ウッドベルツアーズ

悲惨な話1   

2009年04月26日



被害者の友人が語る、実際カビテで起きた事件の顛末話である。
私も聞いて、吹き出し笑いと、思わず!『かわいそう』と叫んでしまった。
旦那さんは日本人、で奥様はフィリピーナ。
フィリピンに渡り、まだ1年半、そんな気配は、まったくと言うほど感じなかったとか?
こちらで結婚し、家も買い、車も買った!!
家財道具も一式整い、これで一安心と思っている時、奥さんに出掛ける用事が出来たらしい。
掃除に、洗濯、食事の世話と、貴方の面倒が見られないからと、ホテルに泊まらされ1泊、2泊・・・・・・・・
ホテルからデポジットを求められたが!
奥さんが帰らないと、解からないし、手持ちも無い??
片言英語と、片言タガログでは、うまくコミニケイションは取れない!!
家に帰れば少しの現金はあると、ホテル従業員の運転するホテルの車に乗り、おぼろげな記憶で家に向かう!!
あ~あった!あった!!ここが私の家!!
中に入ろうとしたが!全然違う家族が住んでいる。
なに!あなた達は?の質問に?
ここ私んち、いや!ここは俺のうちだ!!ドアのキズも、壁のしみも俺が作った!!
ほら、ここはもう先月買った証明書。サインもあるし権利書も、もう出来ている!!
それは奥さん名義の家を担保にし、銀行でお金を借り、返済できずに、転売されたことを意味していた。
私がホテルに1泊している間に、家族(兄弟親戚、飼い犬)から、家財道具一式、全て持ち去り姿を消した。
自分の財産、現金、車、全て無くなった瞬間であった。
(子供は、無かったので、今は、日本に戻られたとか?)
笑うに笑えない話。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP