ウッドベルツアーズ

米国務省人身売買報告書   

2009年07月29日



7月5日のマニラ新聞で、フィリピンを一段格下げし、第2類監視対象国にした!と言う記事を読んだ。。
その内容としては、比の現状としては、性的搾取や、強制労働目的で、人身売買される、男、女、子供の供給源、または中継点、目的地になっていると総括した。
具体的な被害としては、中東、日本、香港、等で暴力、脅迫などで劣悪な生活環境で、強制労働の状況に置かれている、OFWが多くある。
女性においては、同様の地域で、性的搾取をうけ、生産業や、劣悪な労働環境に、従事させられている、ケースが後を絶たない。
国内においても、地方、農村部出身者が都市部で性的搾取、もしくは、労働搾取の被害にあっている。
また、欧米諸国からの、児童買春ツアー客の多さや、公務員が人身売買への、直接又は間接的な関与で、利益を得ていると批判した。
日本人に向かっては、首都圏の生産業に、組織的に強く関与している、と書かれてあったし、また多くの日本人男性が、依然として、未成年者との性的行為を目的に、フィリピンやカンボジア、タイなどに、渡航し続けているが!フィリピンでは、同容疑で起訴された、日本人がいないと批判した。
これから、これで、ますます日本人の買春客が、警察のターゲットとされる機会が、増えたと思われる、くれぐれもご用心。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP