ウッドベルツアーズ

日本での裁判ボロ負け   

2009年04月12日



翻訳や資料作成で、お金の掛かったこの裁判、集めた証拠は、全て却下され、チャット主催者側は、説明義務も有るとはいえない。
との判決が下った。
(そのため急きょ4月10日帰国を、余儀なくされた)
私のブログが悪用され、想いで書き綴った箇所や、言い回しや、書き間違えた部分を取り上げられ、
(裁判が始まる前に消せば良かった?と思ったが!!)
そんな事は、フェーアーではないし、今後、後の人が!だまされないよう、現実に起きた経緯と想いや思い、自分なりの真実を、
警告として書き残して置いた、が?結果は散々だった。
上告、控訴も考えたが、どうも裁判官に(フィリピンで起きた事件が故に)かなりの偏見があるように思われる。
なにゃら!!フィリピンで女を集め、ごちゃごちゃと、女がらみで商売し、何かうまい事?をやっていて!!それがうまく行かないといって、目くそが?鼻くそを訴えたぐらいに考えている。
どうでも良い!!適当に、ブログを引用し、決着をつけてしまえ!!
そんなことが、この判決文の内容に、見えてくる。
(最初に勝ち負けを考え、その為の文章の引用を考える)
フランチャイズを集める、主催者に対し、私の弁護士もこんな意見を持っては、いるが!!
(メールからの抜粋)
1)NBIの摘発可能性の情報提供義務について、鈴木さんと00さんの情報量があまり変わらないので、提供義務がないのだと判決は書いていますが、この理由は、私は許せないと思っていますし、非常識な判断だと思っています。
(メールからの抜粋)
2)控訴してどうなのかは結論からいえば、わかりません。控訴審の裁判官の判断によります。
まず、こちらの請求が認められるかどうかですが、
1 関東のHPが契機となって鈴木さんのオフィスにNBIがきた。
2 関東の商売自体が違法だ。 
3 関東が情報提供を行わなかったのでNBIがきた。
以上の3点がこちらの主張です。
1、2については証明することは、困難です。
3で勝負することになりますが、この場合も1の論点がからむことになります。
なお、判決の理由ですが、裁判所は1、2の主張が認められないという結論を考えてから鈴木さんを負けさせるためにブログから事実を引っ張ってきています。
?? だが!裁判官の思いを覆す、重大な事実誤認が出て来ない限り、この判決は覆らない。
3年も以前に、こんなチャットビジネスの出始た頃、何の知識も持たず、相手の言葉だけを信じ、熟慮せず参加した私が
バカだったと、言うしかない。
判決の内容等、詳しくは、心模様で掲載する。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP