には行けないそうだ。
2020年5月2日に、日本の茂木利光外相が、日本がフィリピンに抗インフルエンザ薬アビガンを無料で提供すると発表したみたいだが!
使い方を指導するドクターを一緒に送らないと、間違った使い方をして副作用の被害の方が大きく、なるかもしれない。(なんせドクターのレベルが低い)
ドゥテルテ大統領は、ワクチンを発見できるフィリピン人に1000万ペソを与えると語ったらしいが、医者(研究者)のレベルも(知らない)解らないのだろうか?
世界中の科学者や研究者が、コロナウイルスのワクチンや対抗薬の開発を追い求めて
研究開発を急いでいる中、アビガンは服薬錠剤(錠剤で飲み薬)
早期発見で初めてウイルスの繁殖を防ぐと言う、コロナウイルス病の治療薬として日本で開発された抗インフルエンザ薬の一つです。(富士フイルムの子会社)
副作用が結構きついらしく、服用を間違えると、(TVで見たが忘れた、たぶん肝臓、腎臓)にかなり負担がかかると言っていたとおもう。
危険な開発途中(薬物の臨床研究中の試験薬)なのです。
中国からの臨床実験では、COVID-19患者の状態を、改善したと中国の科学者が発表したとされています。
日本でもその臨床投薬が開始されて改善が見られたなんて話が(2週間くらい前にTVで)初期の患者には、その効果が表れる事を医学博士が言っていたように思う。
早くその効果の臨床が確立されることを願うが!
フィリピンで臨床試験?まずPCR検査が、500ペソ位で出来る様にするのが先でしょう!
ホントは、熱が出たり咳が出たりする人には、無償検査が実施される事を願わずにはいられませんがが。
病院にいけない人がほとんどです(ほんとこの国は貧乏人にはつらい国ですね)

Wood bell travel Mの独り言

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村
マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
             ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ライン(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ
 
 
BACK TO TOP