ウッドベルツアーズ

また!ハメられた日本人! パート1   

2008年12月17日


リアディゾン
前から、お話いているように外で拾う女の子はいろんな面で危ない!!
DMホテルに泊まるある日本人は、12月12日午後3時ごろ、警察と女の親?だというおばさんに、ホテルに踏み込まれた。
DMホテルの前で2人連れの女に微笑まれ、少し鼻の下を伸ばしたせいで!!今回こんな事件に巻き込まれる破目になった。
ついつい好奇心で、お店はどこか?と聞いたら、エーデルOイスのゴーゴーで働いているといわれ?その夜、その店に訪れたが!本人はおらず、別の子をピックアップしてホテルに帰った。
翌日また、ホテルの前で見かけたので、声を掛け食事をおごり、あまりの笑顔の可愛さに?少しお金を持たせ帰した。
その時の話では、子供が一人いて今20才だという?
又翌日、子供を連れて訊ねてきた、まだ生まれたばかりで!8ヶ月だという!
可哀想だという思いも手伝い、それですつかり信用しベットに誘った!!
それから3日間一緒に過ごし、携帯を買い与えたり、1日3000ペソぐらいを持たせて帰していたが!!
酒呑みのお父さんに携帯電話とお金をとられたと言い、泣いて来たので、又その分のお金を持たせてかえした。
その後も女は出たり入ったりを繰り返していたが!12日の朝早くやって来て!!今までホテルのお風呂は使ったことがないのに?シャワーをする!と言うので一緒に来いと言う、そして写真を撮れという?
なんだか良く解らないが、シャワー中の裸の写真を取った。
昼食をホテルのルームサービスでとり、テレビを見ていると、私服の男と、おばさんがいきなり入ってきて、なんか?分けの解からない事うを言い、娘に向かい叱ったり怒鳴りしている。
つれの男は、それを少しの間、聞いていたが?一緒に来い!と言うので一緒に外に出たら!パトカーが待っいて、無理矢理乗せられてポリスステイションまで、連れて行かれて20万ペソを要求された!!
私は、ただの旅行者!もう2日後には帰る予定の為、そんな大金は持っていない!と言い、手持ちは、いま5万円ならあると言ったが、それは聞き入れられず上司が出てきて、それならモンキーハウスだといわた。
留置場のある、フィイルズのポリスステイションまで、パトカーのサイレンを鳴らされて護送された。(人がたくさん見ていてものすごくカッコ悪かった、と本人談)
そして鉄格子のはまった檻の中、床には汚いダンボールのみの留置場の中に放り込まれ、呆然と立ち尽くし1時間「どうなるだろうか?」と心配して時を過ごし、そして、又呼び出しがかかり、金を払うか!刑務所行きか?二者択一を迫られた。
明日に続く・・・・・・・
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP