ウッドベルツアーズ

日本で読んだ一冊の本   

2009年09月14日

特攻とはなんだったのか?三枝成彰(さえぐさしげあき)堀紘一(ほりこおいち)による合作品(白熱対談)を記した本を読んだ!!
皆さんは、特別攻撃隊(特攻)という名の下で亡くなった人の数を、いったい!何人くらいだと想いますか?数字としては、以下の通りです。
海軍4556名、陸軍1689名、特攻作戦関連8164名。
合計1409名の人達が、祖国の為?との想いを胸に、戦没者となりました。
いやそれ以外にも、たくさんの方々が、先の大戦で、お亡くなりになっていることも承知していますが、この地に住み、フィリピンと、この周辺地域の事に、興味が湧いた私にとって、思いもかけない(記念碑との)出会いでありました。
そして日本人として、忘れてはいけない事だ!と言う思いに駆られたのです。
そして、調べを進めるうちに、何故特攻なのか?特攻とは?強制か?志願か?英霊か?犬死か?知りたくなったのです。
特攻兵として、散っていった方々にも、個別には、いろいろなストーリーがあった事でしょう?
しかし、戦時中という特異な事情と、特攻と言う名の運命を、共通に背負った人達でした。
ここ、比の、クラーク基地には、そんな戦争の歴史が刻まれているモニュメントがあり、日本人として忘れてはいけない史実がある。
これを後世に伝えて紹介するのも、ここに住む日本人、いや私達の責任だ!と言う事を感じております。
少しづつではありますが、ご紹介できればと想っております。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP