ウッドベルツアーズ

復活の鍵はガバナンス(統治向上)   

2009年08月04日



1960年代までは、フィリピンはアジアのリーダーで、あったという。
ところうが、マルコスの独裁政権下の略奪により、さらなる発展の道からはずれ、近隣諸国からは追い抜かれ!フィリピンは、メードと肉体労働者を、海外へと送り出す国へと化してしまった。
マルコスの残した負の遺産は重い、今では国際競争力や人間開発の面で、世界主要国に追いつけない状態が続き、最近公表された、世銀の世界ガバナンス指標によると、政治的安定の評価は、百点満点中、10,5点であると言う。
アジア枠内の平均点が、43,3点とされているのに、その数字には遠く及ばず、汚職の抑制、法の支配は、いまだ、まだ遠い。
世銀調査が示しているのは、経済発展と、良きガバナンス(統治)が密接な関係にあり、経済的に成功している国は、ガバナンス指標が高水準にあるという事からも、理解できると思われる。
NIES やタイなどにも溝をあけられ、いまやベトナムにも肩を並べられる、と言う状態である。
一刻も早い対策で、統治向上(政治と政策)を良くして、近隣諸国に追いつかねば、負の連鎖は永遠に続く。
そんな事もわからない大統領を、誰が!選んでいるのだろう!!。(と、いらない批判をしてしまう!!)
今度の、選挙こそ適任の大統領を?と願う私です!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP