ウッドベルツアーズ

飛び込んできた日本人   

2008年07月20日



今回は少し違った人が飛び込んできた。
お金が無いと言うことには違いが無いのだが、かなり長い間さまよったあげく当店の門をたたいたのだそうだ。
もうお金がなくて、どうしょうもありません残った選択は、首をくくるしか手がありません。
どんな仕事でもかまいません仕事が欲しいです。
雨露をしのぐ事と、ご飯が食べられて、タバコ代があれば文句は言いません。
お願いです仕事をください!!
悲痛さが強く伝わってくる。
今回初めて経験をした、これが良く言われるところうの困窮邦人といわれる人なのだろうか?
気の毒に思い、手助けできることがあればしたいと思い、話を聴くことにした。
今はどうしているの?フィリピン人の友達の家に厄介になっています。
バリバゴに、いつ来たんですか?1週間前です。
田舎の農園で暮していたのですが、電気も無く、水は2時間もかけて、手オケで運ばねばなら無い生活でした。
食事と言えば、ごはんに塩をかけて食べる生活が、2ヶ月近くも続きました。
そんな暮らしに嫌気が差し、最後の金目の持ち物である腕時計を質に入れて、交通費を捻出し、昔の友人を頼りにここまで来ました。
大変な苦労をされた様子!!
でもどうしてそんな事になったのですか?
最初は、車の輸入関係の仕事を立ち上げたがうまくいかず、共同経営者は、多額の借金を残し日本へ逃げ帰ってしまいました。
日系の会社へ就職したが倒産し、給料も2ヶ月間もらえずに放り出されてしまいました。
マニラで仕事を探したが見つからず!!農園に仕事があるといわれ、行ったのは良いがこの有様でどうにもならなかった。
今回もう一度やり直そうと、マニラに出て来て昔のつてを思い出しながら探し回った。
記憶を元に知り合いを訊ねたが、知りあいの店も、つぶれていたりしていてどうにもならず!!
日本人の知人も何処え行ったか?行方不迷で連絡も取れず、もうどうしようもない!!
今回、前にきたことがあるここバリバゴのフィリピン人の知り合いをたずねて来たのです。
話を聴き進んでゆくと入国の最後は2003年で、21日後それからずーとビザが切れている。
日本国の旅券も既に失効している。
働いてもらうにしても、これでは雇う方にもペナルティが課せられてしまう!!
困った私は、一度そういったことの詳しい人に聞いてみるので、1日か2日時間をくださいと言い連絡先は?と聴いたが、連絡の手段が無いそうで、あらためて2日後の再開を約束し別れた。
つづく
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP