ウッドベルツアーズ

当店でも出たフェイク紙幣   

2009年02月09日



当店で、食事をされた日本人らしき人から、ちょっきり受け取った金額の中に、500ペソ札が入っており、確認の為に偽札判別機に入れた。
そうしたら、使用された500ペソ札はブザーが鳴り、ニセモノだと判断された!!
慌てて、使用した人の後をおいかけたが!!見つからなかったと、ウエイトレスから報告を受けた。
フェイクをつかまされても、もらったものの責任なのがフィリピンのルール?もし!気付かなければ流通してしまう?
その500ペソは、何処にあるか?と聞いたら、ガスの支払いに、これまた使ったと涼しい顔をしている。
エー!!キャッシャーにそんなことをしたらガスの集金人が怒るだろう?と、言えば、でも!貰って帰ったし、領収書はここにあるし!
問題ない!!という!!。(私信じられないがこれで被害なし)
それから数日後、私も良く存じ上げて、いるお方で(セブの有名人)の方もマニラで両替した千ペソ札の中に一枚ニセモノが入っていた!!らしいとの報告を聞いた。
お昼を済ませ、支払ったお金が、偽札判別機に引っかかた!!
ご本人もびっくりされたようで!!手持ちのお札を全て当店の判別機に、掛けられて、チエックされたみたいだが!!どうもその1枚
のみであったと報告を聞いた。
相次ぐ偽札の登場に、私も驚いているが、これはごく一部!!
きっとこの界隈にはものすごい数の偽札が流通しているに違いない。
当店も、ニセモノをつかまされたらキャッシャーの責任、給料カットが待っている!
(何処の店も同じで受け取った人の責任)
良く気をつけて、お金は、受け取ってね?(全ての紙幣は判別機を通す事)と、注意を促す!!
後日談、翌々日両替のご本人から、このお金は、マニラ、エドゼンという両替屋の、その真向かいの両替屋で約12万円、6万ペソの両替
をして、その中に合計2枚の偽千ペソ札が入っていた。
マニラでの両替は、クレグレも気をつけて、少し、レートがよくとも、ニセモノを2枚放り込まれたら何にもならない。
今まで私も、気お付けてはいたが、今後もっと、もっと気を付けなければとおっしゃっていました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP