ウッドベルツアーズ

トライクと屋台の接触事故   

2009年04月21日



昨晩、丁度店の前で、フィッシュボールを売る自転車で引っ張る形の屋台と、後ろから走ってきたトライクとが、接触事故を起こした。
フィッシュボールをあげるための油や、品物、紙皿などが散乱し、人も集まり、警察も来て一時騒然となったが?
しばらくして、落ち着いた頃、もう一度、見てみた!!
そこには屋台を引く青年の姿しかなく、途方にくれ、壊れた自転車と共に呆然と立っている。
(屋台は借り物、商品も借り物で1日売った分の%センテージを受け取る仕組み)
どうしたの?と周りの人に聞いてみた!!
どうもぶつけてきたトライクが、500ペソの損害賠償を嫌って逃げたらしい?
しかし警察も、見に来ていたでしょう?相手は特定出来ているでしょう?・・・?
いや警察なんて、当てにできないさ!!少しのチップで目をつぶる!!いつも損をするのは貧乏人!
彼(屋台を引く青年)にまた、余分な借金が出来ただけさ!!それだけさ!
どうも人間にも、仕事にも、ランクがあるらしい?
屋台を引くスクオーターの青年よりトライクを持つ人間のほうが格が上で、貧しいものは、理不尽な事も、仕方ないと諦め、より貧しくなると言う構造が出来上がっている。
貧乏人は、格上の人間にお願いは出来ても、文句は言えない。
そんな貧乏人が、貧乏人を叩くしきたり!?
私も、今まで知らなかった!!!!
この国では、最下層の貧乏人が、一番かわいそう!助け合いなんて言葉、何処え行ったのだろう?

にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP