ウッドベルツアーズ

お叱りのメール   

2008年08月16日

けっして新聞記事を見たせいで書いた記事ではなかったが!!
同じ時期にフィリピンで心臓麻痺に襲われた方がいる。
ご友人から『死んでもあたり前でしょう』
もし!この記事を親族の方が見たら、おかしな誤解を受けるのではないか?との指摘があった。
初めてメールします。先日初めて友人2人とフィリピンへ旅行しました。
その旅行で友人が心臓発作で亡くなりました、ピンと来ますか? 
そうです41歳の彼です。
”死んでも当たり前でしょう”を読んで悲しくなりました。
故人はたまたまフィリピンに来た時に亡くなっただけで、本当は過労死だとかんがえます。
旅行前は、旅行のスケジュールをあけるために、2日ほど寝ていなかったようです。
まさか死に至るとは思ってもみなかったでしょう。
彼が空港からホテルまでの景色をみて感動していたことを思い出します。
亡くなる4時間ほど前にフィリピンにきてよかったと言っていました、それだけが救いです。
彼はバイ***を飲んでいませんでしたし、お酒もあまり飲んでいませんでした。
面白おかしく馬鹿にしたように書かれるのは結構ですが、事実と違う事と受け取られる内容はどうかと思います。
彼の家族や友人たちもBLOGを見る可能性があることを認識していただきたい事とそれを見た家族はどんな思いをするか考えてほしいです。
事実なら仕方がないとは言いませんが、事実と違うと受け止めれたのでメールしました。
ここに謹んでマニラのホテルで亡くなられた方の、個人的な内容でないと明記させていただきます。
お友達のメールでは(故人は)マニラに来られてとても嬉しくされていたとのコメントがあり、突発的な出来事で亡くなられ、お友達も、彼の死を悼み落胆された気持ちと、文章の節々に友人えの愛着を感じられます。
”ここにお詫びをさせていただきます”。
重ねて、ここに謹んで御盟友のご逝去に対し、謹んでお悔やみ申し上げます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP