ウッドベルツアーズ

老人と子供   

2009年08月08日



今日本では、老人に対して小さな親切運動とか?年寄りに優しく接しましょう!!とか。
老人介護福祉などという事が、盛んに取りざたされている。
年取った、両親に対しても、福祉、福祉と、なんか他人事のような感覚で言う。(福祉や介護は、お国の仕事、お役所仕事と言わんばかり)
年よりは、壊れた機械じゃない!!電車やバスで席を譲りましょう!年よりは体が弱いのだから!!などという。
なんか、勘違いもはなはだしい、私も年を重ねて思うのだが、席を譲られる事は、体が丈夫、弱いに係わらず
思いやるのではなく、人生の先輩として、う・や・ま・う(敬う)対象だから、席を譲るのである。(当然のことなのだ!)
我々の先輩達は、戦後の復興を支え、高度経済成長の道筋を作った、高度成長時代、私も数々の恩恵を受け、人生の大半を
順風満帆で過ごさせてもらった、その石杖を築いた人たちなのだ。(感謝、尊敬、敬愛)を持たねばならぬ。
方や子供達はと言うと、少子高齢化という狭間で、猫かわいがりにされ、過保護に落ち込み、若者がとても幼稚に見える。
誰もが、厳しい訓戒と、訓練を、しょうともしない、ここでも勘違いが、はなはだしい。
子供を、大切にし可愛がる?と言うのは、甘やかし猫かわいがりにする事ではない。
子供に、教養を持たせ、子供の未来を大切にすることである。(教え導く、と言う事なのだ)
子供を愛育し、年寄りに、尊敬を持つと言う事が、希薄になった日本。
まだこの国のほうが、年寄りを敬い、優しく接する、気風が残っているみたいだ?
裸足で物乞いをする女達、命がけで子供を育てている。
私も、ふと!!振り返る、自分の子供を本当に命がけで育てた事が、あるだろうかと?
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP