ウッドベルツアーズ

いつもと同じ繰り返しが難しいコック   

2009年01月13日


リアディゾン
いつもと同じメニュー、同じ調合、同じ品質、同じ物を、使い、同じ味で出す!、それが出来ない!?
ちょっと眼を離すと、適当な事をやり!似て非なるものを作り出す。
彼らの言い訳、おいパウダーがおかしくないか?、いえ!なんも変りません!!
そうか??・・お前!(酢豚を作る)豚肉の衣は小麦粉じゃない!!片栗粉を使うのを知らないのか?・・おなじ粉(白いこな)だから!あまり、変わりが無いと思います。
エ~~!?同じ粉でも、ぜんぜん違うぞ!!どうして?言われたようにしない!ソォーリーネキストタイム!!
出されたお客さんが迷惑だろう??・・
お客さん、解から無い!大丈夫おいしいだから??・・
意味不明なことを言う。
いつものサンドイッチ?お客さんの指摘でこのパン変だ?と言われ、確認すれば、ただ!そこにあったパンを使ったという?
それは、新しいメニューのサンプルで、いつも使うパンはどうした?
今、切れている!
じゃーどうして買わない?
そこにパンがあった?ので作た!
そんなことをすれば、味や風合いが全然違うだろう?
同じ、食パン!少々の違いは大丈夫でしょう?
そんなの駄目だ!
お前どうして、同じ物を、同じ材料で、同じように作れない?
ソォーリーネキストタイム!!
また、意味不明なことを言う。
彼らの言葉(タガログ)でしゃべれない自分に腹が立つ、いつまでこんな事を続け無ければいけない?ジレンマは続く!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP