ウッドベルツアーズ

金を要求するパトカーの警官   

2009年04月10日



最近、夜エアポートからマニラ市内まで、タクシーに乗ると検問に引っかかり、止めた警官にお金を要求される事態が、
頻繁に起こっているらしい。
この話は2人の、別々のお客さんから聞いたし、また今日、同じ事を言われた人がいる。
一人はノースの深夜便で着いた人が、検問のパトカーに止められ、パスポートや荷物を検査された。
タクシー運転手が、お金を出せば早く済む、と言い、金を要求したが、自分は何も悪い事はしていないし、変な品物も持っていないと
断固拒否し、ぐちゃぐちゃ言いよる警官にも、知らん顔を通し、30分も荷物をかき回されて、やっと開放されたと言う。
もう一人は、タイからの夜便で着いたが、やはりパトカーに止められ、パスポートの提示と荷物の検査をされた!!
やはり、金を要求されたが!!何も無いのに金を要求されていると!日本大使館に電話をすると言うポーズを見せて、警官達を諦めさせた!!
しかしこの2人、どちらもフィリピンは、ベテランで、英語やタガログの堪能者であった為、うまく切り抜ける事ができた!!
が!!私としては、このかわし方は、一歩間違えば危険な方法であると思われる。
2~3百ペソ、渡せば済むことである、この国では、自分に非がなくても、トラブルを作らない!それが正解である!!
まかり間違い、白い粉の一パック(麻薬)でも検査の途中、一袋突っ込まれれば、途端にその人の人生までが変る。
嫌な事だが、長い物には巻かれろの、精神が必要になる、日本人にとっては屈辱的ではあるが!!
ワイロも潤滑油と、思えば良いことなのである。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

フィリピン、マニラの夜遊びをコーディネート
日本人ガイドがフィリピン、マニラの夜遊びをお手伝いします!

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP