ウッドベルツアーズ

別れた女1年でボロボロ   

2009年07月08日



知人の話)
昔付き合っていた女がいた。
しかしその女に、ボーイフレンドがいることが発覚して別れた。
毎月3万ペソを与え、俺の側にいるときは、すべて経費は俺が丸抱え。
食べる物も、衣類もブラ、パンティさえも買って与えた。
それが2年も続くと、それがあたり前のようになり、別に与えていたお金で、ボーイフレンドも養うと言う、構図になっていたのだった。
それには、さすがの俺も頭にきて、その女とは別れたのだが、1年位経って、ばったり!!出会った。
その顔を見れば、1年でかなり余分に年を取ってしまった様に見える!!
顔には生気が無く、色黒になりしわが目立つ。
衣服はその辺に売っている安物を着、髪の毛もパサパサで、色気も何も失せてしまったみたい!!
面倒を見ていた男はどうした?
毎月やった金はどうした?
ただただ首を振り、もう一度よりを戻してと懇願する。
それは出来ない!!
もう新しいパートナーがいる!
どうして?なぜ?少しづつでも貯金(キープ)しない?・・・
フィリピンの女は、貯蓄すると言う考えが無い!
あればあっただけ使うし、将来の展望など何も考えない?
童話のアリとキリギリスの話にでてくるキリギリス型がほとんどである。
せっかく良い男を捕まえても、自分で自滅する。
確かに外国人と一緒にいればストレスに晒される。
そのはけ口を、優しい同国人に求めるのだが、男も金が目当て、金の切れ目が縁の切れ目、さっさと他の女に乗り換える。
そんな愛憎劇が繰り返され、悲喜こもごもの、ストーリが日夜、展開されているバリバゴの風景です。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP